お世話になっております。瀬尾です。

 

9月10日にみどりまち文庫の会員様による活動報告会を行いました。

薬剤師、管理栄養士、紅茶部部長、音楽家、プログラマー、レクリエーション介護士、認知症の人と家族の会、ボディビルジム、大学准教授が、現在の活動内容とこれからの構想、医療や健康・予防に関する想いなどを語ってくださいました。

 

 医療連携や社会連携といった話だけではなく、紅茶の試飲、健康ごはんの試食、歌、ジョサネ体操、笑いありの盛りだくさんの報告会になりました。

 会場には医療関係者以外にも様々な分野で活躍している皆さんが、集まってくださいました。

 みどりまち文庫のFacebookでもご紹介しております。

https://www.facebook.com/midorimachi.bunko/

 そして、みどりまち文庫会員の皆様の発案で、チャレンジへのご支援箱を回してくださり、2万円のご支援をいただきました。多くの皆さんが応援してくださっていることを感じ、とても嬉しかったです。

 また、チャレンジキッチンでやりたい事も多く存在していましたので、皆様のニーズを叶えられるように努力してまいります!

 

最後の挨拶で私は「主役は何かやりたい、ヒトの・地域のお役にたちたいという皆さんで、私はその思いを叶えられるように背中を押したり、人をつないだり、整理する脇役でしかありません」と申し上げました。

ただ、想いの実現のためには「場所」や「ツール」が必要なものもあります。

 

このチャレンジキッチンは地域や人のために役に立ちたいという皆さまの「想いを叶えるための場所でありツール」です。

 

達成まで残り10%となりました。10月16日がチャレンジ終了となります。

現金での受付も行っております。

どうぞ、どうぞご支援の程よろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