プロジェクト終了報告

2017年03月06日

本当にありがとうございました

「共笑基金」のプロジェクトをご支援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。皆様のご協力のおかげで、1ヶ月に渡るこのプロジェクトも無事に成功裏に終えることができました。

 この基金は昨年6月に立ち上げ「安念塾」の卒塾生やその保護者の皆さん及び私の親しい友だちからすでに250万円のご寄付をいただいていました。その後にこのプロジェクトを立ち上げただけに、当初成功する見込みが殆ど立たず、目標額を最低額の20万円に設定しました。それで最終段階になった時に10万円を超えれば、残りを私が個人負担で10万円を寄付してでも成立させ、手数料等を引かれても最低数万円プラスになると考えて応募しました。ところが、基金と私個人のFacebookで呼びかけたところ沢山の方がシェアをしてくださった結果、その方々のお友達を中心に思いがけないご協力が相次ぎ、20人の皆さまがプロジェクトを購入いただき、最終的に309,000円と当初目標額の154%という大幅な額になりました。これで、手数料等を引かれても、生徒1人を一年間支援できます。これはひとえに、皆さまの積極的なご支援の結果だと感謝しております。また、Readyforの「いいね」のボタンを押していただいた方が181人おられます。共笑基金のFacebookには18回投稿し、累計で1,643件のリーチがありました。また私個人のFBにもほぼ同様の投稿をしており、それを含めるとゆうに2,000件は越えます。今回は直接ご購入いただけなかったとしても「共笑基金」の趣旨をご理解いただけたもので、今後の運動の弾みにもなると考えています。

 新年度は、10人の生徒の支援を計画しており、その直接費用だけで約270万円必要です。まだ社会的な認知度も低く、その資金を集めるにはまだまだ前途多難が予想されます。プロジェクトのご協力御礼の報告の中にこんなことを書くのは少々はばかられますが、この現状を御理解の上、今後とも一層のご支援ご協力をいただければ嬉しく思います。