こんばんは。杉山新です。

昨日、12/12無事に帰国しました。

 

驚くような出来事がたくさん起こりました。

 

試合を観ることだけは決まっていて、

 

それ以外の出来事は現地に行くまでに

相談したり、交渉したりしていましたけど

決まっていたことではありませんでした。

 

 

ナチョ選手と会うことができたのも…

 

 

 

みんなのユニフォームにサインをもらえたのも

 

 

ナチョ選手が先制点を決めてくれたことも

スタンドに向かってハートマークをしてくれたことも

[ナチョ選手ツイッターより転載]

 

みなさんのご支援、応援のおかげで

想いが一つに繋がって起きた奇跡だと思います。

 

もしかしたら、奇跡ではないかもしれません。

みなさんの想いが集まり、一つになったからこそ

起きた「夢を諦めない」という

ひとつのカタチだったのかもしれません。

 

 

3月にこの企画を考え始めた時は、

こんなにも素晴らしい時間を過ごせるとは

夢にも思っていませんでした。

 

けれど、一つ一つ課題を乗り越えて、

難関をクリアして、

たくさんの支援が集まってきて、

たくさんの応援の声が出逢いを結んでくれて、

そうやって過ごしてきた10ヶ月。

 

10ヶ月のすべての出来事が

最後の最後で諦めない気持ちにつながって

こんな素晴らしい瞬間に立ち会うことが

できたのだろうと思います。

 

 

僕にとっても初めてのチャレンジ、

初めての経験の連続だったので、

至らないこともたくさんあったと思います。

昨日、帰国して日本に戻ってくるまでは

「これでよかったのかな」

「あの時、もっとこうしていれば」

そんな想いも積み重なって行く毎日でした。

 

心配をかけてしまった人も、

ご迷惑をおかけしてしまった人も、

いたかもしれません。

 

反省点は、たくさんあります。

これからまた、何らかのカタチで

こうしたプロジェクトを行なっていくとしたら

反省点を生かして、

より良いカタチにしていけたらと考えています。

 

 

 

 

 

 

出発前と出発後では、きっと子ども達も大きな変化を遂げていると思います。

 

[出発前の子ども達]

 

 

 

[帰国するときの子ども達]

 

 

この夢のような時間が、みんなの未来につながって

「諦めない気持ち」を持ち続けて欲しいと思います。

 

 

 

 

本当に今日まで応援してくれた多くの方々に

この場を借りて、まずはお礼申し上げます。

 

 

どうもありがとうございました。

杉山新

 

 

新着情報一覧へ