プロジェクト概要

音楽療法を指導できるリハビリ指導員を増やして、日本の高齢者に

もっと元気にたのしい生活を送ってもらいたい!!!

 

こんにちは。ゆらリズム代表の野崎健介です。ゆらリズムは震災直前の仙台で「音楽の力で高齢者の健康と生きがいを支援する」ことを目的に立ち上げた全国初の音楽リハビリ専門デイサービスです。

 

また、自施設のみならず地域町内会や石巻仮設住宅などへ出張音楽リハビリ教室も開いています。ゆらリズムはとても小さな施設ですが、この取組は皆様のご支援のおかげで少しずつ広がっています。

 

音楽リハビリは音楽と運動を組み合わせ、介護予防の要素をふんだんに取り入れたリハビリプログラムになります。このプログラムを介護施設や地域で活躍する方向けに研修会を全国各地で開催します。そして100人の「音楽リハビリ指導員」を育成したいと考えています。まずは8月から大阪、名古屋、山形、東京にて実施予定です。

 

全国に出張するための交通宿泊費、会場費、講師人件費など合わせて30万円足りません。このプロジェクトが行われれば日本の高齢者はもっと楽しい生活を送れると思います!皆様ご協力お願いします!!

 

(震災直後の店舗などの様子)

 

 

 

楽器演奏風景

 

これからも増え続ける介護施設。ゆらリズムの音楽リハビリプログラムで

マンネリ化したレクを打開して、毎日たのしく過ごしてほしい!!

 

現在 、全国には4万を超える介護施設があり、それらの施設スタッフは毎日レクや機能訓練を一生懸命工夫しながら提供しています。ただ、内容がマンネリ化してしまい、新しいプログラム探しに苦労しています。

 

ゆらリズムの音楽リハビリプログラムは仙台の自施設などで実際に毎日行っています。これまでの音楽レクや音楽療法とは全く異なるユニークなプログラムで、NHKや新聞や介護雑誌などにも取り上げらています。

 

 

そのことから全国の介護施設から外部向け研修の要望もいただくようになりました。そこで本格的に「音楽リハビリ指導員100人プロジェクト」を開始しようと思いました。全国の施設職員や地域の方と一緒に音楽リハビリプログラムを共有し、各地域にお住まいの高齢者に「音楽を通じて健康と生きがい作り」をしていきたいと思います。

 

楽器エクササイズ


ゆらリズム独自のリハビリ方法!

 

これまでの音楽レクや音楽療法との最大の違いは、高齢者の介護予防のためのリハビリプログラムということがポイントになります。

 

厚生労働省は介護予防のために6つのポイントを提示しています。「運動機能向上」「口腔機能向上」「閉じこもり予防」「認知症予防」「うつ予防」「栄養改善」です。ゆらリズムの音楽リハビリプログラムは、これに音楽を組み合わせた独自の介護予防プログラムです。

音楽介護予防

 

たとえば介護予防の定番体操としてダンベル体操があります。ゆらリズムではダンベルのかわりに楽器を使ったエクササイズを行います。程よい負荷のトーンチャイムというハンドベルに似た楽器をダンベルに見立てて前後左右に音鳴らしながら動かします。同時に発声訓練なども組み合わせることで「楽しく」「無理なく」「続けられる」プログラムです。

 

【動画】石巻開設住宅での介護予防教室風景

 

「人生最後の趣味ができた」音楽が人生にもたらしてくれるもの

 

あるとき80歳の認知症の女性が、「昔買った大正琴が押し入れに眠ったままなのよね」とポツリと話されました。それから大正琴を一緒に修理して30年ぶりに大正琴演奏にチャレンジすることにしました。今では毎週ご自宅で大正琴の予習復習をしながら「この歳で人生最後の趣味ができた!」と生き生きとした毎日を送っています。

 

 

「音楽を聴く側からから一歩進んで演奏する側へ」。このように再度生きがいを見つけた高齢者を私はたくさん見てきました!そして全国にはでまだまだ大勢いると思います。ぜひ、一人でも多くの高齢者に「音楽で健康と生きがい」を届けたいと思っております。

ご協力お願いいたいます!

 

 

介護予防(菊地)

 

育成プログラムについて

 

楽リハビリ研修(音楽リハビリ指導員養成講座)は地域に住まれる高齢者に対して「音楽を通じて健康と生きがいづくり」を支援するための方法を学びます。地域福祉や介護予防、高齢者の心身や疾患、音楽の持つ力について2日間12時間で学びます。

 

具体的には心身を癒す「リラクゼーションヨガ」、リズミカルな音楽に合わせて全身を動かす「リズム運動」、独自の楽譜を活用して自ら楽器を演奏する「脳トレ演奏」などのプログラムになります。

 

 

毎日のレクや機能訓練のマンネリ化で悩んでいる施設職員や、地域で音楽療法や音楽レクなどのサービス提供をしようと思っている方々。何より、施設や地域で過ごされている高齢者に喜んでいただけるプログラムです!8月から大阪、名古屋、山形、東京などから全国各地で開催していきます。

 

 

 

講座風景

■■その他取り組み■■

 

【JICA南米ブラジル向け音楽リハビリ研修】

JICA(国際協力機構)からの受託事業として、2013年に南米ブラジルペルーに音楽リハビリプログラムを2週間実施してきました。ブラジルは日系人が世界最大の140万人おり、高齢化も進んでいます。この取り組みは地元メディアにも取り上げていただきました。その結果、今年2014年の11月にブラジルの医療福祉関係者が2週間仙台ゆらリズムにて2週間音楽リハビリ研修を受けるにいたりました。

 

【新聞掲載】音楽療法南米に響け 仙台のデイ施設運営会社、ブラジルで紹介

 

【仙台:定禅寺ジャズフェスティバル参加】

毎年9月仙台にて開催される市民参加型の音楽祭「定禅寺ジャズフェスティバル」にゆらリズムも参加予定です。「音楽の力で被災地東北を元気にする」という想いをサポートしたいと考えております。

【定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台 http://www.j-streetjazz.com

 

 

ゆらリズムはまだまだ小さいな事業所ですが「音楽で健康も生きがいも」をスローガンに仙台から全国各地に音楽の力を発信していきたいと思います!

 

ぜひ、ご支援の程よろしくお願いいたします!

 

 

引換券について

 

■3,000円

・サンクスレター
・ホームページにお名前掲載

 

■10,000円

3,000円引換券に加え
・活動報告書
・ロゴ入りペン
・ロゴ入りポストイット
・ロゴ入りトートバック

 

■30,000円

1万円引換券に加え
・ゆらリズム施設見学券1枚
・音楽リハビリ講座1日参加券1枚

 

■100,000円

3万円の引換券に加え
・ゆらリズム施設見学券1枚(全2枚)
・講座1日参加券3枚(全4枚)
・石巻仮設住宅での音楽リハビリ教室参加券2枚


最新の新着情報