プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

私の家族、シロが子宮蓄膿症になってしまいました。 ゴハンも食べるのを拒み、歩くのもままならない状況です。

 

はじめまして、川村正和と申します。 長野県の美しい自然が堪能出来る安曇野で、大好きな家族のシロと楽しく暮らしていました。


ある日のお散歩翌日、突然シロが倒れてしまいました。 最初は歳でもう駄目なのかと思っておりました。様子を見ようと数日が経ち、陰部から酸い臭いの液体が出ていたため病院に連れていった所、子宮蓄膿症と診断されました。早めの手術をしないと手遅れになる、死に至る病を直すためには手術費用として15万円が手元に必要となります。

 

子宮蓄膿症とは
子宮の内膜が腫れ細菌感染によって子宮の内部に膿がたまる病気で、病態が悪化するにつれて多飲多尿や、陰部から膿や血膿が排出され、気にして舐める行動や、発熱、吐き気、元気や食欲がなくなるなどの症状が現れてきます。また、子宮内に溜まった膿によって腹部が膨らんで見え、子宮が破れて腹腔に細菌が漏れ出た場合、最悪の場合、腹膜炎を起こし短時間で死に至る病気です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
白くてモコモコしたシロは15年前、我が家にやってきました。

 

さかのぼること15年前
真っ白でふわふわしていて、愛らしい犬「シロ」と出会いました。

 

シロとの出会いはさかのぼること15年前、まだ小学生だった自分含め 三人兄弟で父にお願いした事がきっかけでした。 頑なに反対していた父を説得して、ある日子犬を譲り受ける機会ができ、父が連れてきたのがシロでした。真っ白でふわふわしていて、それでもって目がクリクリした可愛い子犬でした。名前をつける際に兄弟達と揉めながら、一番印象深かった「シロ」と名付けて一緒に暮らし始めました。

 

それから数十年。兄達も自立して、父親と安曇野に引越しをして 自然の中次男であるぼくがシロと一緒にいる事を決めました。いつも仕事から帰宅して、山道を楽しくお散歩に行ったり、大好きなお芋のおやつを食べるているシロを見るのが心の癒しでした。そんな平凡な日々に突然訪れた「シロ」の危機。

 

大変お恥ずかしい話ではありますが、父も70代を超えており、貧乏故に手術を一度断念。 今は自宅で出来る療法を実施しておりますが、日が経つにつれて弱々しくなってきました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
早くいつものように元気を取り戻してほしいと願っています。

 

一秒でも長く生きてほしい、そんな思いでいっぱいいっぱいです。

 

地元密着型の掲示板で今回の事を相談し、先生や助かる方法を探しました。子宮蓄膿症にかかった犬は子宮を摘出しない限り、どんどん肥大してゆき、腹膜まで転移してしまうと死にいたると言われました。己の情けなさに三日間食事も通らず、泣く事しか出来ずにいました。そんな時、とある方からの問い合わせで、クラウドファンディングなるものを教わって、勇気を出してプロジェクトを始めました。

 

子宮蓄膿症になった犬は時間が経つにつれて亡くなる確率が高くなって行きます。 歳もあり、最悪手術も出来ずに見殺しになってしまいます。 獣医さんのお話では、完全に治すには子宮そのものを摘出しなければならないとの事です。 今現在、手術に耐えうる体力や状態はあるそうですが 時間が押しております! どうにか手術で子宮を摘出して、元気な姿を取り戻したいです!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
シロにエールをお願いします!

 

元気な姿で、また楽しい日々を送りたい。シロにエールをお願いします

 

毎日同じ時間に玄関で帰りを待っていて 帰宅する度に大喜びして、大好きな散歩に出向いてました。 そんな当たり前な事がとても幸せで、何もしてやれなかった後悔より ちゃんと治してもう一度一緒にお散歩に行けるようにしたい! 術後は入院、投薬による治療等もありますが 退院した際にはいっぱい楽しませてあげようと思います。どうか、皆様の力を貸していただけませんか?

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

ご支援いただいた支援金に関して

今回みなさまにご支援いただいた資金は、シロの子宮蓄膿症の手術費・治療費に充てさせていただきます。病院は長野県にある病院を予定していて、6月初旬に手術を行います。
(※Readyfor事務局の判断により文面を一部削除しております。2017年6月9日)

獣医師と相談の上、6月の手術予定としておりますが、万が一、容態が悪化し、
手術が受けられない可能性があります。また、子宮蓄膿症の手術成功率は75%〜90%といわれており、老齢であるほど成功率は下がるといわれているため、万が一成功しない可能性も考えられますが、ご理解の上ご支援をお願いいたします。

 

ご支援いただいた方々へのお礼はこちらです。
 

● サンクスメール

● 感謝の手紙+シロちゃんの写真+お菓子の詰め合わせ

● 感謝の手紙+写真+お菓子+地域の名産品(わさび)

 


最新の新着情報