資金を応援して頂いても、結果的に作品が不足した時は、子供達に不足分の絵付けはお願い出来そうです! 学童などのアクティビティとして、応援の気持ちを込めながら、みんなで絵付けをしてくれる可能性があります。 現在確認中ですので、また後日ご報告させていただきます。
新着情報一覧へ