Picture?type=large

Readyfor Sponsor

Masako Sakakura さん

プロジェクト支援仲間
Picture?type=large Picture?type=large Eb831657abb179694307be965b858e6ae6024c49 Noimage4 a96fefa542de2cba2a182380f88100476b7b728d638ac03591456b4e201cf6cd Picture?type=large Noimage1 a62bd1f49b7d03ecd944b61d289d08e8f6dd6e9cd19bf1cbb76ac8a5d3a43e3f Picture?type=large Noimage1 a62bd1f49b7d03ecd944b61d289d08e8f6dd6e9cd19bf1cbb76ac8a5d3a43e3f A98198be77da07c703f8d360cec7bce1e3fec2e3 A98198be77da07c703f8d360cec7bce1e3fec2e3
支援プロジェクトのギャラリー
Content 527751e74e3e174ff1189546990ba7951e4cdd7e Content a14391520feabf1468f1e5ec84bb5d689af4acc3
Content 441f44b832c4c414f38900a3a4d5bdd47f2aac0b Content e39bbfa052f22ed02589c048e2a5fcbda8d3d703
Content dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80 Content 6df448dbbdfc3ff0881fa1a77233cfb7079c4767
支援プロジェクト一覧
30件のプロジェクト
2020d50955282e20e22d13fb946a6a4aea9d1a69
~少数民族の子どもたちのために安心安全な教育の機会を~ こんにちは!「ちぇれめいえproject」代表の渡部清花(わたなべさやか)です。 *ちぇれめいえ、とはバングラデシュ語で「子どもたち」という意味です。 私たちは、バングラデシュの南東部・チッタゴン丘陵で生活する少数民族の子どもたちの教育を支援するプロジェクトを立ち上げました。20年以上続いた民族紛争の爪痕がまだ残っているこの地では、学びたくても学べない子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちのために、私たちは以下の2つを支援することを決めました。 ◆親を紛争で失った子どもたちが学校へ通うための学費サポート ◆図書館に少数民族の文化や歴史を伝える新しい本の購入 安心して学べる場として寄宿舎学校が設立されましたが、経済的な問題で通うことができない子どもたちがいます。子どもたちが当たり前に、笑顔で遊び、安心して学べるよう、サポーターになっていただけませんか? (バングラデシュの子どもたち) ...
44210ada2a5305f96acb1cb5cf8239fda11f444a
ふくしまの女の子たちの想いを込めた ピアスが日本中の方々に届きます。 はじめまして。「女子の暮らしの研究所」の日塔マキと申します。 わたしは、福島県の郡山市で生まれ育ち、震災後、「放射能」という聞きなれないものと、どう向き合うのか悩みながら暮らしてきました。そして、「耳をすませて私たちの想いを聞いてほしい」という福島の女の子たちの想いを込めたピアスを作成し、福島の新しい魅力を発信しようとしています。 ただ、そのための費用がたりません。 ふくしまの魅力を多くの人に感じてもらうために皆さんお力をいただけませんか。 ( 状況は違いますが、おなじ「放射能」と向き合ってきた広島へ訪問し、広島の歩みや いまの福島を伝えました。) (放射能についての勉強もしています) 今回『FUKUSHIMA PIECE(ふくしまピース)プロジェクト』では、「女子の暮らしの研究所」に所属する“研究員”である福島の普通の女の子たちが、企画をし、さまざまな方にご協力をいただいて、福島...
6e7c570ad4985d7a6c6e6bdc834662dc29edcbdc
小・中学校をドロップアウトすることなく、 義務教育を全ての子供達に学んでほしい こんにちは。萬野琴愛です。私たちは、私(日本)、スタンレー(インド)、ティオ(イギリス)の3人で、インドに住む貧しい集落の子供のための”放課後学校”を運営します。 私たちは、インド・ディンデイグルに拠点を置く教育や小規模ビジネスをサポートする”NGO SALT”を通じて出会い、”NGOを運営するスタンレー”、”写真家であるティオ”、そして”途上国で女性下着製品の生産・販売を行う私”の全く違うフィールドで活動する3人が中心となり、教育で子供の未来を切り開きます。 放課後学校を継続的に運営するためのご支援をぜひお願いします! (実行者の萬野です。...
