活動再開!12月でもゴミ拾い

ご支援いただいた皆様こんにちは。皆さまの支援のおかげで、活動を再開することができました。重ね重ね感謝申し上げます。

 

12月5日(月)に今年初めてのビーチクリーンをしてきました。

冬の季節は、風向きの関係により、夏よりも多くの漂着ゴミが海岸にやってきます。久しぶりに来る海岸にはやはり多く漂着ゴミが散乱している状態でした。

この日、吉野のおじさんは体調不良により不参加。完全に人手不足!どうしよう!!と思っていたら、修学旅行の民泊で大阪から来ていた高校生が海岸に現れました。連れてきてくれていた農家の方に許可をもらい、一緒に拾ってもらえないかと声をかけたら、快く一緒に拾ってくれました。

海を見てキレイキレイとはしゃいでいた高校生でしたが、よく周りを見ると汚れていることに気づきびっくりしていました。「漂着しているゴミは中国や韓国からのものもあり、太平洋をぐるっと回って宮古島に漂着するんだよ。(一枚目)」「細かく砕かれたプラスチックの欠片などを魚や亀が食べて死んでしまう事もある。」色々話をしましたが、大阪ならではの大きなリアクションでびっくりしてくれました。楽しむだけでなく、こういう宮古の面も知ってもらえたらと思います。

 

以前拾ったは良いけれども回収しきれていないゴミも無残な姿に。課題は山積です。

そんななかにもこんなものが。やはり愛されている吉野のおじさんの活動、まだまだ続けていかなければと決意を新たにしました!

 

これからも応援よろしくお願いします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています