Yunaです♪

 

本日は、立て続けにですが記事を書かせていただきます♪

 

Fort Poyohonは今回のメインで支援をする幼稚園ということで、いろいろとご報告をさせていただきましたが、

予定よりも支援金が多く集まったため、なんと!もう一つの幼稚園「Maon Day Care Center」を支援することができました!!

本をこちらに寄付させていただきました。

 

このあたりには農場があるため、そこで働くことができる人も多く、

正式に市に登録されている幼稚園なので先生のお給料もまずまずのため、

先生が教材を子供たちのために自腹で買うこともでき、

お母さんたちがボランティアで協力してお互いに助け合っているとのこと。

ですので、設備もこちらの幼稚園のほうが整っていました。

ただ、貧しいことには違いなく、先生も一人で頑張っており、

「喘息の発作が出ても休まない」と言っていました…

 

先生の英語も少しなまりはあってもとても聞き取りやすかったです。

子供たちの英語レベルの向上に、とても役立っているようですね♪

 

これが、授業の様子。

 

壁や天井にお母さんたちの手作りデコレーションが・・

こういうもののプリントアウトも、プリンターをもっている人が率先してやってくれるとか。

 

心配なのは先生ですね。

年齢とご病気を考えると、やはり後継者のことを考えないといけないのでは…?

でも、英語を教えることができ、子供たちの指導へのパッションがある人を探すのは難しいようです。

 

こちらの先生も、「英語教育は子供たちの将来のためにとても大切。英語ができれば、海外に行って働くこともできるし、生活に困ることはない」と言っていました。