READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

交通事故にあった子猫を保護しました!手術代の支援お願いします!

tomoco

tomoco

交通事故にあった子猫を保護しました!手術代の支援お願いします!

支援総額

506,000

目標金額 480,000円

支援者
73人
募集終了日
2022年11月1日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

▼自己紹介

はじめまして、小林と申します。

このプロジェクトに目をとどめてくださり、誠にありがとうございます。

 

動物が好きで自宅では、犬3匹と保護猫2匹を飼育しています。

今まで何度も猫を保護し、家族を探すお手伝いをしてきました。

 

今回は自分たちだけでは力及ばず、みなさまにお力を貸していただきたいと思い、クラウドファウンディングに初めて参加いたしました。

 

少し長くなりますが、最後までお読みいただけると助かります。

 

先日(8月22日の夜)、高校生の娘が友達と食事に行った帰り、車通りの激しい国道でよろよろと歩いている怪我をした痩せた子猫をみつけました。(保護した当時の様子)

びっくりして友達と大きな声を出したら、歩道の方に倒れてきたとのことです。

娘の電話で、急遽私たちもその場にかけつけ、子猫を保護しました。

子猫は痛みからか人を怖がっており、最初は威嚇をし、触れるのも大変でした。

(威嚇する様子と、だんだんと慣れてきた様子)

 

保護した翌日、近くのかかりつけの病院で診てもらいました。当初の診断としては事故による骨折で、子猫だから骨が柔らかいため、安静にしていれば損傷部分はくっついて自然に治るとの所見でした。

また、痛みや怖さからか人に慣れていないので、まず人に慣れさせて信頼関係を築くことも大事だと先生からアドバイスをいただき、毎日の投薬や食事を与えることを重ねてゆく中で、少しずつ距離も縮まり次第に抱っこをできるようになり、子猫も私たちに慣れてきた矢先のことでした…。

 

保護してから数日は尿も便も出ていたのですが、様子を見ていると次第に尿や便が出にくいような仕草をするようになったのです。(写真はその時の様子です。)

すぐ病院に連れて行き再び診察を受けたところ、

 

事故による骨盤複雑骨折、内臓の損傷、また事故の衝撃のため膀胱の位置がずれて、肛門の方まで移動していることで腸が圧迫され、尿や便を排泄しにくい状態になってるとのことでした。排泄を改善するためには手術の必要性があり、手術をしないと命を落とす可能性があること、その手術はかなり費用のかかること、医療機器の整った病院でなければできないとのことなどを告げられました。

 

かかりつけの病院では設備に限界があるため、急いで地域の大きな総合病院に連れて行き、そこで診断を受けた内容を話して、診察をしてもらいました。

そこでの診断もかかりつけの病院と同じような診断でしたが、事故による膀胱の整復手術は緊急を要するものでしたので、すぐに緊急手術を行いました。

膀胱の整復手術はかなり難しいものでした。

膀胱が骨盤腔内でかなり直腸と癒着し始めていたとのことで、癒着を剥がし腹腔内に整復し固定しました。手術は成功し、自力での排便を待つことになりました。

ですが、直腸への圧迫がひどかったのか、自力での排便が出来ず、緩下剤、浣腸実施にもかかわらず改善が見られず、事故の影響で骨盤が狭くなっていたため用手での摘便が困難な状態になってしまいました。巨大結腸症のリスクを避けるため再び手術を行い結腸切開による摘便を実施し、現在は少しずつ改善にむかっている状態です。

2週間におよんだ入院生活で、一時は危ない状態の時もありました。

しかし、子猫はとても頑張っていて、いまでは少しずつではありますが回復の兆しがみえ、看護師さんや私たちにも甘えてくる様子がみえています。

 

子猫は一命をとりとめました。ただ、今後も事故による障害のため、排便障害等が残る可能性があります。担当の先生の見解では、少し月齢がいってから骨盤の拡張手術をすることで、今よりもっと普通の生活を送れるようになる可能性が高くなるそうです。

 

 

自分勝手な考えではありますが、排便障害が改善され、子猫が少しでも普通の生活を取りもどすことが可能となれば、新しい家族にお渡ししやすいのではないか、また、子供達が救った小さな命に対して、できる限りの事をする姿勢を子供達に教えることができたらと考えております。

どうか皆様のお力添えを頂けると助かります。

 

 

▼プロジェクトの内容

娘と娘の友達が国道で交通事故にあった子猫を保護したので、すぐ病院に連れて行き、足を怪我しているようなので、レントゲンを撮ってもらいました。すると、足だけではなく、事故の衝撃で骨盤の複雑骨折や、内臓の損傷が見られるとのこと、それを治すための手術が必要であることがわかりました。子猫が少しでも生活しやすいように手術をするため、みなさんのお力をお借りしたいです。

