私たちのページをご覧頂きありがとうございます✨

iTherapy事務局と広報を担当してます、荒木です!川副代表やiTherapy開発チーム、そして、地域リハ活動を共にするスタッフと一緒に、iTherapy活動を続けて丸3年になります。

今日は、私たちのiTherapyの活動にご協力、ご支援を頂く全国各地の応援団を皆さんにご紹介させて下さい。

既にご支援も頂いております、神戸の株式会社セラピット、作業療法士の大浦社長(写真中央)と、静岡の田中屋産業から、理学療法士の田中社長(写真右)です!お二人とは、いつも在宅リハビリの会合でご一緒させていただいてます。iTherapyへの理解が深く、私たちの活動を常に気がけてくださっていて、今回のクラウドファンド挑戦を聞いて、快く応援団となっていただけました!(大浦社長は、私の憧れの女性です✨)

 

続きまして、岡山のアールケアから、理学療法士の小馬さん(中央)と理学療法士の山根社長(写真右)です。小馬さんは、iTherapyの開発メンバーとしても活動をご一緒させて頂いて、開発の苦労を共にしてきました。同い年ですが、すごく仕事の出来る方で、開発メンバーには無くてはならない存在です!また、山根社長は、ちょっと強面ですが(笑)実はとっても優しくて面白い方です。私も、お会いする度、いつもお腹がよじれるほど笑わせてもらってます(笑)。お二人とも、iTherapyに理解が深くて、この写真も率先して撮って下さいました!

 

続きまして、熊本のケアサポートメロンの作業療法士、元田社長(写真左)と池田事務長(写真右)です。熊本と長崎、同じ九州ということもあって、いつもiTherapyを暖かく見守って下さってます。元田社長は、昨年私が、iTherapyをテーマにチャレンジした事例発表大会の審査員でもらっしゃって、私たちのiTherapyとその活動を高く評価して頂きました。事例発表の結果、九州代表として東京の本戦の舞台に立たせて頂き、最優秀賞を受賞しました!

 

ここからは、川副代表との2ショットも交えてご紹介します!写真は、全国介護事業者協議会(民介協)の馬袋特別理事です。今回のこのクラウドファンドに挑戦する活動内容をお聞き頂いた後、記念写真の撮影をご快諾頂きました。iTherapy活動に大変興味を持っていただき、川副代表のプレゼンの後、その可能性について様々なご提案をいただきました!とても心強い応援団です✨

 

続いて、NPO全国在宅リハビリテーションを考える会の副理事長、福井県のほっとリハビリシステムズから、理学療法士で代表取締役の松井一人社長と応援の一枚パチリ!松井社長は、常に、どんな時も、私たちを情熱的に引っ張っていってくださる方で、iTherapyを通じた私たちの活動の最大の理解者でもあります。いつも「お元気様です!」のかけ声で私たちを元気にしてくれる松井社長の姿勢は、iTherapyにも活きていると思います✨

 

全国各地の応援団の皆さんから頂いた写真が、まだまだ紹介しきれないぐらいたくさんあって、どれを投稿するか迷ってしまいます💦今回ご紹介しきれなかった皆様は、次の投稿の時に必ずご紹介致します!

写真で紹介させて頂いた皆さんの想いは一つ。私たちの川副代表が表現した「愛すべきじぃさんばぁさんに、元気を届けたい」その想いで、みんながつながっていますし、みんながつながっていけると思うのです。そして、iTherapyはその想いをつなぐ手段になれると信じています!

今、複雑な仕組みや制度の変化がネットや新聞で多く報道されていますが、大事なのは原点に帰るコトだと思います。地域の現場で走り回る多くの皆さんと、もっともっとiTherapyでつながるコトができれば、もっともっと多くの人の笑顔が見れると思うのです!

どうか、このページをご覧になった皆さんが、その想いでつながっていけるように、川副代表と私たちの活動にご理解とご支援をよろしくお願いします✨

新着情報一覧へ