第1回 結果報告

 彼らを指導してきました宮崎(愛アスリートクラブ)です。クラウドファンディングを通して、競技に専念できる環境を整えて頂いたおかげで、大変素晴らしい結果を残すことが出来ました。
 一年間の陸上競技(トラックシーズン)も無事終えることが出来ましたので、結果報告をさせていただきます。


4月15日 強化記録会(愛媛県運動公園陸上競技場)
藤田和光   100m  12秒96
武智湧史   800m  2分09秒27
      1500m  4分19秒52  自己新
大塚才豪  1500m  4分35秒91
      5000m  17分36秒53 自己新


5月6日 大分パラ陸上(※ 参加標準記録あり)大分県 大分銀行ドーム
武智湧史   800m  2分08秒24
大塚才豪  1500m  4分30秒98  自己新

 

 

 

5月28日 愛媛県障がい者スポーツ大会リハーサル大会(愛媛県運動公園)
藤田和光   100m  13秒41
武智湧史   800m  2分09秒57  大会新
大塚才豪  1500m  4分38秒20  大会新


6月11日 愛媛マスターズ(愛媛県運動公園陸上競技場)
武智湧史   800m   2分06秒94  1位


6月25日 四国マスターズ陸上(西条 ひうち陸上競技場)
武智湧史   800m  2分10秒42 1 位
      1500m  4分28秒16 1 位
大塚才豪  5000m  17分20秒95 自己新


7月3日 中国・四国パラ陸上 (香川県屋島レクザムフィールド)
藤田和光   100m  13秒09
       200m  27秒20
武智湧史   800m  2分08秒15  優勝
      1500m  4分25秒89  優勝
大塚才豪  5000m  17分24秒45

 

 

 

7月14日 愛媛選手権大会 (参加標準記録あり) 愛媛県総合運動公園
武智湧史   1500m 4分17秒97  自己新


8月5日 ID陸上競技大会(岐阜県長良川陸上競技場)
藤田和光    100m 12秒82
        200m 26秒69
武智湧史    800m 2分07秒16
       1500m 4分15秒38   自己新

           (※ ユース国際大会派遣標準記録突破)
大塚才豪   5000m 17分09秒49  自己新

 

 

8月12日 強化記録会(愛媛県運動公園陸上競技場)
藤田和光   100m 12秒79     自己新
武智湧史   800m 2分05秒72
      1500m 4分16秒95
大塚才豪  1500m 4分36秒79
      5000m 17分06秒57  自己新


9月9日 西条ひうち長距離記録会(西条ひうち陸上競技場)
武智湧史  1500m 4分15秒87
大塚才豪  1500m 4分28秒91   自己新


10月8日 大阪ID陸上競技会(大阪服部緑地公園陸上競技場)
藤田和光   100m 12秒99
       200m 26秒68
武智湧史   800m 2分04秒14   自己新
      1500m 4分15秒71


10 月28・29・30 日 第17回全国障害者スポーツ大会 愛顔つなぐ愛媛大会
武智湧史   800m 2分06秒61 4位
      1500m 4分16秒41 1位
大塚才豪   800m 2分16秒52 5位  自己新
      1500m 4分34秒15 3位

 

 

11月3日 スポレク祭 愛媛マスターズ陸上(愛媛県運動公園陸上競技場)
武智湧史    800m  2分06秒95 1位
     1500m 4分20秒42 1位


11月8日 高知県幡多地区障害者陸上競技会(宿毛運動公園陸上競技場)
藤田和光   100m 13秒02
武智湧史  1500m 4分25秒56

 

 

11月8日 西条ひうち長距離記録会(西条ひうち陸上競技場)
大塚才豪   5000m 17分17秒05


今後のロードレース出場予定
・12月2日 坊ちゃんランランラン(ハーフマラソン)松山市

 武智湧史 大塚才豪 藤田和光
・2月  愛媛マラソン
 大塚才豪 藤田和光

 

 4月から始まった競技会では、大会毎にそれぞれが自己新記録を出し続けました。そして、10月に行われた地元開催第17回全国障害者スポーツ大会愛顔つなぐ愛媛大会に参加した、武智さん、大塚さんは、それぞれに最大の目標
であったメダルを獲得するということを二人揃って成し得ました。これは、今まで頑張って走り続けてきたことを、これからも走り続けることを意味付ける
意義ある成果であったと感じています。
 また、目標としている「東京パラリンピック」に向けては、武智さんが1500mにおいて、8 月に行われたID 陸上と10 月に行われた大阪ID 記録会で、ユース国際大会派遣標準記録(4 分16 秒84)を突破した事は、国際大会出場が夢ではない事を証明する結果であったと思われます。
(上位突破者が1 名いたため選考からもれましたが)
これを、自信に来年度は2020 年の東京パラに繋がる走りを見せたいと思っています。
 彼に続く後輩たちも、大塚君は5000m において、16 分41 秒93 の強化指定選手標準記録突破を(U20)目標に、強化指定選手を目指すとともに、障害者大会福井大会出場を目指し、藤田君も100m において12 秒5 を目標に、大塚さんと同じく障害者大会福井大会出場を目指していきたいと考えております。
 来年度も、それぞれが具体的な目標をもち、働きながら夢を実現させられる
よう努力を惜しまず、常に後輩たちの目標、憧れの存在であることを忘れず毎
日を過ごして行きたいと思っております。
 これからも、変わらぬご支援をお願いいたします。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています