READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

タンザニアで病院を建設したい!その第一歩として渡航調査をする!

ひさまつ

ひさまつ

タンザニアで病院を建設したい!その第一歩として渡航調査をする!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月16日(金)午後11:00までです。

支援総額

160,000

目標金額 1,800,000円

8%
支援者
7人
残り
14日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月16日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

 

▼自己紹介

 

はじめまして、愛真会代表の久松貴裕です。

私たちは、2021年2月からアフリカへの病院建設を目指して調査や交渉を続け、実際に現地へ訪れて建設を実行に移すこととなりました。今回のプロジェクトはタンザニアに2024年開業する病院(クリニック)を建設する調査が目的となります。

まずはこちらの数字をご覧ください。

                                                                  0.25

これはアフリカのタンザニア🇹🇿における人口1,000人あたりの医師の数です。同様にアフリカの多くの国では、1,000人あたりの医師の数が1人未満であります。

(総務省・世界の統計2018 、JICA・保険セクター情報収集・確認調査 🇹🇿保険セクター分析報告書) 

(タンザニアの医学生メレーモより許諾を得て画像を掲載しています)

 

一方、他国での人口1,000人あたりの医師の数は日本で2.3人、アメリカ合衆国で2.6人、ヨーロッパでは4人を超える国も存在し、圧倒的な医療格差が生まれています。こうした医師不足は患者を受け入れる病床不足を招き、本来なら救えたはずの命を救うことができず、たくさんの未来ある子供たちが亡くなっていく現実が待ち構えているのです。

みなさんはこの事実をどう感じるでしょうか。今この瞬間にも医師の手を求める人がいると思うと私は心苦しく思います。

 

 (タンザニアの医学生メレーモより許諾を得て画像を掲載しています)

 

私は経営者として様々な方とお会いする中で、タンザニア大使館で私立病院に務めるコンゴ民主共和国出身のドクターに出会いました。ドクターはアフリカの医療事情を深刻に思い、タンザニアのドドマ大学で医学博士として勉強中の学生(メレーモ)への支援にも尽力し、自国へ病院建設をすることを目指していました。また、医学生のメレーモは医学博士を取得しタンザニアで多くの人々を救うという夢があります。この話を聞いた時、「私もアフリカをなんとかしたい!」それがきっかけとなり、今回のプロジェクトを取り組むに至りました。

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 

私、久松はこのタンザニアへの病院建設を行うのにはある夢があるからです。私の友人、志村さん(仮名)の一人息子は生まれながらにして肝臓疾患を抱えていました。2022年現在12歳の息子は長く生きて20歳だと言われているそうです。志村さんはその息子と20歳のお祝いに一緒にお酒を飲むのが夢でした。

そんな志村さんの夢を聞き、私はいてもたってもいられなくなり、「志村さんの息子を助けたい。」と思うようになりました。

肝臓疾患のなかで肝硬変(肝臓が小さく硬くなり正常な肝臓機能が失われる状態)の患者数は国内で30万人。医療機関を受診している患者数は約55,000人。肝硬変で亡くなった患者数は年間で約17,000人と言われています。

現在の肝硬変の治療は、食事制限や薬物療法により病気の進行を遅らせる、症状を和らげる治療が行われています。根本治療(病気の根本を取り除いて治す治療)は肝臓移植しかなく、現在肝臓移植のニーズは年々増加していますが、ドナー臓器の供給が不足しています。*「肝がん白書2015(日本肝臓学会発行)」「令和2年患者調査(厚生労働省)」

 

移植手術にはもちろんさまざまな課題がありますし、現在の日本ではあまり受け入れられていません。しかしながら、ゆくゆくは世の中で受け入れられるものとしたいと考えています。一昔前には、”インプラント”や”美容整形”といった施術は考えられない世の中ではなかったでしょうか。現在日本では、美容整形手術が年間で外科的手技が25万件、非外科的手技が170万件、合計で198万件の実施がされております。

*「一般社団法人日本美容医療外科学会」

 

同様に、肝臓移植、腎移植などが受け入れられ、多くの人々が生きやすい世の中にしたい。タンザニアの病院建設も同様に、私がなぜ医療にこだわるのか。それは世界中の人々を幸せにしたいからです。

 (タンザニアの医学生メレーモより許諾を得て画像を掲載しています)

 

たくさんの人を幸せにしたいと行動できることが、人として真の幸せと私は考えています。そして人は幸せであればまた、誰かを幸せにしたいと願う。人の悩みや迷いのうち、病苦を昇華し、人は、人を幸せにしたいと願う人生や生き方こと愛である。そのためにたくさんの人を病院建設によって病から救うことが私の今の思いです。医療に着手するため、私が出会ったドクターと医学生と共に医療で人々を救っていきたい。それが私の思いです。

 

(愛真会より許諾を得て画像を掲載しています)

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

 

 

◯タンザニア病院設立までの計画

建設計画のおおまかなスケジュールは以下のように予定しています。

また、今回の渡航プロジェクト以降のスケジュールは今後のクラウドファンディングや自己資金を元手に将来の展望として予定しております。

 

2022年11月5日(土)〜2022年11月13日(日)

タンザニア現地視察

・建設予定地の視察

・施工業者との面談/施工期間の打ち合わせ

 

2022年12月〜2023年1月

現地の情報とすり合わせしつつ設計図をブラッシュアップさせ、完成させる。

最終的な見積もりを確定させる。

タンザニア建設における法・制度を調べる。

 

2023年1月〜2023年3月

クラファンによる資金調達を実施

 

2023年4月〜2023年10月

・クリニック建設期間

・クリニックへ導入する医療器具の調達期間

 

2023年10月〜2023年12月

医療器具の導入期間

 

2024年1月〜2024年3月

研修及び医療機器の試運転

医師・看護師・スタッフ採用期間

 

2024年4月

第一号タンザニアクリニック開業

 

 

◯建設予定地

ドドマ大学に所属するメレーモの所有地を最初の建設地に予定しています。

(愛真会より許諾を得て画像を掲載しています)

 

赤枠で囲われた部分が建設予定地です。

広さ2,086平米(約700坪)の土地に立てる予定です。

 

◯設計図面(仮)

(愛真会より許諾を得て画像を掲載しています)

 

現在の設計図の草案です。

 

(愛真会より許諾を得て画像を掲載しています)

 

時期を分けて診療所を増築予定です。

(愛真会より許諾を得て画像を掲載しています)

 

第1期目の図面です。あくまで現段階の想定です。

 

詳細なスケジュールは以下の中期計画に記載しています。

◯中期計画

クリニック開業の中期計画を以下のように予定しています。

 

一期目 2024年4月~

基本的な病院機能を有したクリニックとして営業を行う。

病院規模:人数 5人(医師2人 看護師1人 スタッフ2人)病床数:35床

 

二期目 2025年4月~ 

2階建てに移行

病院規模:人数 9人(医師3人 看護師3人 スタッフ3人)病床数:60床

 

三期目 2026年4月~

透析治療の開始

病院規模:人数 10人(医師3人 看護師3人 スタッフ4人)病床数:約60床

 

 

◯調査スケジュール

(GoogleMapsより許諾を得て画像を掲載しています))

今回の調査では、

・キンシャーサ(コンゴ民主共和国)

・アルーシャ(タンザニア連合共和国)

・ドドマ(タンザニア連合共和国)の3つの都市を訪れます。

 

それぞれ訪れる理由は以下の通りです。

 

■キンシャーサ(コンゴ民主共和国)

目的:タンザニアに設立するモデルとなる病院を視察し建設イメージを作ること。また、日本とアフリカの文化の違いから修正する点がないかチェックするため。

日本の医療法人が設立した病院を紹介いただけたため、建設のイメージを作るためにキンシャーサへ視察へ伺います。慣れない土地である以上、予測不能な出来事を前もって予兆管理するためにも同様の病院施設を回っておくことが必要であると考えました。

 

■アルーシャ(タンザニア連合共和国

)目的:現地法人のアルーシャ病院を視察。建設イメージを作ること。また、日本とアフリカの文化の違いから修正する点がないかチェックするため。こちらは現地法人の病院です。複数の病院を視察、紹介していただき、設備や環境を比較することでより良い病院建設になると考えています。

 

■ドドマ(タンザニア連合共和国)

目的:

①建設予定地の視察

②現地の医学生メレーモと病院建設に関する合意形成をとること

③現地の建設業者と計画のすり合わせ

建設を予定している現地がドドマです。ドドマで具体的な計画内容について、サポートしてくださるメレーモさん、メレーモさんに紹介いただいた建設業者様と共に具体的な工程を作ります。この内容を日本に持ち帰り、再度計画案を作成します。

 

また、タンザニアでは日本大使館への訪問も予定しており、施設建設における法的な手続き等も準備いただく予定です。

 

11月4日(金)

