プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました
障がいや病気を持つ子供たちでも多くの経験ができるように、家族と一緒に野菜の収穫体験を行う旅行をサポートします!

 

初めまして、ちいの会代表の野村知代と申します。私は6年前、第二子として女の子を出産しました。しかしその子は生まれながらに難病を抱え、重い障がいを持っており、1歳を前にして亡くなりました。

 

家族となったわが子が、生まれながらにして背負った重い病気が心配で、家族旅行はおろか、外出をすることさえ躊躇する日々でしたが、毎日少しづつ成長していく娘の姿を見て「少しでも多くの事を経験させたい」そう思うようになりました。

 

そしてこの経験から、「ご家族が勇気をもって一歩前へ踏み出せる機会を持ってもらいたい」と思い、団体を立ち上げ、病気のお子様がいる家族を旅行に連れて行くお手伝いをしています。


しかし、現在はボランティアの方には交通費など全て自費で協力して頂いております。そのため回数を重ねる度に、ボランティアに参加してくださる方も次第に苦しくなってしまいます。

 

一生の思い出に残る家族旅行のサポートができるように、どうか皆様ご支援・応援をいただけないでしょうか?

 

娘を連れてのはじめての家族旅行、ボランティアの方に付き添っていただき叶うことができました

 

6年前、娘が生まれた時の写真です。

 

「子供たちの未来農園」で、大人も子供もおもいっきり遊び、楽しめる企画を用意しました!

 

「ちいの会」では、「病気があっても、障がいがあっても子供達に色々な経験をさせてあげたい」「普通の家族と同じことをさせたい」というご両親やご家族の気持ちを大切にしています。また、日々のお世話に疲弊しがちなママやパパ、そしてその兄弟姉妹達に普通の家族のような楽しい思い出を作って頂くお手伝いをすることも目的としております。

 

そこで、今回は子供だけでなく大人も楽しめる「野菜収穫体験!」と「ふかふかの土に触れ土の上で遊ぼう!」というイベントを盛り込んだ旅行を計画しました。

 

日程は2017年9月を予定しており、茨城県つくば市にある「子供たちの未来農園」さんのご協力のもと、野菜収穫体験や畑の上でサッカーや綱引きができる企画を行う予定です。「大人も子供達もおもいっきり遊び、沢山笑おう!」をテーマに宿泊施設の手配や打ち合わせを進めています。

 

普段できない経験を思いっきり楽しんで欲しい!

 

また、今回は「ちいの会」のために特別に人参畑をご用意いただきました。先日、このイベントに向けて種を植え、それが発芽したとの嬉しい報告を受けました!

 

収穫するお野菜は全て無農薬、無化学肥料のものです。さらに、畑では子どもたちは、フカフカの土の上を裸足で駆け回ることができます。土に触れ、野菜を楽しむイベントにします。

 

みんなが笑顔になる姿を思い浮かべると、今からとても楽しみです。

 

 

「ちいの会」へ参加する家族は、子どもの体調が心配でこの機会でなければ、出かけられないという方ばかりです。

 

「ちいの会」に参加されるのは、生まれながらして難病、または重い障がいのため人工呼吸器をつけている、酸素が必要、経管栄養などのお子様がほとんどで、医療ケアが必要なため看護師の同行が不可欠です。

 

家族で旅行に行きたいけれど「現地でなにかあったらどうしよう」という不安から旅行にいくことができず、「ちいの会」が初めての旅行になるというご家族がほとんどです。そうした不安から旅行を諦めていたご家族にも安心して楽しんでもらうことができるよう、「ちいの会」ではボランティアでご協力いただける看護師さんに同行してもらい、「ちいの会」に参加したからこそ体験できる特別なイベントを企画しています。

 

今までたくさんの方に支えられ、ちいの会は今年で【5周年】を迎えました。そしてこれまで36組もの家族旅行をサポートすることができました。自らの経験からこの活動を始めたのですが、喜んでくれるご家族の笑顔を見るたびに、「ああ、やってよかったな」と、とても嬉しく感じています。

 

2014年5月 箱根・芦ノ湖周辺で記念撮影。子供の笑顔にみんなも癒されます
2016年10月 お台場からハイカラマンが駆けつけてくれ、子供達も大喜び!

 

娘が教えてくれたこと。それは、病気と向き合いながらでも、皆様の支えがあれば前向きに楽しく過ごすことができる、ということでした。

 

妊娠中には考えもしなかったのですが、子供は健康で生まれてくるものだと思っていました。そして、生まれて来た我が子を抱く前に言われた衝撃的な事実、現実を受け入れるまでの葛藤と普通の生活への憧れ、そして悲しい別れ。


そんな事があるんだ、ということを娘を出産して初めて知りました。娘が私達の元へ生まれてきてくれた意味を考えた時、同じようなお子様を持つご家族が少しでも前向きに楽しく過ごせるよう願い「ちいの会」を立ち上げました。

 

ちいの会には、この旅行が最初で最後の旅行になってしまったご家族もいらっしゃいます。ご家族からは「入退院を繰り返していた子供と旅行に行けたことは今にして思えば夢のようです」とのお言葉をいただくことがあります。

 

旅行に行くことさえも諦め、治らない病気と向き合いながら暮らす辛い日々を少しでも前向きに楽しく過ごすことができますよう、皆さまの暖かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

「また来年も行こう!」ちいの会がそう思える一歩になれたら嬉しいです。家族が勇気をもって一歩前へ踏み出せますようよろしくお願いいたします。

 

平成23年11月26日待望の第二子、女の子を出産したのですが、その小さな命は重い障がいを持っていました。

 

娘です。肺高血圧症のため24時間酸素吸入が必要な状態でバイパップと言う人工呼吸器も必要でした

 

 リターンについて

 

1万円・3万円・5万円のご支援をいただいた方には、今回の旅行先である「子供たちの未来農園」さんで収穫された【無農薬、無化学肥料のお野菜】や【人参ジュース】をお送りいたします。子供たちもここで収穫体験を行います。ここで採れるお野菜たちは本当に元気そのものです。皆様もぜひこの機会に味わってみてください!

 

子供たちの未来農園:http://miraifarm.com/

 


最新の新着情報