第2回目のメッセージリレーは、根室出身の銅版画家 池田良二さんです!

 

 

昨年3月に武蔵野美術大学を退任し、故郷根室に身を落ち着かせたいと決意しました。上京までは根室市内に住んでいましたが、この度落石地区に終の住処として構えることとなりました。もちろん私のスタジオ(旧落石無線送信局)があるというのも理由として大きいですが、やはり落石地区の魅力にとりつかれているからだと感じます。

 

これまでイギリスやカナダに住んだことがありますが、この落石地区は世界にも引けを取らない風景や魅力が詰まっています。

その中でもユルリ島は象徴的な存在であり、落石地区の文化や歴史を知る上でなくてはならない島です。

 

その文化が今回のプロジェクトで潰えることなく、これからも繋がっていくことを心より願っています。

プロジェクト終了まであとわずかですが、皆様のあたたかいご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

 

池田良二

 

新着情報一覧へ