クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

親の為の小児版介護者手帳「ケアラーズノート」をつくりたい!

阿久津 美栄子

阿久津 美栄子

親の為の小児版介護者手帳「ケアラーズノート」をつくりたい!
支援総額
960,000

目標 870,000円

支援者
122人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2016年11月03日 20:28

「知ってほしいこと。」

「一分一秒でもこの子より長く生きたい」

「この子を残し先に死ねない」

 

障害を持つお子さん、体の不自由なお子さんを育てている母親から聞いたことばです。

 

4年前に、複合型事業所 就労継続支援(B型)障害者作業所NPO理事長(当時70代)とお会いし、

グループホーム(男子)竣工式のご案内を頂き、

「やっと安心して死ねるのよ、40年間やってきてやっと出来たの!」

「えっ!どう言う事ですか?」と聞きなおした記憶があります。

私が、介護者の現状を始めて知った日です。

その当時、まさか当事者の介護者たち自ら、40年前、親の会から、NPOを立ち上げ、子供の為に就労の為の作業所をつくり、

最後は、グループホームをつくり、「やっと死ねる」とは、どう言う事なのか?「無いからつくるしかないのよ」と普通にお話しされてた事が、かなりの衝撃、現状を知り、おかしい、この状況・・・

当事者で無い限り、この現状は知らなく、当たり前になっている。

環境が整備されていない現状が、40年も前から何も変わっていない。今年になり、今度は「女性のグループホーム」の設立の為、

土地を購入。その後、住民説明会を開き、猛反対にあった。結局その土地を断念し、現在も土地を探している。

この現状は、当たり前であっては絶対にいけない事だと思う。

互いに理解し、地域で暮らせる環境が出来なくてはならない。

当事者(介護者)だけが、頑張る話しでは、全く無い。

ただ、「理解して欲しい、状況を考え聞いて欲しい。」

その為の、まずはひとつの手段として、

「介護者手帳・ケアラーズノート」を介護者が書き込み、理解を得る手段として欲しいと思う。

この現状を、ご理解頂き、皆さんのご支援、応援、ご協力の程、

引き続きどうぞ宜しくお願いします!

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

サンクスメール

①プロジェクトメンバーによるThanksメール

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

5,000円(税込)

Abc354bec5d87e9ab2e908d3fe1dc1d2f995d50f

「小児版介護者手帳」+「介護者手帳」

①プロジェクトメンバーによるThanksメール
②「小児版介護者手帳」ケアラーズノート:2冊
③「介護者手帳」認知症版:1冊

支援者
60人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

10,000円(税込)

Abc354bec5d87e9ab2e908d3fe1dc1d2f995d50f

「小児版介護者手帳」+「介護者手帳」

①プロジェクトメンバーによるThanksメール
②「小児版介護者手帳」ケアラーズノート:3冊
③「介護者手帳」認知症版:1冊

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

30,000円(税込)

Abc354bec5d87e9ab2e908d3fe1dc1d2f995d50f

「小児版介護者手帳」+「介護者手帳」

①プロジェクトメンバーによるThanksメール
②「小児版介護者手帳」ケアラーズノート:5冊
③「介護者手帳」認知症版:2冊

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年5月

プロジェクトの相談をする