プロジェクト概要

奨学金で20名の「あなたで良かった」と言われる〝極上の介護士〟を育成したい!(本奨学金は給付型です)

本当に現場で活かせる5つのスキルに特化して、介護業界の講師陣があなたの成長を無料で支援します。

①介護接遇 ②介護リスクマネジメント

③認知症ケア ④医療・介護連携 ⑤排泄ケア

 

【このプロジェクトで実現したいこと】

 

「年寄笑うな、道じゃ 赤子笑うな、来た道じゃ」

この言葉にあるように、あなたがいつか年を取って、誰かのお世話になる時、普通の介護士と〝極上の介護士〟のどちらに介護されたいですか?家族も同様に、自分の身内は安心できる介護士に任せたいと思います。

安心して任せたいと思う〝極上の介護士〟奨学金という形で応援するプロジェクトです。

 

介護に携わる皆さん!自分の深い思いを、自信をもって、形にする伝え方を、多くの方々の応援で、無料で学んでみませんか。

 

★★★極上の介護士を目指したい方★★★

左記のURLをご覧ください ⇒ JCEA受講申し込み

 

 

 

 

 

 

【取り組みについて】

今後人口の3人に1人が高齢者となる「超高齢社会」を目前に、私たちは、介護の素晴らしさを理解してもらい、年間10万人と言われる介護離職を低減させ、新たに介護の仕事に就きたいという方が増えることを強く願っています。

 

介護に携わる皆さんに講座を行う私たちは、介護の現場で働く介護職員の皆さんの頑張りや大変さをいつも目の当たりにしています。

この仕事がいかに人間力を必要とするかを実感させられています。時に高齢者の予測不能な行動に、臨機応変に対応し、再現性の低い事象に日々向かっておられる姿は、頭が下がる思いです。

よく「3K(きつい・汚い・危険)」と言われます。確かにそのような面もありますが、介護職員の方から耳にする言葉は「○○さんが、私の名前を言ってくれた」「○○さんが笑ってくれた」「○○さんが美味しいとご飯を全部食べた」と、当たり前のことを、手放しで喜び、それを嬉しそうに話されます。介護における3Kは「感謝・感動・感激」だと思っています。

 

素晴らしい介護職員さんが多い中、十分な経験や資格を持っておられるにもかかわらず、適切なコミュニケーションや自分を守る知識が不足しているために、折角の介護への思いが、思ったような結果にならない方が少なくありません。

ほんのちょっと、「知識を持って」「意識の方向性を正して」「正しい行動の仕方」を持っていただいたら、その人は間違いなく“極上の介護士”になれるはずです。

私たちは、現在介護現場で活躍する人たちが、正しく評価されよりスキルの高い人材となり、介護の仕事が高く評価される社会となることを目指し、技術ではない “心”を育てる検定を作りました。

その立ち上げに際して、皆様にご協力をいただきたいと思い、このプロジェクトをReadyforで発表させていただきました。

 

 

【日本ケアエキスパート検定について】

「ケアエキスパート検定」とは、介護の仕事を“心・技・体”に分けるならば、介護技術が“技”、自身の健康が“体”、思いや気持ちが“心”として、その心をどのような場面でもぶれることなく、芯を持って体現することができる人材を育成することを目的とした検定です。学んでいただく内容は「介護接遇・リスクマネジメント・医療介護連携・認知症対応・排泄ケア」について、正しい知識で介護サービスを提供できるよう講座と試験を同時に行うものです。

 

ケアエキスパート検定は、スキルによって、3つのステップがあります。

 

 ◆Pro(Professional)

高齢者の気持ちを汲み取った応対や家族との良好な関係を構築できるスキルと、介護における基本的なリスクマネジメントの概念、認知症状への対応及び医療介護連携の基礎的な知識を習得できます。

 ◆Ms(Master)

Proのスキルに加え、「介護接遇」「リスクマネジメント」「記録の書き方」「認知症ケア」「排泄ケア」を深いレベルで理解し、より実践的なスキルを習得できます。

 ◆GM(Grand Master)

Pro、MSで習得した知識を臨機応変にでき、事業所で教育担当として、教育カリキュラムの策定や指導を行うことができるようになります。

 

 

 

 

【自己紹介】

『接遇』、『シニア就職支援』、『リスクマネジメント』の3人のプロフェッショナルによって、一般社団法人日本ケアエキスパート協会を設立しました。

 URL:https://jcea-kaigo.wixsite.com/jcea

 ・接遇  山本真奈美 インクレセント代表

 ・リスクマネジメント 村上亨 (株)ビー・エム・エル代表取締役

 ・シニア就労支援 田中優介 (株)シニアエイド・イノベーション代表取締役

 

【いただいた資金の使い道】

皆様から頂いた支援金は、高みを目指している介護士や、学びたいけど学ぶ機会を得ることができない介護に携わる方、これから介護の現場に入ろうとする方、自分の職場で活かしたいと思う方、介護士に限らず、介護の現場で頑張っている人達に、「ケアエキスパート検定」の受講をしていたただくために使わせて頂きます。

受講者数は20名です。該当する希望者の中から、厳正なる審査のもと、真剣に学ぶ意識のある方に受講して頂きます。

受講場所は大阪または神戸の予定です。全国からご希望がある場合は、改めて検討させて頂きます。

費用は、受講検定を実施するための会場費、講師料、受講者テキスト等で使用いたします。

開催はクラウドファンディング完了後、翌月に審査、翌々月に講座を開始し、毎月1回×6回の実施とさせていただきます。

修了後には、認定書と認定カードを授与いたします。

受講のお申込みは以下のホームページからお申込みください。(冷やかしはご遠慮ください)

URL

 

【支援金の使用用途】

会場費

講師料

テキスト・資料

修了証書関連

案内サイト作成

ギフト(Tシャツ、配送費等)

Readyforへの手数料

 

 

 

▼リターンについて

〇3,000円

お礼状を差し上げます。

 

〇5,000円

お礼状とオリジナルTシャツ(カラー・サイズをお選びいただけます)を差し上げます。

 

○10,000円

〝極上の介護士〟として奨学生渡す『修了証書』の裏側に、応援した方のお名前を記します。「いつまでも応援しているよ」のお気持ちを残します。

 

〇30,000円

日本ケアエキスパート協会事務所において、山本真奈美or村上亨による、『接遇』や『リスクマネジメント』・『記録の書き方』の研修をさせていただきます。

どちらかご希望の研修を選択していただけます。

※2時間程度。人数制限あり。~6名程度。

 

〇50,000円

ご指定の事業所へ、山本真奈美or村上亨が訪問し、『接遇』や『リスクマネジメント』・『記録の書き方』の研修をさせていただきます。

どちらかご希望の研修を選択していただけます。

※2時間程度。交通費別途。人数制限なし。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・プロジェクトの終了要項

2019年11月30日までに、一社)日本ケアエキスパート協会が、

・研修講師への講師料の支払い

・受講者の認定資格の発行

・会場利用の支払い

・ギフトの発送及び実施

したことをもって、プロジェクトを終了する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)