プロジェクト概要

 これまでの繋がり、これからの繋がり。地域で誰もが参加できるマルシェとゴミ拾いイベントを開催します。

 

初めまして!西脇マルシェ大浜ごみ拾い実行委員の小林岳です。私たちは、静岡市内で『CSRプロジェクト』というチームを立ち上げ、1年前から地域貢献をテーマに活動をしています。そしてこの度初めてのイベントを開催することにいたしました。

 

初開催となる今回は、誰もが参加できるマルシェとゴミ拾いのイベントを開催します。しかし、マルシェの会場設備やゴミ拾いのための道具などが不足しており、このままでは開催が難しくなってまいりました。


そこで、クラウドファンディングにて皆様からご支援をいただき、多くの方の想いを感じながらイベントの開催を目指していくことにしました。

 

このイベントは、私たちの熱い想い以外は『ゼロ』からのスタートです。皆様からの応援を力に、人と人との繋がりを感じる心温まるイベントを開催いたしますので、どうかご支援のほど宜しくお願い致します!

 

今回イベントに参加していただく静岡の「アンプティサッカー」チームの若杉さんと

 

  初めての取り組みは不安もあるけれど「やればできる」を証明したい!

 

このイベントを通して私たちが伝えたいことは2つあります。


『実績なくても、やればできる!』
『不得意なこと・障がいがあっても、誰もが等しくチャレンジできる!』

 

私たちも初挑戦でわからないことが多く、日々たくさんの方に支えられながら活動をしています。しかしこのイベント・クラウドファンディングを通して、上の2つを必ず証明してみせたいと思っています。

 

たくさんの人に私たちのように、「まずはやってみよう!」「みんなの力が集まれば実現できる!」という想いを持っていただきたいのです。そしてこの連鎖を作り、静岡の誰もがもっとチャレンジできるきっかけを作りたいと考えています。

 

地域のニーズや課題をレンタルマットにデザインしたりと、地域貢献をテーマに活動してきました

 

  静岡の頑張っている人をみんなで応援して、地域を盛り上げよう!
 
これまで、【地域で共に生(活)きる】 をスローガンに、地元静岡のニーズや課題を、枠にとらわれずに一緒に取り組んでくれる仲間づくりを行いながら日々活動をしてきました。より多くの方に楽しんで欲しいと思い、今回は12月2日(土)の同日に2つのイベントを開催致します。1つ目がマルシェ、2つ目がゴミ拾いの開催です。
 

①「西脇マルシェ」

時間:午前10時〜14時

場所:静岡市駿河区西脇1276‐1 ダスキン静岡駐車場

 

マルシェでは当日3種類のブースを用意する予定です。どちらもまだこれから検討していきますので、随時フェイスブックでアップしていきます。

 

■静岡応援ブース

静岡応援ブースでは静岡で挑戦しているヒト、コトを紹介します。

初めて見た、なるほど、かっこいい!きっと応援したくなっちゃう、静岡のヒト、コト。当日4~5つのブースを用意します。

 

■ものづくりブース

ものづくりブースでは、海岸で拾えるもので作成できるグッズなど、その場で「できる」の体験ができるブースをご用意します。

 

■おいしいものブース

美味しいものブースでは、地元静岡を元気にしたいと想っている方々に出店をお願いしています。

 

②「大浜海岸 ごみ拾い」

時間:午前8時〜9時

場所:静岡市駿河区西島 大浜海岸・大浜公園

 

ゴミ拾いは、誰でも気軽に参加できる取り組みだと思います。特別な用意も必要なく、思ったときに一人でもみんなでもできるものです。

 

ゴミ拾いは、様々な障がいがあったとしても、人種を越え言語や習慣が違っても、小さな子供も高齢者も、すべてのヒトが参加できます。視覚に障がいがあったり、車いすなどでもパートナーと一緒に参加できますし、ココロやカラダの病で部屋から出られなくてもモバイル中継などで一緒に楽しみたいと考えています。やり方を一緒に考えて、イベント当日には多くの方に参加していただきたいです。

 

 

 

  誰もがチャレンジできると思えるようなきっかけの場になればと思っています。

 

実は今回このイベントに参加予定の【若杉幸治さん】の言葉が私たちの挑戦を後押ししてくれました。

若杉さんは20代の時、仕事中の交通事故で右足を切断しました。彼は、不慮の事故などで手足を切断した障害者による「アンプティサッカー」で、2014年冬のワールドカップ(W杯)メキシコ大会にも出場した方です。

 

一時は外出する事もためらう日々が続き、本人いわく「腐っていた」という中、41歳にてクラッチと呼ばれる杖を使ったサッカーに出会い、今では「まずはやってみよう!」とすべての事に率先して挑戦しています。


生まれてきたすべてのヒトがそれぞれの個性を活かした生き方を持ち、それぞれがそのことをあたり前に受け入れられる場づくりとして、今回のイベントが誰もがチャレンジできるきっかけの場になることを願っています。

 

若杉さんが所属する東海地方唯一のチーム「ガネーシャ静岡AFC」でプレーする若杉選手

 

  この場所から「できる」「やれる」の連鎖を作ります。

 

障がいがあるなしにかかわらず、自分事としてイベントを楽しんでくれる方、盛り上げてくれる方、そんな想いを持った当事者として参加してくださる方をお待ちしております。

 

今回は自分の「やりたい」と想う勝手なチャレンジがスタートですが、これを機に

「できる」「やれる」の連鎖で静岡の誰もがもっとチャレンジしてほしいと思います。そして、頑張っている人を応援することで地域を盛り上げ、みんなが挑戦できる機会を作って行きたいと考えています。どうかこの挑戦にご支援をよろしくお願い致します!

 

 

  リターンの紹介

 

リターンには、障がいを個性として静岡で活躍している方や、静岡の子どもたちの作品をお送りしたいと考えています。また、10,000円のリターンに含まれているTシャツのデザインは、静岡市中心に展示会を開催し、熱愛的なファンも多い「62muni」さんと協同で制作します!

 

また、少し大きいシーボトルは焼津の支援施設「プレアデス」の皆様と共に大浜の海との共同制作としてお届けする予定です。

 

 


 


最新の新着情報