再び、鈴木邸で!

「100人の母たち」写真展から1年半。

再び、古民家鈴木邸をお借りして

みんなで集います。

 

「絵本から広がる平和な世界」子どもたちに手渡すのはどんな地球?日々の暮らしが未来を創る。

 2016年3月27日(日)郊外にある古民家:鈴木邸にて講演会を開催。講師は日本在住の詩人アーサー・ビナードさん。演題は「絵本か広がる平和な世界」子どもたちの絵画展、自然派マルシェ、林では子どもたちの自然体験も同時開催します。

 

 写真展から1年半、事故発生からは5年が過ぎようとしている今、世の中の様子はどう変わったのでしょうか?みなさん日々の暮らしに追われながらも、出来るところから工夫し頑張っている姿をたくさん見かけます。マルシェや朝市などが各地で盛んに開催され、地産地消、顔の見える生産者から食材を調達している人たちは確実に増えてきています。必要なものはお気に入りを見つけて大切に使い、便利に流されない暮らしを求めるライフスタイルは、こころの豊かさに繋がります。限りある地球資源を子どもたちに残していくために動き始めている人は身の回りにも増えていると感じています。

 

 それでは、世の中の流れは少しずつでもよい方向に向かっているのでしょうか?どうでしょう。残念ながら必ずしもそうではない現状が目の前にあるように思います。このままでいいのでしょうか?私たちの思いがより反映されていく未来を創るために、私たちにできることを、今こそ考える時なのかもしれません。「この気持ちをみなさんと共有する場をつくりたい」そんな思いで今回のプロジェクトを企画しました。

 

詳しいことはこちらをごらんください。

https://www.facebook.com/ehon.heiwa/

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています