READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

学生ボランティアを東北、日本全国へ。今年も延べ3千人を派遣!

Youth for 3.11 河合信哉

Youth for 3.11 河合信哉

学生ボランティアを東北、日本全国へ。今年も延べ3千人を派遣!

支援総額

758,000

目標金額 700,000円

支援者
81人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2014年09月20日 13:08

【残り10日!57%達成】 ご支援有難うございます!

代表河合です。プロジェクト終了日の9月30日まで、【残り10日間】で現在【57%、402,000円】を達成いたしました。あたたかいご支援を本当に有難うございます!

しかし、プロジェクト実施のためには、まだまだ目標が遥か遠い状況です。これからも皆様に共感していただけるよう、全力で誠実に活動に励んでまいります。

引き続き、あたたかいご支援をどうぞ宜しくお願いいたします!

 

本日は、Youth×遠野まごころネット95期の事前研修から参加後の振り返り会までを報告します。現地での活動を通じて、学生にどんな変化が起きるのか、お伝えできれば幸いです。

 

**************************************************

 

遠野まごころネット95期
【事前研修】

 

「東北に出逢う ~聞く•知る•伝える~」


みなさんボランティアとして東北に行かれるのが初めてで、実際に自分の住んでいたところが断水したりと震災の被害を受けた方もいました。三年半経ち、報道される機会が減った今、どのように変化しているのかを実際に見てきたいという思いを込めてこのようなスローガンになりました。
現地視察の機会もあるかと思いますのでぜひ東北に「出逢って」きてください!

 

 

**************************************************

 

遠野まごころネット95期
【活動日報5日目】

 

95期最後の活動報告をさせていただきます、XXXXです。
朝食に、かぼちゃ農園でいただいたかぼちゃを使ったサンドイッチを食べ、遠野市大槌町にあるハーブの郷に向かいました。
95期1日目はまるでジャングルのようだった畑も、気付けば美しく風情のあるものへと変わっていました。これまでハーブの郷では、多くのボランティアの方々と交流をしながらみんなで汗を流して頑張りました。決して一人ではなし得なかったことだと思います。

 

昼は同じく大槌町にある仮設商店街の福幸きらり商店街へ食べに行きました。現地の人々の作った定食も、ケーキも、とても美味しかったです!

 

昼食を済ませた後、大船渡市三陸町越喜来にある潮目大津波資料館へ行きました。
流れ着いた廃材を使った建てられた資料館の中には、3.11のリアルタイムで撮られた写真や、惨状を示す針の止まった時計など生々しい記録がのこされていました。
最後に道の駅「さんりく」でお土産を購入しました。

 

東日本大震災から三年と半年以上経った今、正直まだまだ復興が行き届いていない現実を知りました。
単純に住居や商店を建てることが復興だとは言えません。私たちにできることは微量ながらも多くあると強く感じました。

 

現地の悲しい過去だけではなく、その土地にしかない素晴らしい自然や文化を知ることはもちろん、食べること、触れ合うこと、そういったことも復興支援、ボランティア活動だということもこの街で学んだことです。
短い間で出来た仲間達も忘れることの出来ない存在です。最後になりますが、きっかけをくれたYouth for 3.11さん、遠野まごころネットのみなさん、現地の方々、同じ汗を流したボランティアのみなさん、
そしてまごころネットで過ごしたyouth、個人参加のかけがえのない仲間達に、
「本当にありがとうございました!」

 

 

**************************************************

遠野まごころネット95期
【参加後リフレクション】

 

「3年半経った今、実際に現地に行ってみて救援物資よりも心の面のケアが必要とされていることに気づいた。復興は進んでいる地域と進んでいない地域で差があると感じた。」

 

現地では関西組と自炊をして仲を深めたので自炊はオススメだそうです!Youthのホームページを見ながら皆さんで「次いつ行こう!?」と話してくれました!

 

 

**************************************************

 

Youth for 3.11は、震災から4年目である現在も、毎週学生を派遣しつづけています。引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします!

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスレター
・年次報告書
・毎日更新されるボランティア学生による日報を見れる権利(非公開)

支援者
21人
在庫数
制限なし

5,000

3,000円の引換券に加えて、
・報告会招待券

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000

(A)5,000円の引換券に加えて、
Youh×イマ、ココプロジェクト派遣先、宮城県石巻市にてYouthのボランティア学生も生産のお手伝いをした海産物詰め合わせ

支援者
26人
在庫数
制限なし

10,000

(B)5,000円の引換券に加えて、
Youth×農継者プログラムの派遣先、山梨県上曽根町にてYouthのボランティア学生も生産のお手伝いをした農産物詰め合わせ

支援者
14人
在庫数
制限なし

10,000

(C)5,000円の引換券に加えて、
Youth×奨学米プログラムの派遣先、福島県只見町にてYouthのボランティア学生も生産のお手伝いをしたお米詰め合わせ

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000

(D)5,000円の引換券に加えて、
Youth×小野田農園プログラムの派遣先、山梨県北杜市白州町にてYouthのボランティア学生も生産のお手伝いをしたお米詰め合わせ

支援者
3人
在庫数
制限なし

30,000

5,000円の引換券に加えて、
(A)と(C)と、(B)あるいは(D)

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

【引換券追加しました!】
30,000円の引換券に加えて
河合や運営メンバーとのお茶
(本プロジェクトの実際など、なんでもお話します)
※交通費別、日時、内容等は別途相談となります

支援者
0人
在庫数
5

100,000

【引換券追加しました!】
50,000円の引換券に加え
Youthfor3.11が講演に行きます。
※交通費別、日時、内容等は別途相談となります

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする