皆さんこんばんわ!

本日9月15日23時をもちまして、私たちのプロジェクト「終らない水害との戦い。九州北部豪雨災害の被災者に支援の手を!」が終了しました。

 

今回のプロジェクトをご支援してくださった方々、またSNSなどを通してプロジェクトを拡散し応援してくださった方々に、心から感謝致します。

おかげさまで、目標額を上回る素晴らしい結果となりました。

本当にありがとうございました。

 

今回頂いた資金は、泥だしに必要な備品の購入費と、スタッフ・ボランティアハウスの維持費に充てさせていただきます。

 

 

 

ここで一つ、今回泥だし支援をさせて頂いた男性Mさんの声をご紹介させて頂きます。

「 一番暑い時間帯に駆けつけてくださった方々に、心から感謝します。

おかげで一段落ついて、今はようやく次に進む準備も整いました。

みなさんの温かい「笑顔」を忘れません。」

 

私たち支援チームは作業を終えたタイミングで、厳しい暑さによる疲れを癒すため、Mさんに冷えたおしぼりを手渡しました。

そのおしぼりを大変喜んでくれたMさん。

「思わぬタイミングでいただいた冷たいタオルで生き返ったこと忘れません。ほんとにありがとうございました。」と、後日メッセージを送ってくださいました。

 

私たちは、ただ現場で泥だし支援を行うのではなく、そこで頑張っておられるひとり一人の被災者の方に寄り添ることを大切にしてきました。

私たちの活動は口コミで現地に広がり、支援を受けた方から他の被災された方へ紹介を頂く機会も多々ありました。
これは、被災された方々からの信頼なくしては、難しいことだったと感じております。

 

 

本日をもちまして「READYFOR」のプロジェクトは終了しますが、私たちの九州被災地支援活動はこれからも続いていきます。
皆様からいただいたご支援を、被災地のために大切に使わせていただき、さらなる復興に向けてスタッフ一同尽力して参ります。

 

このプロジェクトを通して多くの方にお支えいただいたことは決して忘れません。本当にありがとうございました!