「予祝とは」

文字のとおり、予(あらか)じめ祝うという事です。

 

先に喜び、祝うことで、その現実を引き寄せるというのが

日本人がやっていた夢の叶え方だったようなのです。

 

 

 

秋のたわわに実った稲穂の豊作を信じて
「予め祝う」ことを何度か行うのです。

春は花見、夏は盆踊り

 

庶民のほとんとが、自給自足だった時代

『田植えができない=食料難』 につながります。

 

春に満開に咲く桜を、秋のお米の実りに見立てて、

仲間とワイワイお酒を飲みながら先に喜び、お祝いする前祝い!!

 

 

 

この「予祝」を知った時、

なんてすてきな夢の叶え方なんだろう!!と思い、

日常にとりいれたいっ!と思ったのです。

 

夢や願いを叶えるための

愛言葉は「予祝」

 

叶えたい夢や目標がみつかったら

仲間や周りの人に相談し「予祝」をやっちゃうのです!!

 

「予祝ランチ」「予祝飲み会」等
どんな小さいこともやりたいと思ったら

素直に周りにまずは伝えて
周りはジブンゴトのようにして応援する!!

 

 

叶ったらまた御祝いしてさらに皆で喜びあって

 

「ひとりじゃない、みんながいるから大丈夫」

 

 

 

そんな地域になっていったらいいなを
実現したいから、「予祝」活動続けます。

 

まずは「予祝」を知っていただくところから。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます♡

 

 

 

新着情報一覧へ