こんにちは。今日は杉山さんに変わって

サポートの善福です。

 

先日、ウェブ会議システムを使って

オンラインで顔合わせ会をしました。

 

というのも、今回のプロジェクトには

全国からの参加希望者がいて、

選考されたのは関東圏だけではなく、

最南端は山口県からの参加となります。

 

参加のみなさんと同行するスタッフの全員が

一同に顔を合わせたのは、これが初めて。

最初は緊張しているお子さんも多かったのですが

だんだんと、笑顔もこぼれました。

 

顔合わせ会の一コマです。

 

 

参加のお子様はこちらのプロジェクト趣旨で顔を出していますが、

ご兄弟なども映っていたりしましたので、

同行するスタッフ以外のみなさんはぼかしておきました。

 

 

医師の貝沼先生からは体調面、

血糖値の変動とその対処方針についてのお話もあり、

保護者のみなさんにも、

心配を少しずつ減らしていただくことができる

貴重な機会となりました。

 

レアル・マドリード日本公式ファンクラブ会長で、

今回、コーディネーターをしてくださる久保田さんからは

スペインの治安、サッカー事情などについて

お話いただきました。

 

せっかく杉山さんもいるし、

サッカーをやっている子が多いので

みんなでサッカーをやりたい!

そんなリクエストも頂いているので、

どこでサッカーをやるか?

ボールはどうやって持って行くのか?

というお話でも盛り上がりました。

 

 

出発まで2週間となった頃に、

杉山さんの提案でLINEグループを作りました。

 

最初は、やり取りを遠慮しがちなみなさんでしたが

この顔合わせ会を行なってから

貝沼先生とのやりとりが特に盛んになって

お子さんの体調管理についての積極的なやり取りが増えました。

 

心配を完全に0にすることはできませんが

保護者のみなさんができる限り安心して

送り出せるように、出発までの1週間も

みなさんのサポートをしてまいります。

 

 

ご支援いただいたみなさまも、

サッカーでいうとチームのメンバーです。

参加するお子さんたちが安心して渡航できるように

引き続き、応援をお願いします。

新着情報一覧へ