Ff8a46c4a01f54fdb2fbfdb0e9e470dbd820a6bb
皆様のご支援で11年目のスリランカ高校生の日本留学は実現へ。 さらに生徒の自己負担の軽減と今後のプログラム継続に向け、新たな目標を設定、再スタートします! みなさん、 こんにちは! TBSアナウンサーの秋沢淳子です。高校時代にAFS生として留学したニュージーランドでの、スリランカからの留学生、エシャンタ・アーリヤダーサとの出会いをきっかけに、NGO、スプートニク・インターナショナルを立ち上げました。以来14年間、同じ志を持つ仲間と、日本、スリランカ、ガーナで、国際交流支援・国際教育支援活動を続けています。 私たちが 公益財団法人AFS日本協会と連携して2004年から実施している、スリランカの高校生の日本留学支援プログラム。今年、この支援プログラムの継続に最低限必要な資金が不足していました。 10年間続いたこのプログラムをなんとか継続させたい…その一心で、8月25日、当プロジェクトを立ち上げたところ、たくさんの方に応援を頂き、9月16日、開始からわずか23...
Eced7b0a70038c09fcaddfd85f616c09e912c0a7
津波で木々が流された被災地に暮らす方の自宅の庭に、その方の思い出の木「シンボルツリー」を送りたい! こんにちは。NPO法人樹木いきいきプロジェクトの喜多智靖です。私たちは、樹木医の専門的な知識や技術にもとづいて、樹木の育成・再生・保全および都市緑化・森林活性化に関する事業をおこなっています。 東日本大震災で津波被害を受けたエリアでは、塩害で緑豊かなお庭を失った方がたくさんいます。そこで、樹木医が立ち上げた「NPO法人樹木いきいきプロジェクト」では、お庭にまた緑が戻りますようにとの願いをこめて、全国のみなさんの支援で、被災地のみなさんの思い出に残っている樹木(シンボルツリー)をお庭に植え、心豊かな毎日を過ごせるようお手伝いをしたいと思っています。 心の復興はまだまだ手つかずの被災地、そこに暮らす方たちに緑を届けるために、どうかご支援いただけないでしょうか? (震災後見事に復活した石巻市内の学校にあるシンボルツリー ケヤキ) 被災地では、「不...
D2ba7305c99a9c19f7510094601023e6fbb5c66a
「韓国済州島で開催するJEJU平和祭2014を成功させたい!!」 はじめまして、『JEJU平和祭2014』実行委員会 櫛田寒平と申します。私は、3年前に東京から京都の綾部市というところに住んでいます。農業をしながら音楽活動をしています。2014年10月17.18.19日の3日間、韓国済州島にて、日韓中台の市民ネットワークにより、一人一人が国を越えて出逢い、東アジアから平和を祈り、学び合い、楽しむお祭りをします。国を越えてみんなが出逢う場づくりをしたいと思い、今回実行委員をさせていただくことになりました。どうぞよろしくお願い致します。 『JEJU平和祭2014』においての運営費用 会場の設備費用、スタッフ経費、出演者等の渡航費用が足りません。どうかご支援よろしくお願いいたします。 (パンフレット表紙です) (済州島の美しい海岸。このお祭りから、東アジアの平和の祈りの輪を拡げたい。) (京都の綾部市で自然農法を営む、櫛田寒平。ローカル...
Addc4929975af629fd917e136feb0ac050fa2031
モザンビークのスラムに一人の日本人女性が住んでいます。 彼女は自費で、学校に行けない子供等の ためにスラムの学舎「寺子屋」を建築しています。 大学院に通いながら『モザンビークのいのちをつなぐ会』の支援活動をしている橋本佳代子です。『モザンビークのいのちをつなぐ会』は代表の榎本さんがモザンビークのスラムで日本人一人だけという状況のなか、活動を展開しており、私は榎本さんの逞しい生き方に驚き、力になりたい!と強く思い、支援活動を続けています。 榎本さんは世界最貧国のスラム地区に自ら暮らし、1年半に渡りスラムの子供たちに学びの機会を与えています。しかも、国の補助金や寄付に依存することなく、自らの貯金と収入を使って、スラムの学舎「寺子屋」の建設を始めました。「出来る限り、自分で仕事をし稼いだお金で何とかしたい」。しかし、もともと高価な建材が外資企業の建築ラッシュと相まって高騰した影響で、必要経費が当初の予算を大幅にオーバーしてしまいました。 出来る限り自分で稼...
12109dcaee2d97c562f2beec2a09aacce4f08280
コーヒー豆のカスから土を生成する!その土から、 安全な野菜・牛乳を作りたい! 〜MAME CASU PROJECT〜 はじめまして。Safe-Vageの横澤孝雄と申します。私は広告代理店勤務を経て、独立開業。産業廃棄物処理コンサルタントとして活動しながら、微生物と自然の力を利用した安全な農業、誰でも気軽に参加出来るエコシステムの開発に携わってきました。この度、MAME CASU PROJECTを立ち上げました。毎日廃棄処分される大量のコーヒー豆の豆カス。この豆カスを土に変え、農業や酪農に役立て、安全で美味しい野菜や牛乳を提供できるシステムを開発しています。化学合成肥料、化学合成飼料、農薬を使わずに、微生物と自然の力を利用して作られる安全な食品に、コヒー豆カスを有効利用しようと考えています。 コーヒーショップからのコーヒー豆の回収コスト、協力農家さんへのサンプル提供などにかかる費用などが不足しています。皆様のご協力をお願い致します! (コヒー豆カスを有...
F88b3adaf58ba1fbc5f45b03dd134b7d7bdd5dc1
カンボジアで全てのひとに、衛生的で良心的な医療を提供する診療所を開設しカンボジアの医療を改善したい! 医師の荻原由衣です。2013年4月に医療ボランティアとしてカンボジアに渡り、国立病院、地方の診療所、訪問診療などの医療活動を行ってきました。これらの活動を通じて、カンボジア特に貧困層や地方で生活する人々が十分な医療を受けられていない現実を痛感してきました。少しでも多くの人に医療を届けるため、同じ志を持つ日本人薬剤師の青木渉、そして現地人スタッフとともに、今年8月NGO Act Of Unity-Japanを設立しました。現在診療所を開設するための工事費用、設備費用の約200万円が足りません。 建設予定の物件は、カンボジアの伝統的な高床式の建物ですが、このまま診療を行うには衛生面が悪く、雨季には浸水の心配があります。ご協力をお願い致します。 農村部の子ども達と Act Of Unity-Japanの取り組み− カンボジア地方に、日本における町医者の存在...
Ebd36f1f9a29f4c9952635c65edc367cdd0a33f0
ウガンダの子ども達に、毎日安心して眠る場所を届けます!! こんにちは!谷口祥平と申します。「お金のためのビジネスではなく、人のためのビジネスを実現したい」という想いから、大学時代では途上国開発を理論と実践の両側面から学んできました。カンボジア、フィリピン、インドでの経験を経て、2014年夏についにアフリカの大地に足を踏み入れました。今回の舞台は、ウガンダの現地NGO、「HAPPY TIMES CHILD CARE INITIATIVES」。貧困のため学校に行くことができない子供たちや、親に捨てられた子、親に暴力をうけて家を飛び出してきた子。こうした子供250人に生活と教育の場を無償で提供しているNGOです。(※一部のお金にゆとりのある家庭から来る生徒からは授業料をいただいています) 子ども達の多くは学校で生活しています。しかし、その生活環境は悲惨です。こんな子ども達に寝具を届けることで、彼らの生活と学びを支えたいです。そのためにベッド15台、マットレス4...
F58e09ff3a464e913668247fe4282d2747984f5f
ブータン・ヒマラヤ標高4000m以上に棲む 幻の野生トラを紹介するドキュメンタリー映像制作に挑戦! はじめまして、大阪で小さな映像プロダクションを経営しているパワー・アイの松原保と申します。私は、2016年ブータンと日本の国交樹立30周年に向け、ブータンに棲息し、存在自体が知られていない幻と言われる「天空のトラ」のドキュメンタリー番組や映画製作に挑戦しています。現在、ブータン国営放送と共同で、世界的に未解明な4000mを超えるヒマラヤ山麗に棲むベンガルタイガーの独占取材を獲得しました。映画製作に向け、まずはその制作資金を提供してくれる共同製作のパートナーに提案するため、“具体的なシナリオ作り”が必要です。今回は、「幻の野生トラ」に関するシナリオ作りのために現地に赴き、ロケハン・リサーチを行います。この関門を突破すれば、制作資金は海外の放送局から提供される予定です。 企画の開発段階として、ブータンへの渡航費、1ヶ月間の滞在費、私と現地スタッフ合わせて3名分...
