プロジェクト概要

 

「グランドの借りはグランドで返す‼」昨年達成出来なかった全国一勝を目指して

 

こんにちは、広島レディース監督の中村浩三です。

私たちは、広島県で唯一の女子小・中学生で編成する軟式野球チームです。

現在部員は、新中学3年生5人、新中学2年生1人、新小学6年生1人の7名で毎週土日祝日広島市・廿日市市内のグラウンドで活動しています。

これから、新入団員を迎え8月に行われる全国大会に向けてより一層熱を入れて練習を行っています。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 昨年、京都で行われた全国中学女子軟式野球大会に初めて参加し、結果は初戦敗退。全国のレベルの高さを思い知らされると同時に、来年は絶対にこの舞台で1勝してやる‼という熱い気持ちが湧いてきました。

 そこで、どうしたら今の少人数のチームでこの目標を達成することができるか考えました。その結果、以下の2点をクリアできればチームを強くすることができるのではないかと思いました。

 

 ①効率的な練習を行うため、大型練習機器の導入。

 (課題) 

   毎年人数が少ないため、部費が消耗品購入等の最低運営費以上集まらないた

  め、大型の練習道具(バッティングマシン等)を買うことができません。

 

 ②県外の強豪チームと多く対戦し経験値を多く積ませてあげる。

 (課題)

   県外遠征には、数十万円という多額の遠征費がかかってしまいます。保護者

  の負担だけでは参加できる大会にも限界があり、多くの女子野球大会に参加さ

  せてあげることができません。

 

この2点の課題をいかにしてクリアしていくかを日々考えていました。

 

その答えがこのクラウドファンディングでした。

 

県内外から集い、一生懸命に汗を流す彼女たちに全国で1勝してほしい。

どうか皆様の力で、彼女たちの夢を実現させてあげてください。

 

 

▼プロジェクトの内容

①効率的な練習を行うために大型練習道具の導入

 バッティングマシンを購入し、球数を気にすることなく時間の許す限りバッティング練習を行い、全国の強豪にも引けを取らない打撃を身につける。

 

②県外の強豪チームと多く対戦し経験値を多く積ませてあげる。

 ご支援いただいた資金をもとに、県外の強豪チームと対戦するために、遠征を行う。又は、広島県内でグラウンドを確保し県外の強豪チームを招待し試合を行うことによって、子どもたちに多くの経験値を積ませ、全国の大舞台でも物怖じしないようにする。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 広島レディースの発展、広島県内の女子野球人口の増加

 

 現在、広島県は全国的に見ても女子野球の普及・強化はかなり出遅れています。

 実際に少年野球等で野球を行っている女の子の半分以上は中学校に上がると同時に野球を辞めてほかのスポーツを始めています。

 そこで、当チームが全国の大舞台で活躍することで女子野球の魅力を伝え、競技人口の拡大に一役買えたらと思っています。

 その第一歩がこのプロジェクトです。

 

 

 

 

▼リターンについて

・団員からの感謝のお手紙

・広島レディースロゴ入りスポーツタオル

・広島レディースチームTシャツ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・プロジェクトの終了要項
①2019/5/31までに広島レディースがバッティングマシーンを購入。
購入物:バッティングマシーン
https://item.rakuten.co.jp/mitsuwa-tiger/744295/?scid=wi_ich_androidapp_item_share #Rakutenichiba
2019/8/23
2019/8/27までの間、遠征で京都に行ったことをもってプロジェクトを終了する。
遠征日程
  2019/8/23:京都市内で女子野球全国大会に参加をする。
  2019/8/24:同上
  2019/8/25:同上
  2019/8/26:同上
  2019/8/27:同上
参加する大会について
  大会名:第4回全日本中学女子軟式野球大会
  開催場所:京都府京都市http://jsbb.or.jp/tournaments/3845
 
参加の可否:参加はほぼ決まっているが、正式には2019/4/1までには決まる。
  ※仮に予定していた日にイベントが開催できなかった場合
   延期する。(延期日:未定。2019/8/23までには決定する)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最新の新着情報