 

先生からご説明いただいた内容と写真、診断書、および診療明細書

(骨折箇所 骨盤骨折、右腸骨体粉砕骨折、右恥骨骨折、左側仙腸関節脱臼)

 

下の写真は横から見たレントゲンです。

白く写ってる部分(造影剤にて撮影)がずれてしまった膀胱になります。

本来なら、後脚左側腹部に位置しますが、衝撃によって移動してしまっています。

そのため、困難になってしまった排泄障害の治療のため手術を行いました。

 9月24日現在↑ 事故の影響で腹腔内に溜まっている腹水(黒い部分)のエコー

排尿の回数は少し多いが、排便は順調。

 

 

▼プロジェクトのきっかけ

娘と娘の友達が国道で交通事故にあった子猫を保護したので、すぐ病院に連れて行き、足を怪我しているようなので、レントゲンを撮ってもらいました。すると、足だけではなく、事故の衝撃で骨盤の複雑骨折や、内臓の損傷が見られるとのこと、それを治すには施設の整った病院で手術が必要で、費用がかなりかかるということなのでプロジェクトを立ち上げました。

 

自分勝手なお願いであると重々承知しております。

しかし子猫ができるかぎり普通の生活を送ることができるよう、みなさんのお力を借りたいです。

 

*万が一、子猫が治療中に亡くなってしまった場合、これまでかかった治療費を差し引いた残金全てを、保護猫団体へ寄付したいと思います。

今回のプロジェクト達成後、術後の結果や別の病気の発覚などにより、手術ができない場合も同様にしたいと思います。また、無事に家族ができて、私たちのもとを離れることができるようになった場合も同様、治療費や手術代の足しになるようご家族にお渡ししたいと思います。

 

*このプロジェクトはALL or Nothinng型で、実行目標金額を達成した場合のみ支援金を受け取りことができます。1円でも足りなければ支援金を受け取ることができないため、ご協力して頂けますと幸いです。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

2回の手術を終えて、現在は自宅にて医療用フードを与えながら経過観察中です。

今後の治療計画としては、定期的なレントゲンによる骨盤の狭窄の検査および排泄の観察、

成猫になる頃に骨盤狭窄の手術ができればいいと考えております。

並行して里親探しも実施したいと思います。

 

 

 

 

ーーーーーーーー
▶︎ ペット保険による補償の無し

 

▶︎ 万が一猫ちゃんが亡くなってしまった場合の資金使途:
返金はせず、亡くなるまでに発生した治療費の差額を引いた支援金全て保護猫団体

団体名:ねこまも

代表:加藤知夏さん

ブログ: https://amebio.jp/nekomamo/

 に寄贈いたします。

 

また、寄贈先である加藤様より今回寄贈する寄付金の受け入れと、クラウドファウンディングもストーリーに公表されることに関しての同意を得ております。

 

プロジェクト実施完了までの間に、治療方針や治療の要否に変化が生じた場合、支援者の皆様、READYFOR事務局に速やかにお伝えします。

 

▶︎ 本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:小林克司: kob0125@icloud.com

 

READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え
https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/
ーーーーーーーー

プロジェクト実行責任者:
小林 克司
プロジェクト実施完了日:
2022年10月26日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

交通事故による子猫の骨盤骨折、内臓をもとの位置に戻す手術、骨盤狭窄を拡張する手術に使います

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差は自己資金にて補填します。

プロフィール

リターン

1,000+システム利用料


感謝のメール1

感謝のメール1

感謝の気持ちを込めたメールと、術後の記録をを送らせていただきます

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

3,000+システム利用料


感謝のメール2

感謝のメール2

感謝のメールと術後の記録を送らせていただきます

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

5,000+システム利用料


感謝のメール3

感謝のメール3

感謝のメールと術後の記録を送らせていただきます
子猫ちゃんの写真を送らせていただきます

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

10,000+システム利用料


感謝のメール4

感謝のメール4

感謝のメールと術後の記録を送らせていただきます
子猫ちゃんの写真を送らせていただきます
お礼のカードを送らせていただきます

支援者
35人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

あわねこサポーター ~保護猫園児の医療費のご支援を~ のトップ画像

あわねこサポーター ~保護猫園児の医療費のご支援を~

NPO法人 動物愛護団体 あわねこ保育園NPO法人 動物愛護団体 あわねこ保育園

#医療・福祉

継続寄付
総計
49人

注目のプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
甜菜栽培を実験中!冷涼な気候を活かして信州産てんさい糖を作りたい。 のトップ画像

甜菜栽培を実験中!冷涼な気候を活かして信州産てんさい糖を作りたい。

藤田九衛門商店藤田九衛門商店

#フード

105%
現在
2,101,000円
支援者
137人
残り
2時間

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする