終活準備の成年後見制度学習

 

今日、伯母、妹、私の3人で、やっと2016年10月に他界した伯母の娘 (妹と私の従姉妹)の埋葬準備を、伯母が自ら選んだお寺で済ませてきました。

 

そのお金を準備する為に、伯母は娘が愛用していた遺品を売ることを決意しました。もうすでに、伯母の嫁が全く別のお寺を勝手に選び、勝手に伯母のお金でそちらに支払いを済ませてしまっていたにも関わらずにです。

伯母は2017年の初夏の頃から、自分の選んだそのお寺に娘を埋葬したいと保佐人に訴え続けていたのに、無視されていました。

 

私たちの手続きを担当して下さったお寺の職員が、その方が担当しているケースの中だけで、私たちのようなケースが他に2,3件あると仰っていました。

 

それを伺って、これから私たちのような辛い思いをする方々を減らす為に、意思表示がハッキリできるうちに成年後見制度について学び、自分が使いたい制度がどうか書面に残しておく必要性を多くの方々に知って頂くことの大切さを痛感しました!

 

これまで、多くの方々から貴重なフィードバックを頂き、このプロジェクトの方向転換することにしました。

制度の是正を試みるのではなく、この制度の落とし穴に落ちないように事前に準備する方法を学び、私たちのように運悪く営利目的の職業後見人の為に問題を抱えていらっしゃる方の弁護士費用支援しながら、励まし合い、情報交換する場にしていきます!

新着情報一覧へ