こんにちは。早いものでもう年の瀬です。

 

皆さまは今年、どんな年でしたでしょうか?わたしたちにとっては、次々とあたらしい挑戦が待ち受ける刺激的な年でした。その分、得難い出会いもたくさん。

 

今年1年、お世話になった皆さま、支えてくださった皆さま、本当に本当にほんとうにありがとうございました!皆さまと関わることができて、わたし達はこれ以上ないくらい幸せでした。来年もいっぱいのわくわくと笑顔を皆さまと共有できるよう、進んでいきます!

さて、今年最後の投稿です。

 

 

小川の流れに2昼夜漬け、発芽抑制物質を洗い流した「ウォード藍」の種。

 

農家の児島さんが、12/20は一粒万倍日といって、仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに向いている日だから、どうしても種まきがしたいとおっしゃったので、種まきはこの日に決めました。農家の方々はふだんから、大安や一粒万倍日に事始めをする習慣があるそうです。

まずは「ウォード藍」の種を、ほかの雑草と選別する作業から始めました。より分けた雑草は外来種。慎重にビニール袋につつんで持ち帰ります。
 

 

より分けた種は、種まき用培土を敷きつめたセルトレイに3粒ずつ播きました。

 

 

種の上からもふんわり培土をかけて、今日の作業はおしまい。電気毛布でくるみ、このままビニールハウスの中で発芽を待ちます。芽が確認できるのは、2週間前後とのこと。…ドキドキ致します。

それでは皆さま、よいお年をお過ごしくださいませ!

 

※追記:公開後10日でご支援が100万円を超えました!お仲間がおひとりずつ増えていくことに大きな感動を覚え、とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございます!メンバー一同、引き続き気を引き締めていきます。

新着情報一覧へ