第3回 結果報告

 こんにちは。障がい者陸上競技クラブ「愛アスリートクラブ」の代表の宮崎靖です。今年も、「パラリンピック出場」という夢をかなえるため、挑戦し続けています。昨年のシーズンオフ、故障で十分な走り込みが出来ずにシーズンインした武智さんと駅伝で活躍して好調を維持しながらシーズンを迎えた大塚さん。対照的な二人の激走ぶりを、結果という形で報告をさせていただきます。

 

3月21日 宇和島春季記録会(宇和島丸山競技場) 

 武智湧史  1500m   4分38秒88

 

4月14・15日 強化記録会(愛媛県運動公園陸上競技場)

 大塚才豪  1500m   4分33秒31

       5000m  17分46秒41

 

4月22日 中予記録会(愛媛県運動公園陸上競技場)

 武智湧史  1500m   4分24秒46

 大塚才豪  1500m   4分31秒26

 

5月19日 中予選手権(愛媛県運動公園陸上競技場)

 武智湧史   800m   2分09秒01

       1500m   4分23秒32

 大塚才豪   800m   2分15秒31

       1500m   4分33秒98

 

5月27日 愛媛県障がい者スポーツ大会(愛媛県運動公園)

 武智湧史   800m  2分08秒98  大会新記録

 大塚才豪  1500m  4分34秒69  大会新記録

 

 

 二人とも自身の持つ大会記録を更新する走りであった。選考会の結果、大塚才豪さんが、10月に福井県で行われる、全国障害者スポーツ大会福井大会に出場が決まる。

 800mと1500mに出場予定。

 

 

6月10日 四国マスターズ陸上(香川県 屋島レクザムフィールド)

 武智湧史     800m   2分09秒57 1位

         1500m   4分25秒64 1位

 

 大塚才豪    5000m  17分15秒54

 

7月7日・8日 ジャパンパラ陸上2018

群馬県正田醤油スタジアム (参加標準記録あり)

 

 

 武智湧史     800m 2分04秒39 決勝進出

           決勝   棄 権     

         1500m 4分11秒22 決勝進出 自己新記録

           決勝  4分14秒68 9位

 

 日本最高峰のジャパンパラ陸上に参加。練習不足からなかなか調子に乗れない武智さんが、この大舞台で見事2種目ともに決勝進出を果たす。800mは帰りの飛行機の都合で残念ながら棄権。1500mの決勝では、現在の実力を十分に出し切り、初の9位入賞。この大舞台で、決勝進出(自己新記録)は今後に期待が持てる結果でした。少しずつですが、夢実現が身近になってきているのを感じる大会でした。

 

7月28日 佐々木記念 西条ひうち長距離記録会

西条ひうち陸上競技場

 大塚才豪  5000m  17分02秒53 自己新記録

 

8月5日 2018ID陸上競技大会(岐阜県)

岐阜県長良川メモリアル競技場

 

 

 

 武智湧史    800m  2分06秒07  

        1500m  4分14秒22 

 

 大塚才豪   1500m  4分25秒19 4位 自己新記録

        5000m  酷暑のため中止

 

 

 

 ジャパンパラ陸上に続いての決勝進出が目標だった武智さん。知的の日本選手権の層は厚く、800m、1500mともに決勝進出一人の壁(全国の壁)に…大塚さんは、未来アスリートクラス。1500mは自己新記録を出すも4位…ことらも入賞一人の壁に。5000mは39℃という酷暑で競技中止。年に一度の大会。岐阜まで来ての中止は暑さよりも厳しい結果でした。

 

8月11・12日 強化記録会

 武智湧史    800m  2分06秒73

        1500m  4分12秒37

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています