プロジェクト概要

 

  スクールに通うママ達が絶賛!子どもたちの脳と心を育む、参加型のオリジナルミュージカルを全国で公演したい!

 

皆さまはじめまして!大阪府豊中市を中心に活動するミュージックスクール「は〜もに〜らんど」の堤野祥代と申します。は〜もに〜らんどでは、こどもミュージカルをはじめ、ダンスやピアノ、こども日本舞踊、ママとBabyのリトミック、マタニティミュージックなど様々な教室の開催をしています。

 

実は私はこのスクールの代表ではなく、ここに通う娘を持つ母親の一人です。この度、全国の子どもたちに「は〜もに〜らんど」のミュージカルを体験してもらうために、ぜひ、皆さまのお力をお借りしたいと思い、クラウドファンディングに挑戦することにいたしました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

なぜスクールの代表ではなく、母親がクラウドファンディングを立ち上げたのか」については後ほど詳しくお話しさせていただきますが、とにかく私たち、ミュージカルに参加する子どものママたちは、ミュージカルを通して子どもたちが大きく成長する姿を一番近くでみてきました。子どもたちに本当にいい影響があることを身をもって知っているからこそ、これを全国の子どもたち、ママたちに経験してもらいたいと思ったのです。

 

私たちが目指す最終目標は、全国の子どもたちにミュージカルを体験できる機会を増やしていくこと。そしてその第一弾として、今回皆さまからご支援をいただき、2018年8月に地元・大阪でミュージカルの開催を実現させたいと考えています。

 

  今安先生の指導のもと、音楽を楽しみながら、成長を見守り生きる勇気をサポート!

 

“は〜もに〜らんど”では、みんなで力を合わせて一つのものを作り上げていく喜びや、人への優しさ、我慢強さを身につけながら自分の夢を実現する力を育てることを目的に、2006年より年3〜4回のミュージカルを制作・上演しています。


夢を持つこと」「仲間の大切さ」「信じる心」「命の大切さ」「約束を守ること」「感謝の心を持つこと」—ミュージカルのお話には、これから子どもたちが出くわすであろう、さまざまな困難にうち勝つために必要なたくさんの言葉が、音楽とともに散りばめられています。

 

 

オリジナルミュージカルの作者である今安 志保先生は、赤ちゃんの“脳と心”を育てるmumic®(ミューミック)の考案者であり、ミュージカルもこのプログラムをもとに作られています。振付けは、先生の娘さまの今安 琴奈さんです。

 

先生の子育てを傍で拝見し、ミュージカルや言葉の持つ力の恩恵を受けて育ったお嬢さんが持つ「生きる力」の強さに、ただただ感動しました。こんな子どもが増えたら、人間関係のトラブルなどはなくなり、もっと生きやすい社会になるはず。そんな思いから今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

は~もに~らんどミュージックスクール代表の今安志保先生は、ピアニスト・オルガンプレーヤーとして、さまざまな音楽シーンに作曲・編曲・演奏家として起用され、最近では数多くのミュージカル作品にも参加しています。その傍ら、“音楽と育児・三つ子の魂百まで”をテーマに、0歳児からの“脳と心を育てる”プログラム、mumic®を考案し、指導をされています。

 

【オリジナルプログラムmumic(ミューミック)®】
 

今安先生の音楽活動の33年間の実績をもとに作られたプログラムで、0歳児から始めることができます。

 

m…music(音楽)

u…utility(役に立つ)

m…message(メッセージ)

i…interpretation(通訳)

c…connect(つなぐ)

 

 

  自分で考えて行動することが苦手だった娘が、ミュージカル活動に参加し始めてから”自分”を持って行動できるようになったのです。

 

私の娘は9歳から参加していますが、それまでは親からみると、”素直でよく言うことを聞く良い子”だと思っていました。しかし、それは物事に対して常に受け身で、言われたことだけをしているだけだったのです。親にとっては少し不安ではありましたが、「時が経てば…」と見守っていました。

 

そんな時、学童保育の先生に、は~もに~らんどのミュージカルを観に連れて行ってもらう機会がありました。学童へお迎えに行った時に「ミュージカルやりたい!」とすごく興奮した顔で言ってきたのを、今でも覚えています。娘が自分の考えを自分から伝えてきたことは、私にとって初めての経験でした。

 

 

習い始めの頃は、みんなについていくのが精一杯だったようです。しかし、いくつかの舞台に立たせていただく中で、ダンスではみんなの思いがひとつにならなければならないことや、自分に与えられた役がミュージカル全体の中でどんな役割をもっているのか、さらに、辛さを笑顔で吹き飛ばす強さも身につけていきました。

 

また、私だけでなく他のお母さんたちも感じていることですが、ミュージカルの中の台詞が体の中に染み込み、自然と日常生活に結びつけて自分の言葉にしたり、行動できる子どもたちが増えていきました

 

たとえば、人一倍怖がりだった子が、

 

「♪それは 毎日が冒険 大切な仲間たちと過ごす 僕は(私は)ひとりぼっちじゃないんだから生きる事は勇気を持ち 信じる心を持ち まっすぐに前を見つめ歩く 仲間たちと♪」(「虹をわたって オズが教えてくれたこと」より)

 

この歌を知ったことで、一人で何かをしないといけない時にいつも頭の中で歌うようになり、何でもできるような気がしてきたといいます。

 

また、レッスンが辛くなった時には、”飛び切りの笑顔 最高のアイテムさ”(「クリスマスのおくりもの」より)を思い出し、「しんどい時こそ歯を見せて笑おう!」を合言葉に、みんなでがんばっています。

 

こんな風に強い心を持ち、社会のお役に立てるような行動ができるようになれば、もっとたくさんの子どもたちが楽に生きることができるのではないか。このような思いから、スクールに通う母親たち、そしてスクールの先生方に協力してもらいこのプロジェクトをスタートすることになったのです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 

  オリジナルミュージカルの体験を通して、心の支えとなる言葉を自分の中にたくさん溜め、強く生きてほしい!


これまで、本公演:21公演、アトリエ公演:9公演を行ってきましたが、できるだけたくさんの子どもたちに体験をしてもらうためには、ミュージカル上演プログラムをもっと大規模にする必要があります。そこで、今回のプロジェクトでみなさまからいただいたご支援で、全国公演の第一歩となる、大阪公演を実現させます。

 

まずは2018年8月(夏休み)を目標に、地元・大阪で出演者を募集し、オーディションを実施。約3ヶ月にわたって現メンバーとの合流レッスンを行ってから、ミュージカルを上演します。平行して他の地域でもオーディションの開催、レッスンを行い、2018年度は夏、冬、春と3箇所での公演を考えています。

 

【第一回公演概要】

■開催日時:2018年8月3日(金)

■開催場所:アルカイックホールオクト

■主催者:は~もに~らんどミュージックスクール

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
日々のレッスンの様子です♪身体を大きく使って全身で表現します

 

  全国各地でのミュージカル公演を通して子どもたちの脳と心を育み、日本の明るい未来へと繋げたい。


まずは、2018年8月の上演に向けて、現在のメンバーに加わる形で地域の子どもたちが参加していく仕組みをつくります。その後は、参加メンバーを核として組織が各地で立ち上がり、地域を巻き込んだ形で活動が広めていきたいと思っております。

 

歌やダンス、お芝居を通じて、外からの押し付けでは決して身につけることのできない、生きていくために大切なことを子どもたち自身の内側から作り上げることができれば、夢を持って生き、社会に出た時に必要とされる人材が育つのではないかと思います。

 

今回の大阪公演は、このプロジェクトを推進するための第一歩となるものです。たくさんの方々からの応援、ご支援を、どうかよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

  リターンとして、2018年度の公演チケット、レッスン参加券、出張パフォーマンスをご用意しています。

 

ご支援いただいたみなさまに、2018年度中に上演されるミュージカルを観劇していただけるチケットを、リターンとしてお届けいたします。
 

また、ご支援いただいた金額によって、ミュージカルレッスン参加券、パンフレットへのお名前・広告掲載、ご希望の場所でのパフォーマスなどを考えています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
 


最新の新着情報