プロジェクト概要

フリーペーパーで色んな人がありのままで生きられるきっかけを作りたい!

 

はじめまして、フリーペーパー「雨あがり」製作者の小栗由香理と香です。まずは私たちの自己紹介をさせていただきます!

 

*小栗由香理(Yukari Oguri)

高校時代にセクシュアルマイノリティの友人に出会い、性の多様性を知るとともに自分のセクシュアリティを自認しました。現在は都内で彼女と同棲しています。彼女との同棲を機に周りへのカミングアウトをしました。職業はフォトグラファーをしています。

 

*香(Koh)

今回フリーペーパーの発刊にあたって一緒に活動する香です。普段は会社員として働いていますが、女性扱いされることに違和感を覚え、数年前にXジェンダーやクエスチョニングの集まるオフ会に参加したことでFtXを自認しました。海外でフリーペーパーを作製しており、今回一緒に「雨あがり」を作ることとなりました。

 

 

私たちはお互いの留学先であるカナダのトロントで知り合いました。トロントでのワールドプライドを体験し、その盛大さに圧倒されました。それと同時に日本のLGBTsがトロントの人たちのようにのびのびと暮らせるには、まだまだ多くの課題があると感じました。そのため、LGBTsがありのままの自分でいられるよう何か活動をしたいと思い、フリーペーパーの制作を始めようとおもいました。

 

このフリーペーパーは、LGBTsの方々のありのままの様子を掲載し、生きづらさを感じている人たちには、このフリーペーパーを届けることで、悩みを解消するきっかけを作りたいと思います。そしてまだまだ世間の中にある偏見や先入観を少しでも取り除きたいとも思っています。しかし、フリーペーパーの発刊にあたって、製作費が不足しており、クラウドファンディングに挑戦させていただくことにしました。皆さまのご支援なにとぞよろしくお願いします!

 

 

雨あがり制作者の香とゆかりです。よろしくお願いします。

 

 

お互いに理解し合えることを目指してできることは、まずは自分たちのありのままを知ってもらうこと。

 

マイノリティを抱える人たちは「普通ではない自分」に悩むことが多々あります。嫌悪感を抱かれることもあれば、逆に気を遣われたり何か特別な事情のように扱われたりもします。

 

一方で、周りの人に「何てことない」と受け入れられた時が嬉しいことにも気づきました。私たちはセクシュアルマイノリティですが、それ以前に一人の人間です。恋愛対象や性自認は異なりますが、私たちにとってはそれが普通であり、周りの人たちにも「なんとも思わない。」と何気なく受け入れられ、いつかLGBTsという括りの言葉さえもなくなる日が来れば良いなと考えています。

 

そのために自分たちにできることは何だろう?と考えたとき、まずはありのままの自分たちを見てもらうことが大切だと思いました。今は日本でも「LGBTsという人たちがいる」という認知は進んでいます。その次の一歩として、私たちLGBTsの多様な生き方を知ってほしいと思っています。このフリーペーパーを通じてLGBTsの人たちはもちろん、その親族や友人、さらにLGBTsをテレビの向こうや二丁目だけの遠い存在だと思っている人まで、幅広い人たちに私たちの生き方を知ってほしいと思っています。

 

このフリーペーパーづくりへの想いについて、「ありのまま」という言葉について、新着情報にも改めて書かせていただきました。ぜひ読んでください。

新着情報:私たちの考える「ありのまま」

読んで楽しいフリーペーパーになるよう製作中です。

 

 

多様な性のあり方、それぞれの生き方をフリーペーパーという誰でも手に取れる媒体で届けたい!

 

皆様からご支援をいただき、新しいフリーペーパー「雨あがり」を立ち上げます。誌名の「雨あがり」は多様な性を表す虹を連想しています。「雨があがれば虹が出る」という言葉のように、このフリーペーパーをみなさんに楽しく読んでほしいという想いを込めてこの誌名に決めました。

 

内容はLGBTsのライフスタイルや生き方をメインとしたインタビュー記事を中心に掲載予定です。そのほかにも、楽しく読んでいただける読み物として、カップルフォトやファッションスナップを通して私たちのありのままを発信したりLGBTs以外の人でも楽しめるLGBTsスポットやLGBTsについての映画・書籍・歴史紹介などもを掲載していきます。

 

フリーペーパーとして紙媒体で配布することにより、誰の目にも留まる、誰でも読めることを目的としています。LGBTs当事者はもちろんですが、それ以外のすべての人に読んでいただきたいです。設置場所は、LGBTs関連のお店から始まり、書店・ギャラリー、フリーペーパー配布可能であれば様々な場所に設置予定です。


このフリーペーパーをLGBTsの人たちが読んで、もし悩んでいる人がいるのなら、「このままで良いんだ」と自分自身を受け入れてほしいと思っています。また、その周りの人たちや、LGBTsと全く関わり合いのない人が読んだ時には、なんてことのない私たちはあなたたちの近くで、あなたたちと変わりのない生活をしているよ、ということを知ってほしいと思っています。

 

まずは2018年初夏に行われるレインボープライドに合わせて第1号の発刊を目指しています!設置場所や詳細は決まり次第、ホームページやTwitter、Facebookにてご報告します。

 

ありのままの日常。


 

LGBTsが自然体で生きられる世の中を目指して、これからも定期的に刊行していきたい!

 

今後更に、いろいろな人たちに楽しんでもらえるフリーペーパーとして定期的に発行をしていき、LGBTsがそれ以外の人たちと変わりなく暮らすことが違和感なく受け入れられるきっかけにしていきたいです。

 

私たちの生活は、いわゆる一般の皆さんと大きく変わらないと思っています。しかしどうしてもLGBTsという点で、色眼鏡をかけてしまっているのが現状です。この「雨あがり」を通して、人と人の垣根が少しでもなくなっていくように貢献していきたいと思っています。

 

自然と生活に溶け込んでいることが当たり前の世の中に。

 

ご支援いただいたみなさんには、Readyfor限定で、リターンをご用意しています!


 

ご支援いただいたみなさんには、完成したフリーペーパーをお送りいたします!また、ご希望の方には紙面へご支援者様として、お名前掲載やインタビュー、コラムなど紙面参加いただけるスペースをご用意します!

 

また皆さんと一緒に作り上げていきたいため、カップルフォトの撮影権、写真プレゼント、フレームやアルバム作成などもご用意しています!ご支援なにとぞよろしくお願いいたします。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)