919fdf9f09b80602399d2026d397ecfa4b763b66
東日本大震災で救えた命があったこと、動物も人も同じ命を持った大切な家族だということを伝えるため、全国で展示会を開催したい 2011年3月11日、地震の直後、雪が降りました。夜になって雪は止み、雲が去った後の空には、見たことがないくらいたくさんの星がひしめき輝いていたそうです。津波にのまれ、寒さに凍えた地上から上空へ、多くの命が吸い込まれて逝きました。あの夜、余震に怯え空を仰いだ瞳たちには、同じ星空が映っていました。 こんにちは。「震災で消えた小さな命展」代表のうさです。「震災で消えた小さな命展」では、東日本大震災で犠牲になった動物たちの絵を展示しています。同展の主旨に賛同した国内外の作家たちが、亡くなった動物たちを絵にします。絵は国内外での巡回展終了後、飼い主さんにプレゼントしています。 「動物も人間と同じ命、大切な家族」ということを伝えるため、1年間に渡り日本、海外で展示会を開催します。そのための運営費用として、どうかみなさまのご支援をいただけない...
53643c81da6ba4db24d2e696fb2c5cde3e0c201f
犬の殺処分に関する本「ある犬のおはなし」の冊子を¥20,000冊作り、支援して下さった方々に「ある犬のおはなし」のミニ絵本を作成致します。そして1人でも多くの方にこの本を読んで頂きたいです! はじめまして。この度は、このプロジェクトをご覧くださりありがとうございます。殺処分される犬を描いた「ある犬のおはなし」の著者のkaiseiと申します。 この「ある犬のおはなし」は…数ある私の中の想いの1つを書きとめておきたいという思いで書いたものでした。最初は、自分の手で渡せる身近な誰かに…「渡せたらいいな」と、そんな気持ちでいました。自分の手から渡した1冊が、また誰かのところに届いたらいいな。それがまたその先の誰かに繋がっていったらいいな。そんな風に思っていました。なので、本の最後にも「読み終わったら、読んでほしいなっと思う誰かに届けてもらえたら嬉しい」と書いたのです。 このおはなしを、無料で配布できる小さな冊子として20000冊作るのに必要な費用、それに伴い...
7580fbef49c0fccf7f22ec4b40e5d870a53481bd
自分の国の公用語であるラオス語を知らず、そして「本」も知らずに育った少数民族の子どもたちに移動図書館活動で絵本と絵本の楽しさを届けたい! 初めまして、加瀬貴です。僕は、千葉県銚子市の出身で、海と醤油に囲まれて育ちました。今は海のないラオスで、地元の方々との移動図書館活動を通じて、少数民族の子どもたちの教育の改善に取り組んでいます。 シャンティのラオス事務所は、2003年からラオス国内の読書推進活動を開始しました。当時は、多くの人が本を読めるようにと、公共図書館を開く活動を行っていました。しかし、ラオス国内はインフラ整備が進んでおらず、また交通公共機関も限られているため、地方農村部に暮らす人々は、公共図書館に来ることができませんでした。その課題を解決する方法として思いつたいのが、移動図書館活動です。人が動けないなら、図書館が動く!この思いから生まれました。 ヴィエンカム郡には「本」を読んだことがない先生もいます。ご寄附は、先生が「本」を知って、「本」をどう...
0d0c8a6137bf390142d66b93306f049a83e280cf
動物にまつわる問題を入り口にして、他者への思いやりや優しさ、 いのちのはかなさや重さについて考える「命の教室」 そこで使う子供向け教材をつくりたい! 初めまして、わたしたちは「一般社団法人FreePets〜ペットと呼ばれる動物達の生命を考える会」です。主に都内を中心にふりぺメンバーならではのさまざまな表現を使っての普及啓発活動をしています。この度、子どもたちへ命の大切さを考えてもらうための「命の教室」で使う教材を作りたいと思っています。 しかし、この教材を作成するための費用が不足しています。皆様のご協力をいただけないでしょうか。 (子供たちの理解力に驚かせられる現場) 私たちの毎日に、たくさんの喜びや幸せをくれるペットに 安全で健康な一生を約束することを目指し、FreePetsは活動しています。 近年、子どもよりもペットの数が多いというデータが示すとおり、日本はペット大国といえるでしょう。動物との暮らしは家族の会話を増やし、生活にリズ...
1d79951e493798edd74cd339a9ae1968c727185c
震災当時の様子や被災地の今を「詩集」として残します。 はじめまして。宮城県大崎市出身・明治学院大学2年の嶺岸ゆりえです。東日本大震災当時は中学3年生であり、今までの人生や生活が全てその日を境に変わったほどに衝撃的な体験でした。町は壊れ、大切な人やものを数多く失いました。そんな中、私には何ができるのだろうかと考え、震災の記憶を「詩」として残すことを決めました。このように私は震災をテーマとした詩を書き始め、今に至るまで約4年間書き続けています。 今回、震災当時の様子や被災地の今の様子、私たちが住んでいた大切な町を詠んだ「震災詩集」を出版したいと思っていますが、出版費用15万円が不足しております。ご支援よろしくお願いいたします。 地元・宮城県の宮城県詩人会にて、震災についての詩を詠み、賞を頂きました。 (YS賞授賞式での朗読) 私が伝えたいことは、震災を風化させてはいけないということではない 『記憶 3.11』という詩は、タイトル通...
9cbeacba6c6ec850f52023edd8f2c032f1739dea
野良猫に不妊手術を行い、殺処分数減らすために 野良猫の不妊手術専門店を10月に開院致します。 はじめまして、秋本真奈と申します。大学卒業後、10年以上動物愛護業界に身を置き、動物たちを取り巻く現状、動物たちと人間社会の関係性を見てきました。この世界で耳に入る猫による苦情、悩みは多種多様です。猫の繁殖力は動物の中でもトップレベルで、一つのつがい猫がいれば、1年後にはそれは60匹以上に増える計算となります。野良猫が増えることにより、糞尿被害やゴミをあさられる被害が増え、様々な苦情に繋がります。 野良猫と人間が気持よく暮らせる世界を作るためにも、私達は、野良猫の不妊手術を行っていきたいと考え、そのための病院をつくります。 しかし、病院の準備はできているのですが、麻酔器が購入できません。みなさまどうかご協力頂けないでしょうか。 (のらねこさんの手術室のHPです) "殺処分"で解決するのではなく、不妊手術を行うことで、殺処分頭数ゼロにもつながると考...
9a1d7e3a99812bd2e0f96070bee576d5dd8c4d1c
野生の仔猿を守りたい! 三重県「大内山動物園」が仔猿を保護するべく、園内に住み家を建てます。 はじめまして、こんにちは!大内山動物園、副園長の中村みゆきと申します。私たち大内山動物園は全国でも珍しい私設の動物園です。もともと前園長の脇正雄さんが子どものころから生きものが大好きで、自宅でクマやシカ等いろんな動物を飼い始めて、全国的に有名になった動物園です。 前園長は動物をこよなく愛していましたが、前園長が亡くなり一度は閉館の危機にさらされました。しかし前園長の意思を引き継ぎ守り通していきたい!その一心で、私たちは動物園を維持させ、現在は動物の保護活動を積極的に行っています。今では約70種、400頭の動物達が暮らしており、そのうちの200頭が保護された動物達です。直近では仔猿の保護をしています。しかしながら彼らの住み家、3棟6部屋が必要です。 そのうち1棟を建てる費用の一部をご支援いただけないでしょうか。 (園長先生と仲良しの甘えんぼう仔猿です。 保...