渡航前PCR検査

 

11月5日(土)

渡航前PCR検査結果 

20:40成田空港発

 

11月6日(日)

□キンシャーサ訪問日

7:20 経由地アジスアベバ(エチオピア)到着

10:00 経由地アジスアベバ(エチオピア)出発

12:10 キンシャーサ(コンゴ民主共和国)到着

 

11月7日(月)

□キンシャーサ訪問日

・モデリング対象の病院の視察

・コンゴ民主共和国要人の方々と面談

 

11月8日(火)

□移動日

0:55 キンシャーサ(コンゴ民主共和国)出発

7:35 経由地アジスアベバ(エチオピア)到着

10:20 経由地アジスアベバ(エチオピア)出発

13:00 経由地ザンジバル(タンザニア)到着

14:30 経由地ザンジバル(タンザニア)出発

15:35 アルーシャ(タンザニア)到着

 

11月9日(水)

□アルーシャ訪問日

・アルーシャ病院の視察

 

11月10日(木)

□移動日

9:05 アルーシャ(タンザニア)出発

11:15 経由地ダルエスサラーム(タンザニア)到着

16:20 経由地ダルエスサラーム(タンザニア)出発

17:30 ドドマ(タンザニア)出発

 

11月11日(金)

□ドドマ訪問日

・ドクターメレーモと合意形成

・建設予定地の視察

・現地建設業者とすり合わせ

 

11月12日(土)・11月13日(日)

□帰国

11:40 ドドマ(タンザニア)出発

12:50 経由地ダルエスサラーム(タンザニア)到着

16:45 経由地ダルエスサラーム(タンザニア)出発

19:25 経由地アジスアベバ(エチオピア)到着

22:35 経由地アジスアベバ(エチオピア)出発

11/13(日)

19:40成田到着

*時間は全て現地時間です。

 

◯クラファンの使用用途について

主な使用用途は、

渡航費用の一部1,200,000円

現地移動・宿泊費用の一部300,000円

手数料・税300,000円(概算)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
久松貴裕(株式会社愛真会)
プロジェクト実施完了日:
2022年11月13日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

東京⇔タンザニア渡航費用の一部約1,200,000円 現地移動・宿泊費用の一部約300,000円 手数料・税約300,000円

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
渡航費用2,200,000円 成田空港→キンシャーサ(コンゴ共和国)→アルーシャ(タンザニア)→ドドマ(タンザニア) 現地移動・宿泊費用300,000円 手数料・税500,000円 本プロジェクト実行のために必要な金額のうち、クラウドファンディングの目標金額との差額分に関しては、自己資金で賄う予定です。(2022年10月30日時点) クラウドファンディングが成立したにも関わらず、上記の計画通り差額分を確保できなかった場合、自己資金で賄える範囲にて長期的にプロジェクトを進めることを予定しております。

プロフィール

リターン

3,000+システム利用料


alt

メレーモ(医学生)のサイン付きお礼メッセージ

メレーモ(医学生)のサイン付きで感謝のメールをお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

8,000+システム利用料


alt

写真付き活動報告書

メールにて写真付きの活動報告書をお送りいたします!

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

15,000+システム利用料


alt

メレーモ(医学生)・運営メンバーからのビデオレター

メレーモ(医学生)・運営メンバーから感謝のビデオレターをお送りいたします!

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

30,000+システム利用料


alt

運営メンバーと意見交換ができる限定コミュニティ招待

運営メンバーと直接やりとりができる限定コミュニティに招待します!

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

50,000+システム利用料


alt

メレーモ(医学生)に質問!

アフリカと日本の違いについて実際のタンザニア人であるメレーモに3つまで質問ができます!(質問をいただき、運営メンバーの方からメレーモに質問をする形式になります。)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

100,000+システム利用料


alt

運営メンバーと懇親会@ZOOM

病院建設プロジェクトの第一歩となるこのクラファンに多く支援していただいた方運営メンバーとオンラインにて懇親会を開きます!

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

300,000+システム利用料


alt

運営メンバーと食事会

運営メンバーと対面での食事会を開催します!(※交通費個人負担・場所は決まり次第連絡・時期未定1年以内)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
総計
59人

注目のプロジェクト

達成
いわきFC、J2へ。これからも挑戦を共に|クラウドファンディング のトップ画像

いわきFC、J2へ。これからも挑戦を共に|クラウドファンディング

いわきFCいわきFC

#スポーツ

102%
現在
10,239,000円
支援者
473人
残り
17日

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする