【ラストスパート!残り3日】

心書家のんちゃんこと野添美知代です。

 

梅雨に入るやいなや快晴が続いたりでしたが

本日は、本格的な梅雨を思わせるような雨多き一日。

 

古代日本人の暦からの学び♡を紹介。

 

===================================

七十二候

 梅子黄(うめのみきばむ)  】

6月16日頃 ~20日

===================================

※4年前に書いた作品 イラスト描き始めたら楽しくて嬉しくてな時期^^

 

梅雨入りと同じくして、青かった梅が、雨にうたれ黄色く完熟す頃。

 

熟した梅で作るものといえば?

 

「梅干し」

 

古くから日本人の健康を支えてきた「梅干し」

 

梅雨の期間、小さな小さな一粒のパワーに元気をもらい
癒されてます。

 

私も今回、初のチャレンジをしながら

お一人お一人の応援メッセージに元気をもらえています。
 

一粒のパワーに元気をもらいながら

本日の一粒万倍日に、たくさんの笑顔の種に

出逢えました♡
 
 
そして、、、そんなパワーがもらえる西諸のスポット

本日はご紹介させていただきます。
 
******************************

5/20投稿の際に

 

『湖面に写る霧島の山々』 

 

 

『特別天然記念物・コウノトリ(絶滅危惧種) 』 

の写真提供頂きました

小林市在住の写真家 田中風馬さんから
今回ご紹介いただきました^^

 

=======================
西諸の小林市にある「 霧島岑神社」

=======================

 

 

~霧島六社権現参りの最初にここを訪れたという

参拝者さまとの出逢いから~

 

御朱印を書かれている宮司さんに代わり、

雲龍柱をご案内された風馬さん。

 

「神社でお参りして御朱印を頂いて帰るだけではもったいないですよ。お参りしても神様の言葉が降りてくる人はそうそういません。せめて近くの方や宮司さんに声をかけてみてください。その話の中に神様のメッセージがかくれているものです」とお伝えされたようです。

 

 

また、宮司さんと農業について語り合っている中、

ふと言葉が降りてきたという内容もお知らせくださいました。

 

 

  

農業は神々と会話しながらする仕事ですよね。

大地の神、水の神、風や空や様々な神々を感じながら

感謝しながら作物を育てる。

 

今では、この時期この薬をまきなさい。

この時期に植えなさい。

自然と対話しながらでは無くなっていますね。

 

昔の人は自然と会話できたらこそ、今年は雨が多い。 

とか、今日は午後から天気が崩れる。とか知っていたんです。」

 

 

神社でお話すると言うことはこう言う事なんです。

思いがけない言葉がふと降りてきたりします。

これこそが、神様からのメッセージだと思うのです。

神社に行ったら、話をしましょう。

きっと神様の声をきけると思います。

 

 

以上

パワースポットと言われる地元の神社の話だけでなく

神社での作法等、心の在り方までアドバイスしてくださる

小林市内の自然案内達人のガイドさんです^^


パワースポットな場所で充電したいなぁ~と
思ったならば、、、

 

6月末に「夏越の祓」が行われます。
半年分のケガレを落とす行事で、
この後の半年の健康と厄除けを祈願。
 
お近くの神社に足を運んでみるきっかけになるといいな^^

 
この夏皆さまにとって楽しい

お時間がすごされますように♡
 
 
いよいよ ラストスパートです♡
 

どうぞ最後までご支援よろしくお願いいたします。
心書家のんちゃん(チーム予祝)

 

 

新着情報一覧へ