243fa3415473c1d3345a6ba8d879aff8c1f9e7a8
私に夢を与え、育ててくれた日本野球 皆様、はじめまして。スリランカ出身のスジーワ ウィジャヤナーヤカと申します。1983年生まれの31歳で、現在は福岡県のホテルで飲食店店長を務めながら、野球漬けの充実した毎日を送っています。この3月のセンバツ(第87回選抜高等学校野球大会)で、福岡県高校野球連盟の推薦を頂き、甲子園史上はじめての外国人審判として、甲子園のグランドに立たせていただきました。 私に夢を与えてくれた素晴らしい日本に、スリランカの野球少年たちを日本に呼び、人として大切なことを野球を通じて学んでもらいたいです。 しかし、そのための少年たちの渡航代が足りません。どうかご支援頂けないでしょうか。 (高校三年生だった私(右端)が、JICA青年海外協力隊の野球隊員として 赴任した植田一久さんに初めてお会いしたときの忘れられない1枚です) 多くの方々の応援があって、ここまできました 私が甲子園で審判するという夢を叶えたことのみならず、日本とスリラ...
2b0379b06285e48844b53f493b9fb3e22df8280b
愛知県・表浜海岸でウミガメが安心して産卵できる砂浜を皆で作りたい! NPO法人表浜ネットワーク理事長の田中です。愛知県の南、太平洋の外洋に面する表浜海岸で、絶滅危惧種に指定されるアカウミガメや砂浜の調査、保全活動をしています。近年、産卵に訪れたウミガメが砂浜に設置された波消しブロックの窪みにはまり、身動きがとれずに死んでしまった悲しい事例が起こっています。 私たちはそんな悲しい事例を少しでも減らすために、表浜海岸で初冬から春先にかけて強く吹く北西風を利用して、ウミガメの為の砂浜をみなさんと作りたいと考えています。垣根を砂浜に設置する簡単な作業ですが、材料となる海岸に自生する笹の一種で、2mから8mにもなるメダケを刈り取り運ばなくてはなりません。ご協力していただけるみなさんと一緒に砂浜を作るには作業を効率化する必要があります。 ウミガメのための砂浜づくりの活動で資材を運ぶ軽トラックに65万円必要です。皆様のご協力をお願いします。 (砂浜づくりの...
2f274f1afd4221dd8dafc59e24fb7100c72beb0d
広島発!養蜂業界に革命を!ITシステムを使ってできた、 おいし〜いハチミツをたくさんの人に食べてもらいたい! 皆さん、ハチミツは好きですか?私は、故郷の広島県でミツバチを育てている養蜂家の松原秀樹です。昨年までグローバルIT企業で営業をしてました。里山資源の活用もでき新しい地域の特産品にもなりうる養蜂業に着目し、昨年Uターンを決意して養蜂家になりました。 洞察力や熟練の技が求められる養蜂の現場であるからこそ、ITシステムの導入が役に立つと考え、ITを活用し蜜蜂の状態を知る「Bee Sensing」というサービスを開発しました。このシステムでは蜜蜂の巣箱に温度・湿度のセンサーを取り付け、巣箱の中の状態を記録することができます。また日々の健康管理の記録もシステムに残すため、養蜂家にとって有益で便利なものになります。 「Bee Sensing」の更なる開発を進め、今回ご支援いただいた皆さんに、ITシステムを活用し生産された最初のハチミツをお届けいたします! ...
7616cc597d3be65b5aaee6b2de53e5d888bd67fa
児童クラブBremenに通いたい遺児Aさんとその仲間たちの会費をご支援ください。 こんにちは。私は、被災地石巻で頑張る子供たちに放課後の居場所を提供している寳鈴子(たからすずこ)と申します。子供たち一人一人の生活に寄り添った支援がしたいと考え34年間の教職を早期退職しました。その後、被災後の困難な状況にある子供たちに少しでも上質の居場所を提供したいと考え、自宅を開放して2012年『放課後こどもクラブBremen』を立ち上げました。 Aさんとは、教員時代にお兄様を担任したご縁がございました。お母様は進行性のご病気で車いすで生活している事を知っていましたので、Aさんのお父様がご病気で36歳という若さで急逝なさったと聞いて、居ても立っても居られない思いでおりました。 地域の方々がご心配されて私のところにも相談に来られました。学校からAさんの自宅までは8㎞あり下校後すぐにバスに乗っても自宅に着くのは5時近くになります。友達と交流する機会はありません。しかし、...
0ec9ed9b4674cbc675da0484b716a6375379cce9
今年の4月に起こったネパール地震で多くの学校が倒壊しました。勉強熱心なネパールの子どもたちのために、僕たち2人で直接文房具を届けたい! はじめまして。赤澤貴士(あかざわたかし)と申します。博多で飲食店の店長をしながら国際協力に関する会社を設立するため勉強・活動中です。現在店長をしているお店にネパール人のスタッフがいます。日本に来て間もないですが一生懸命日本語を覚え、仕事も覚え、同じ職場で頑張っています。ある日突然、『もっとシフトを入れたい』と言われました。彼は掛け持ちでバイトをしており、労働基準法上これ以上入れれないほどでした。 理由を聞いたらバイト代のほとんどをネパールの子どもたちや家族のために送金していたのです。彼の実家はネパールのカトマンズにあり、2015年4月に起きたネパール大震災で家や親戚を失い、幸い家族は無事でした。地元の学校は倒壊してしまいましたが、ネパールの子どもたちのために誰にも相談せず『ゴレ貧乏』と笑いながら働いていました。事実を知り...
099d627b725c57a0d46d0f00de95597b7ede94ae
フィリピンのストリートチルドレンのお腹を満たし、彼らが学校に行ける環境を整えたい! こんにちは!現在フィリピン大学に留学し、現地の学生に混じり正規の学生として地域開発学を専攻している林大貴と申します。さて、私の在学している国立フィリピン大学では、キャンパス内にもかかわらずストリートチルドレンの姿が見受けられます。彼らは拾ったペットボトルや鉄くずをリサイクル業者に売ったり、学生に物乞いをして、食べ残りの焼き鳥やスナック菓子等を食べ、飢えを凌いでいるという現状があります。 しかし、そんな子どもたちにも夢があります。その夢の実現のためには、学校へ行って教育を受ける必要があります。ですが、その日を生きるための食糧すらままならない状況下では、学校へ行くこともできません。 彼らに食事を提供することによって、生活を豊かにし、学校へ行ける環境を整えたい。そうすることによって、彼らの夢を応援したいです。どうか皆様お力添えいただけないでしょうか? ■僕とスト...
9ec626be9e0d2e2bd79df7d742b68c786d4776a2
今この瞬間も、いじめに苦しんでいる人がたくさんいます。そんな人を一人でも救いたい。そのための動画を作ります。 初めまして。こんにちは。facebookグループ「いじめ対策2.0」管理人で、一般社団法人メンタルサポート・ジャパン代表理事の百世安里と申します。私自身が娘とともにいじめ被害にあい、娘への暴力、つるしあげ、数年間に渡る無言電話や嫌がらせなどを受け、警察、検察、裁判(勝訴)、心療内科・カウンセリングを経験した、いじめサバイバー(克服者)です。「いじめ対策2.0」は330人あまりのグループで、その中から今回のいじめ動画プロジェクトが立ち上がりました。そんな過酷な経験をしてきた私達だからこそ、いじめの構造や核心を変えていく提案をしたいのです。 ご存知でしょうか?いじめ加害者はパートナーへのDVや子供の虐待にも走りやすく、犯罪者になる確率は6倍というデータがあります。つまり、子どものころのいじめを小さなことと見逃していると、私たちみんなの社会が壊されてい...
0788e1c07261bfea319418927e27683e2cbe9e2f
ブラジル貧困村で映画を上映し、世界を知ってもらうキッカケや楽しみを届けたい! こんにちは。千葉県出身の木下と申します。現在、アメリカのNPO団体One world centerのブラジル貧困村を支援する為のボランティアプログラムに参加しています。現在自分を含めて中国人2名、コスタリカ人1名の女子4人がこのプログラムに参加しています。ブラジル渡航前には、アメリカにてポルトガル語を学んだり、街頭にて募金活動を行い、ブラジル渡航の準備を進めています。 2015年9月よりブラジルへ移住し、チームでブラジルの貧困村にて支援活動を2016年1月まで行います。村の人々と暮らしながらポルトガル語を学び、学校で授業を行ったり、トイレを設営したり、村の人々と協力しながら様々な生活支援を行う予定です。その中の一つで、映画館を体験したことのない人々に映画館を提供し、村中の家族を集めて村の人々に喜んでもらいたいと考えています。 しかし、ブラジル貧困村での映画上映のための資金が...
