ネクストゴールへのご支援に感謝いたします。

シェルターの犬猫たちの医療費に活用いたします、何卒よろしくお願い申し上げます。継続して医療が必要な犬猫が多くおりますのでみなさまのお力が必要です。

 

柴犬の愛ちゃん、交通事故で倒れている所を保護され山猫庵に避難して来ました。飼主さんは見つかりませんでした。捨て犬なのか迷い犬だったのかはわかりません。人には馴れていました。

後脚は粉砕骨折で断脚することとなり、外は車いすを使っています、愛ちゃん、幾つでしょうか。10歳は超えているでしょう。もっと年齢は上かもしれません。

このところ鼻で鳴くことばかりで、時折くるくる回転のような行動も出てきています。多少、痴呆もあるでしょう。

あまり聞こえていないのではないか、目もどこまで見えているのか。

春に検査をしていますので、現在の状態を確認する上でも病院へ連れて行きました。

行きはずっと鼻で鳴いてあばれるほど。今までそのような状態になったことはありませんでした。診察中も興奮は続いていました。

検査では心臓の雑音も腎臓の数値も前回と変わりなく、引き続き腎臓の療法食を続けることに。心臓の方は今の所は薬は必要なしとのこと。

残念ですが、耳はおそらく聞こえていないかもしれず、目も見えていないとのこと。

愛の前に行くといつも「散歩か?」とはしゃぎますから、少しは見えているのかと思っていましたが、人や光や風など気配に反応していたのでしょうか。

車いすで神田川を散歩

愛、寝ています

 

病院から戻った後は疲れたのかしばらく熟睡、起きてもすぐに眠ってしまいました。

幸い、腎臓用の療法食は食べてくれており、このところ食欲も出てきています。

愛の散歩は神田川を眺めながら。愛ちゃんが外の空気を感じてビュンビュン車椅子で散歩できる日が続きますように。

先日、嬉しいことにトイプードルのヒメちゃんにサポーターができました、毎月薬代が2万円ほどかかりますので助かります、ありがとうございます。

愛は腎臓用の療法食とサプリ、興奮を抑える薬を使っています、どうか愛を応援くださいますようお願い申し上げます。

 

犬猫たちも年老いて、痴呆が進む子もおります。なかなか新たな家族との出逢いはありませんがみなさまのお陰でご飯を用意し医療を施すことができます。ありがとうございます。