READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ボランティアを東北、日本全国へ!高校生100人を送りたい!

ボランティアを東北、日本全国へ!高校生100人を送りたい!

支援総額

1,098,000

目標金額 1,000,000円

支援者
120人
募集終了日
2015年3月31日
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2015年02月12日 21:42

クラウドファンディング始まりました!

はじめまして。今回のプロジェクト実行者の、永田和奈と申します。

 

昨日からクラウドファンディングが始まり、早速何名かの方にご支援をいただきました!この場を借りて御礼申し上げます。

 

新着情報ではこれから、Youth for 3.11の運営メンバーが日替わりで更新をしていきます。

メンバーが普段どんな想いをもって活動しているのか、なるべく内部の様子をみなさまにお伝えできるような発信をしていきたいと思います。ボランティア派遣先の現地の声や、ボランティア参加者の声なども随時発信していきます。

 

今日は私から、プロジェクトの説明をさせていただこうと思います。

 

---------

 

私たちは2011年3月11日から今まで、延べ17,000人以上の学生を東北を始めとする日本各地に派遣してきました。しかし震災からもうすぐ4年が経とうとしている今、ボランティアの数も激減しているのも事実です。

 

今回のプロジェクトが、なぜ高校生なのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

私は若者が必要とされているなら、現地にとってそれが大学生でも高校生でも23歳でも、大差はないと思います。現地にとって一番辛いのは"風化"です。だとすれば、私たちができることは1人でも多くの学生をその土地に送り続けることです。

 

これまで広く学生という層からボランティアを募ってきました。しかし時間が経つにつれ、ただボランティアを志望する人を待っているだけではだめだということに気がつきました。気持ちはあってもまだ行動に移せていない層に、積極的に広報活動をしていくべきだと考えたのです。

 

そう考えたとき、高校生という存在が浮かびました。

 

大学生はある程度自分で自由に動くことができますが、多くの高校生は自宅と学校との往復です。私自身が高校生のとき、大学進学以外の選択肢なんて考えたこともなく、それ以外の世界を知る機会もあまりありませんでした。

もし高校生のうちにボランティアに行っていろんな人の価値観に触れていたら、私が大学に入ってから出会ったおじちゃんおばちゃんに出会っていたら、もう少し違う選択肢も考えられていただろうと思います。

 

現地にこれからも若者の力を送り続けるために、私たちは来年度、新たに高校生ボランティア派遣をしていきたいです。

みなさまの温かいご支援ご協力、どうかよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・活動報告書
・ポストカード(学生ボランティアが現地で撮影したもの、コメント付き)

支援者
47人
在庫数
制限なし

5,000

alt

3,000円の引換券に加え、

・ポストカード2枚
・運営メンバー手書きのサンクスレター

支援者
15人
在庫数
制限なし

10,000

alt

5,000円の引換券に加え、

・活動報告会に参加する権利
(東北の新鮮な海産物を使った浜焼きバルTregionにて5月開催予定)
・お米詰め合わせ・・・(A)
(Youth×奨学米、Youth×遠野まごころネット、Youth×小野田農園いずれかに参加した学生ボランティアも生産のお手伝いをしました)

※報告会に出席不可の場合、当日のレポートを後日お送りするとともに、(A)を増量します。

支援者
28人
在庫数
制限なし

10,000

alt

5,000円の引換券に加え、

・活動報告会に参加する権利
(東北の新鮮な海産物を使った浜焼きバルTregionにて5月開催予定)
・石巻産の高級海苔・・・(B)
(Youth×イマココプロジェクト参加の学生ボランティアも生産のお手伝いをしました)

※報告会に出席不可の場合、当日のレポートを後日お送りするとともに、(B)を増量します。

支援者
22人
在庫数
制限なし

10,000

alt

5,000円の引換券に加え、
・活動報告会に参加する権利
(東北の新鮮な海産物を使った浜焼きバルTregionにて5月開催予定)
・長野県産の日本ミツバチはちみつ・・・(C)
(Youth×中川村参加の学生ボランティアも生産のお手伝いをしました)

※報告会に出席不可の場合、当日のレポートを後日お送りするとともに、(C)を増量します。

支援者
9人
在庫数
制限なし

20,000

alt

5,000円の引換券に加え、

・活動報告会に無料でご招待
(東北の新鮮な海産物を使った浜焼きバルTregionにて5月開催予定)
・(A),(B)から1つ選択

※報告会に出席不可の場合、当日のレポートを後日お送りするとともに、(A)(B)をお送りします。

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

alt

20,000円の引換券に加え、
・東北の地酒

支援者
3人
在庫数
12

100,000

alt

50,000円の引換券に加え、
・出張講演会
(※日時、場所などは応相談。交通費別。)

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする