プロジェクト概要

30年間見続けていた夢への挑戦。福岡県中間市に「みーとぱいはうす THE すなば」をOPEN!

 

こんにちは、田仲慶彦です。これまで20年以上、ホテル・旅館業での営業及び支配人業を通じ、お客様の夢や感動、愛をかたちにする事に力を注いできました。

 

この間、本当に素敵な出会いに恵まれ、国際会議の主催者の方に「君にかけてみるよ」と選んでいただき、開催後、海外の参加者より「excellent!」との評価をいただいた時の主催者さまの誇らしげな顔を見たときや、年に1度のお出かけしか許されない重度の障害を持ってしまった子供たちへのイベントを提供し、子供たちの笑顔にお母さま方とともに喜んで涙したことなど、多くの出会いと感動がありました。

 

しかしその後、くも膜下出血という大病を患いました。そのときに私の病状に一喜一憂してくれる家族や友人、医療関係の方々の暖かい笑顔に安心することができ、術後1か月ほどの後遺症発病の恐怖にも打ち勝つことができました。これらの経験から、人の笑顔の偉大さにあらためて気づかされ、もう一度接客を通じて、お客様の笑顔を感じられることがしたいと思い、福岡県中間市でミートパイ屋「みーとぱいはうす THE すなば」を出店したいと思いました。

 

しかし、この店舗開業にあたってコンセプトの重要な部分となる「白砂」の調達費用が不足しています。皆様のご支援でぜひ素敵なお店を開業したいと思っています。ぜひ空間とともにおいしいミートパイを届けたいと思っていますので、なにとぞご支援よろしくお願いいたします。

 

こだわりのミートパイを作っています。


 

学生時代、オーストラリア貧乏滞在中に食べたミートパイが忘れられない。

 

 

忘れられないミートパイ

 

30年ほど前に6カ月間オーストラリアに滞在した時、ミートパイは唯一の贅沢でした。見たことのない場所に行きたいという気持ちから、オーストラリアに行ったものの、ギリギリの予算で最後の1週間は200円ほどしか持っていませんでした。食べ物は小さなニンジンをスーパーで買い、洗うこともできずに、着ているデニムでこすって食べていました。

 

 

そんな中でも、1個100円ほどのミートパイは最高で、他の出費を抑えてでも食べ、滞在中の心のよりどころにまでなっていました。今振り返れば、味以上に「どういう雰囲気で食べているか?」が一層おいしさを増していたように思います。その後ホテル・旅館業でフレンチ・和食他多数の料理に提供する側として携わりましたが、あのミートパイに勝る【お手軽さ】で【リゾート感のある料理】についぞ出会うことはありませんでした。

 

 

オーストラリアの白砂の想い出

 

ケアンズそばにフィッツロイ島というサンゴに囲まれた島があると聞き、どうしても訪れたいと思っていました。島内唯一の宿泊施設は満室でしたが、どうしてもこの目で見たいと思い後先考えずに行きました。

 

その島には、一面きれいな白砂のビーチがあり、そこで見た方々は映画の1シーンのようでした。女性がリンゴを食べているだけ、男性同士のカップルのデート、年配のご夫婦の散歩の様子から、サンゴがこすれる「カリンカリン」という音など、白砂の上にあるすべてが、時間がゆっくり流れるような幸福感に満ち溢れた場所でした。このころから、こんな素敵な空間を表現しながら、おいしいミートパイを提供するお店をいつか出せればと思っていました。

 

30年前の写真、ご容赦ください。

 

 

オーストラリアの白砂を敷き、少しでも海外にいるかのような楽しみのあるミートパイ屋を開業したい!

 

身近に気軽に非日常的な体感を味わえて、そこに集う人すべてが笑顔になり幸せを感じる。そんな空間を学生時代のオーストラリアでの滞在経験と白砂、またミートパイを通じ、サービス業で培ったホスピタリティと企画力で、来店される方々を南国感覚にいざないます。

 

店名:みーとぱいはうす THE すなば

住所:福岡県中間市蓮花寺3-7-1

商品:ミートパイ(ビーフ&マッシュルーム、チキンクリーム&きのこ、おいしいピタパン他)

コンセプト:地域の皆様に底抜けのハッピーをお届けします。

こだわり:オーストラリアの白砂を敷き詰めた、絶品ミートパイ

 

商品例>どんどんおいしい料理を作っていきます。

試作品①

試作品②

試作品③

 

試作品④

 

継続して地元の北部九州エリアの皆様にハッピーをお届けするためにも、長く愛されるお店を作っていきたいと思います。そのためにもまず第一号店となるこの店舗を多くの方に愛される店舗に育てていきたいと思います。

 

店舗が入る予定の外観。これから内装準備です!


 

「地元にこんな楽しい空間ができるとはビックリしたばい。」と言わせたい。

 

今回のプロジェクトを発端として、中間市を拠点としたキッチンカーによる移動販売や、空と海をテーマとした屋外一体型カフェなど、地元、北部九州エリアをどんどん元気にしたいと考えております。

 

そのためにも第一号店となる今回のお店のコンセプトには、どうしてもこだわっていきたいと思います。また、このクラウドファンディングを通じてご支援いただいた皆様をはじめ、ご来店くださったお客様と楽しく営業していき、『底抜けのハッピー』を届けます。ご支援なにとぞよろしくお願いします。

 

 

田仲です。絶対においしいミートパイは開発済みです。
あとは白砂だけ。よろしくお願いします。

 

Readyforの支援だけで受け取れる限定リターンです。


オープンをぜひご支援いただいたみなさんと楽しめるようなリターンをご用意しました!店舗利用できる権利や、オリジナル商品など、クラウドファンディング限定のものをご用意しているので、ぜひご協力よろしくお願いいたします。

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)