412c273587e342dd529d6d6cbb2fabefc5db41bb
年間120万人が訪れるウユニ塩湖。深刻なごみ問題解決のため プラスティックごみを石油に変える油化装置を導入したい! はじめまして。本間賢人です。私はこれまでウユニ塩湖へのガイドを1500人以上の観光客に行ってきました。ボリビア全体の観光客は1年間に120万人超。絶景として有名なウユニ塩湖ですが、一方でごみ問題は深刻です。排出されるごみは1日に約120トン。25メートルプール2杯分と言われています。 そこで、油化装置を導入しごみ問題の解決を目指します。油化装置とはプラスチックごみを加熱し、液化と蒸留を行うことで石油に戻す装置です。油化装置があれば、ごみの総質量の82%を石油に戻せます。1kgのごみが820gの石油に変わるのです。将来的には1日に約1000kgのごみを油化できる装置を導入予定です。 11月に現地大学の学長、ウユニドライバー組合、また政府機関と協同して、最初の導入・プロモーション活動を実施します。まずは実験として1日8kgのごみを油化できる...
86dfdcf5462ca1a810ab74beb0f56cb94d569a97
今年の10月にタイの山岳民族の貧しい家庭にトイレを作りに行きます。 今回は家の屋根や壁の補修もします! はじめまして。安田博と申します。タイの山岳民族の村々を訪ね歩き、9年が過ぎました。初めは単なる興味本位での旅行でしたが、彼らの優しさ・生活スタイルに魅了され、毎年訪れるようになりました。今年の10月からまたチェンライに行きます。その時にトイレを2箇所設置し、穴が空いている家の屋根や壁の補修を行います。 今回で2度目の資金集めとなります。前回は初めての経験で予算オーバーになりそうでしたが、手間と時間を掛けつつ皆さんの協力もあり、何とか予算内に収める事ができました。ですので今回は予算を増額し目標金額以上に支援して頂けましたら、さらにトイレを建設する予定です。一人でも多くの方からのご支援をお待ちしております! 家の補修1軒とトイレ建設2ヵ所を行う費用を集めます。皆様ご協力頂けないでしょうか? 撮った写真は翌年あげると喜んでくれます。 自分がタ...
Aabad026269647b011aa1fb663a3669120232662
アカウミガメが来る表浜海岸で、産卵が出来ない事態、時には死に至るというウミガメの悲劇。絶滅危惧種のウミガメを守るお手伝いをしていただけませんか? NPO法人表浜ネットワーク理事長の田中です。愛知県の南東、太平洋の外洋に面する表浜海岸で、10年間、絶滅危惧種に指定されるアカウミガメや砂浜の調査、保全活動をしています。表浜海岸は、アカウミガメが毎年産卵に訪れる砂浜海岸で、多くのサーファーや釣り人、観光地引網漁が行われる自然豊かな海岸です。 しかし、その一方で、海岸の人工化が進み、砂浜減少が問題となっています。また、砂浜の真ん中に延々と連なる消波ブロックが設置されていることで、ウミガメの上陸が阻害される問題が生じています。ウミガメは上陸しても産卵ができないだけでなく、海に戻ることが出来ず時には死に至るほど、今や表浜海岸はウミガメにとって危険な海岸となっているのです。 (ウミガメの正面に回る時は、産卵を終え、ある程度埋戻しが終わるまで静かに待ってから。産卵を...
D959f937f95d8206a3d46c8ac8cb3048ac21111b
神奈川県動物保護センターは、犬の殺処分ゼロを3年間、猫の殺処分ゼロを2年間継続。次のステージを目指し、いのちを救うだけでなく、動物たちがパートナーと幸せに暮らすための橋渡しをできる、新しい施設を作りたい。健康状態に応じて保護できる設備の拡充、元気に駆け回れるドッグランの設置。平成31年4月開所を目指し、今回は、500万円を目標に、全体構想の一部である「ふれあい譲渡室」建設プロジェクトを立ち上げました。 達成のお礼と目標を超えた支援金分の使途について(2016.12.08 追記) 皆さまからのあたたかいご支援により、新しい動物保護センターの一部である「ふれあい譲渡室」を建設するプロジェクトを、早期に達成することができました。心より感謝申し上げます。 100%を超えた分の金額については、皆さまからご支援いただきました金額を、最終目標である、新しい動物保護センターの建替えのために、充当させていただきたいと考えています。引き続き、皆さまからのご支援を賜りますよう、よ...