プロジェクト概要

たくさんのご支援・応援、ありがとうございました!

よりよい環境のために、ネクスト・ゴール160万円を目指します!

 

たくさんのご支援、応援、本当にありがとうございます。これまでのご支援によって、無事猫たちがのびのびと過ごし、新たな家族と出会える場を作ることができます。皆さんのあたたかいご支援によって、無事達成に至りましたこと、心から感謝申し上げます。

 

そして、より良い環境を目指して、終了日までネクスト・ゴール160万円を目指したいと思います。+30万円によって、保護した子たちの遊び道具や、寝床、キャットタワーの購入や、隠れられる場所を作ってあげることが出来ます。

 

またゆくゆくは、元々野良でお外に暮らしている子たちに、ベランダを柵で囲って、お外の風や空気を、変わらず感じられるようにしたいと考えておりますので、こちらの資金の一部に充てさせていただきたいと考えています。

 

今年中にオープン出来る様、そして保護した子達がより過ごしやすい環境になれるように、引き続き頑張りますので、これからも、見守っていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

**************************************

 

静岡・藤枝市に、保護した猫たちがのびのびと暮らしながら、新たな家族(里親)と出会える場を作りたい。

 

みなさま、ページをご覧いただき、ありがとうございます。静岡県藤枝市に暮らす、中野静華と申します。自身が猫を亡くしたとことをきっかけに、犬猫の保護活動を団体の一時預かりからはじめ、数年前より直接猫たちを保護し、里親さんに結びつける保護活動「保護わんにゃんの仮宿」を続けています。

 

規模が拡大するに連れて、猫たちに人馴れさせたり、自由に遊ばせるスペースが足りない状態になってきました。また、なかなかお見合いの会などで良さをアピール出来ない子もいるので、より自然な姿をみてもらうことができ、新たな家族とのマッチングができるように、保護スペースを整え、保護猫カフェとして、スタートしたいと考えました。

 

しかし、新たなスペースとなる場所のリフォーム費用が足りていません。ぜひ多くの猫たちを新しい家族と繋ぐために、皆さんのお力をお借りできませんでしょうか?

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
保護猫たちが新たな家族と一緒に、新しい人生をスタートできるように!

 

 

家族として迎い入れた犬や猫を、最後まで飼うことを当たり前のことだと思っていました。

 

2011年・春、飼い犬と飼い猫がたて続けに老衰で亡くなりました。子供の頃から、ずっと一緒に過ごした大切な家族が、眠るように旅立ったことは、私にとって大きな出来ことでした。

 

月日が経ち、新たな家族との出会いを探していると「里親募集」という言葉を見つけました。当時は、その言葉の意味がピンと来ませんでした。私自身は動物を迎えた家族は、当たり前のように最後まで飼っているとばかり思っておりました。

 

しかし、現実はそうではないようで、色んな方の活動をしているブログを読み、沢山の多くの子が、苦しんで亡くなっている殺処分の現状を知りました。 私自身に出来ることは小さいかも知れないけど、それでも、1匹でも幸せへのお手伝いが出来たらと思い、団体の一時預かりとして活動をスタートしました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
こんなにも世の中には最後まで一緒にいることができない犬・猫たちがいることは衝撃でした。

 

 

保護頭数が増えてきたことで、自由なスペースや時間が少ない状態に……。

自由なスペースを増やして、普段の自然な猫たちの姿を見てもらいたい。

 

その後、一時預かりというかたちではなく、自分で行き場が無い犬猫を保護して出会いを探す保護活動のボランティアをスタートしました。保護活動を始めて数年。 最近は、保護頭数が増え、2017年5月時点では、子猫、成猫合わせて、20匹以上に至りました。なかなか人馴れできない猫もおり、出会いが見つからないまま1年以上いる子も・・・・。

 

現在は、全ての子を自由にする程のスペースがなく、基本1匹1匹をケージで保護、交代で、自由な時間を作っています。 限られた時間の中での自由と、多くの時間をひとりひとりにかけてあげられることが難しく、人馴れ勉強中(元野良猫)の子も、あと一歩というところまで来ているのに、完璧までには人馴れできず、お見合いや提供してくれている譲渡会の会場へ移動すると、固まった状態になってしまうこともあります。

 

しかし、猫たちはそれぞれの個性もあります。外で固まってしまった子も、保護部屋ではいきいきと過ごしていることもあります。そこで、暮らしているお家の中でなら、もう少し生き生きとした姿を見てもらえるかも知れないと思い、保護っ子中心のふれあい猫カフェを作りたいと考えました。

 

気軽に立ち寄れる空間へ遊びに来てもらい、「里親募集」と言うのがあることを知らない方にも知ってもらえる、きっかけの場となればと思い、今回のプロジェクトをスタートしました。

 

現在様々なかたのサポートを得て、活動を続けています。
ゲージだけではなく、自由なスペースでのびのびと過ごしていただけるようにしたいと思います。

 

 

◯猫たちのご紹介◯

 

~それぞれの子たちの魅力が伝わり、家族と幸せに再び暮らせる猫たちを増やしたい~

 

 

*仮名・ギガ*

 

お母さんと逸れたのか?人の手で捨てられたのか?小さな体で、大きな声で、1匹で鳴いていた、仮名ギガ。当時、沢山の保護子猫と保護部屋で過ごす日々、そんな中でも、すでに保護されていた黒猫と大の仲良しになり、いつでも一緒、お姉さんと思って、頼りながら過ごしていました。素敵な出会いがあり、仲良しのふたりを一緒に迎えて下さる里親様が見つかりました。今はそんな家族とともに、幸せに過ごしています。

保護されたころの様子
現在の様子

 

*仮名・ぷく*

 

近所に突然、禿げた状態に、ガリガリの目ヤニでぐちゃぐちゃな子が現れました。姿を見てから1週間後やっと保護できた、仮名ぷく。直ぐに病院へ行くと、禿の原因は、真菌と呼ばれる菌でした。野良で暮らしていたので、人との生活を知らないプクは、近づくだけで怯えてガタガタ震えておりました。しかし、毎日、薬を塗り、ご飯には飲み薬を混ぜて、3ヶ月もすると綺麗に毛も生えて、今では、新しい家族として里親さんに迎えられ、ふわふわになって幸せに過ごしています。

 

保護されたころの様子
現在の様子

 

 

*仮名・ベジ*

 

病院へ安楽死させてほしいと、ご老人に連れてこられた、仮名ベジ。人馴れしていて、抱っこも出来るけど、やっぱり最初は緊張して、固まってしまう子です。この子は現在のスペースで保護しています。新しいスペースが出来ることで、ベジらしさが出てきて、お客様とゆっくりふれあいしながら、いつの日か、素敵な里親様との出会いをみつけてあげたいと思っています。

 

現在の様子

 

 

藤枝市初となるふれあい保護猫カフェ。

新たなスペースで年間100匹前後の猫たちを保護する予定です。

 

今回のプロジェクトでご支援頂いた資金はスペースとなる場所の改修などのリフォームの費用に充てさせて頂く予定です。

 

場所: 藤枝市岡部町内谷 建物2階部分

 

保護頭数:年間100匹前後

 

改修内容:一軒家の2階部分にスペースを造ります。2階部分と階段、玄関などがリフォームの対象です。 2階部分と階段は、床や壁が使えない状態で、保護猫たちが快適に暮らせるように直して、キャットウォークを作り、人もリラックス出来るように、リフォームする予定です。

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
現在のスペースの様子

 

 

保護っ子たちが、自由に、より自然に、暮らせて、新しい家族との出会いの場となり、殺処分ゼロに少しでも近づけるように

 

活動を通じて、色んな方との出会いがありました。なによりも一番は里親様との出会い。 そして一緒にサポートをしてくれる方たち。里親様がいるから、保護している子を迎えてくれる家族がいるから、今も活動を続けられております。

 

この場所をオープンすることで、私のように、里親募集を知らない方と出会うことが出来て、家族に迎えてくれる方法として、もっと多くの方にしっていただけるようになればと思います。そして、こうした地道な活動や多くの方が、殺処分の現状や保護猫の存在を知ってくださることで、殺処分ゼロとなれる日に近づいていきたいと思います。

 

現在開催しているふれあい会ももっと大きくなるといいと思います。

 

 


最新の新着情報