プロジェクト概要

 

たとえ発達障害の特性をもっていても

発達障害という診断を必要としなくてもいい社会であってほしい

 

それが私の願いです

 

支える人たちがいつも笑顔でいられれば、それは叶えられると思います

 

こんにちは  陽花です

2013年、29歳で「自閉症スペクトラム/アスペルガー症候群」と診断されました

以来、様々なトラウマの残る地元を離れ、母と二人暮らしをしながらアスペルガーである自分と向き合ってきました お世話になっている障害者基幹相談支援センターの協力を得てこれまで2回講演会を開き、自身の経験や特性について語る機会をいただきました 11月にもまた機会をいただき何を伝えればいいのか考えつつ自分自身を見つめなおしています

                                      

2015年11月 キャサリン(陽花)の「この指とまれ」講演会<中区障害者基幹相談支援センターのみなさんと>

 

世の中・常識・普通 と言われるものに囚われる事無く、ありのままの自分で生きられる場所を創ろう そう考え移住先を母と探し始めました

3年かけて、空き家バンクで見つけたその家は茅葺屋根の大きな古民家、一目で気に入りました

 

ここで暮らしたい 大好きな人たちと一緒に!

 

古民家全景

 

私は大好きな豚を飼い、お母さんは大好きな花と野菜を作り、将来は父とレストランを開店させる・・・そんな夢が膨らんでいきました
 

アスペルガーだってできることは沢山ある!
アスペルガーだからできることもあるはず!

そう思えたらどんどん楽しくなってきました

 

大切なのは、ありのままでいられる環境、
ありのままでいる事を認めてくれる人たちの力だと思います

 

みんなの笑顔が私のエネルギー

アスペルガーと診断されてからずっと私に寄り添い理解しようと頑張り続ける母に

感謝しています
母が笑顔でいる事が私を元気にしてくれます
この古民家で私が私らしく生き生きと暮らしていくことが、母の笑顔に繋がると信じています


そこで、他にも沢山いるだろう笑顔で居られなくなりそうな人たちに、私の姿を見てほしいと思います 
きっと ちょっと何かが変わる・・・・はず!

 

どうぞ私に会いに来てください!

私は人が大好き!おしゃべりも大好き!

だけど、自分から大勢の中に入って行くのは苦手です

わたしの場所へ来て下さるのは大丈夫 どなたでもWELCOME!です

 

みんなが笑顔でいられる場所

レストランOPENまでの間、古民家の一部にフリースペースを作ります

私の笑顔と母の笑顔がお迎えします

 

幼い頃の陽花

 

~ 母からの応援メッセージ ~ 

 

娘に障害があるなんて、思ってもみなかった

子育て中、娘が「変」だとか「おかしい」とか、一度も思ったことはありません

ですが、幼い頃から診断されるまでの出来事を思い返してみると、いろいろなことが起こっていました

 

スキン・ピッキング、肩こり、視力低下、円形脱毛症、抜毛、乾癬、鬱・・・

それらは結局、アスペルガーゆえの「2次障害」、20歳から始まった摂食異常が酷くなり、その症状を少しでも改善しようと受診した医院で検査を受け、分かりました

 

摂食異常をどうにか改善したい!そう思っていた私には寝耳に水の診断でしたが、娘は今までの“生き辛さ”の原因が分かりホッとしたようです

 

ですが、それからが大変でした

今までの生き方を見直し、自分自身と向き合うことはとても苦しい作業です

“ありのままの自分”を取り戻す戦いは今も続いています

 

娘がありのままに生きられる環境を作りたい

3年前から現れだした「解離」という症状により、長い間娘の中に押し込められていた数々の出来事や感情を知ることとなりました

 

訳の分からない「空気」の中でもがきながら、「普通」を装って生きてきた娘、どんなに大変だったことでしょう

 

娘がこれ以上“ほんとうの自分”を偽ることなく“ありのまま”に生きていけるようにするにはどうすればいいのか・・・

 

フリースペースの一部<気持ちの良い縁側>

 

豊田市池島町に立つ築122年の古民家は娘と同じく一目で気に入りました

ですが、大規模な補修が必要なオンボロ物件

 

覚悟していた予算を大きく上回る改修見積もり額に、正直くじけそうになりましが、「ここでありのままに生きていく!」膨らむ娘の期待と、きっとそうなるだろう予感に、移住先はここ!と決めました

 

調理師である父親の血を継いだのか 陽花は料理が大好き

アスペルガーゆえの(!?)自由な発想と確かな味覚でどんな料理もおいしく作ります 作る料理全てがオリジナル! 

私ひとりが食べているのはもったいない!いつもそう思っていました

 

正社員、派遣、アルバイト・・国内、国外・・いろんな職種で働いてきた陽花

何をやっても人並み以上の結果は出すのだけれど、長続きはしませんでした

「ほんとうの自分」で生きられなかった結果です

 

そして、自らの障害特性をしっかりと受容した今、「雇われる」という選択を捨て、自ら起業(レストランを開く)という道を娘は選びました とても大きな決断挑戦です

 

<アスペルガー陽花の選択>をどうぞ応援してください

 

目の前に緑の森と青い空が広がる気持ちの良い縁側と将来はレストランをオープンさせる予定の場所の一角、吹き抜け土間にフリースペースを設けます

 

レストランOPEN後は美味しいお料理を、それまでの間は出来る限りのおもてなしをさせていただきます

 

どうぞ 陽花に会いに来てください

 

アスペルガーを理解し支援しようとする全ての人、

そんな中で迷い・悩みを持った人たち

豚やヤギと触れ合いたい人、どんな方もどうぞ!

 

ここからたくさんの元気を持ち帰ってほしいと思います

(家から14分ほど坂を下ると矢作川が流れています キャンプもできる整備された河原と川の駅があります 周りのロケーションにも心癒されることと思います)

 

矢作川

 

発達障害であっても大丈夫! そう思える時間と空間を創りたい

                                               

世の中の常識・普通と呼ばれる物事を見直すことで気づくことがあります

まだまだ失敗ばかりで、娘をパニックにしてしまうこともあるけれど、これからもずっと寄り添って生きていきます

 

古民家からの見晴らし

 

娘の最終目標は<レストランOPEN>です

大好きなお料理を毎日作って生きていきたい、その思いを応援します

 

資金不足のため、店舗部分の改修はもう少し先になりますが、オープンスペースが将来のレストランへと繋がっていけばと願っています

 

皆さまの応援、よろしくお願い致します

 

今回ご支援いただくお金は、フリースペースを含む古民家改修費用の一部として使用させていただきます

 

発達障害に関して悩みのある方 どなたもご利用ください

 

将来的には情報交換や交流の場として話し合える場を提供できるよう

計画して参ります

 

このプロジェクトを立ち上げることで

アスペルガーに対する理解と支援が深まることを願っています

     


最新の新着情報