支援するかどうかにかかわらず、読んでやってください!

 

 

選手の先生方は、試合に出たいんです…

 

でも、現状ではある試合に出たら、ほかの試合に出られなくなるかもしれません。

出たいのに出られない状態って、おかしいですよね…

 

応援に行こうと思ったら、試合が重なってます…

なかよしの先生方から同時に「来てください」って言われて、困った方も多いことでしょう…

 

「だったら、ひとつにまとめたらいいじゃない!」

そう簡単にもいきません…審査基準が、ちがいすぎるんです…

もしかしたら、音楽の好みもちがうかも…

 

世界には、いろんなダンスがあります。

音楽も踊り方も、全然ちがいます。得意不得意があって当然なのです。

先生によっては、踊りわけができる方もおられることでしょう。

 

こちらは、中国南部、貴州省の踊りです。

日本舞踊に近い姿勢で、リズム感もにています。

 

 

 

こちらは、ベリーダンス。カザフスタン、イランから西側の踊りです。

基本姿勢はボールルームダンスと同じで、バリエーションがたくさんあります。

 

 

 

「ほかのダンスと一緒にするな!」というご意見もあるでしょう…

 

でも、ダンスは異文化とのコラボレーションで発達します。

いろいろな人がそれぞれの工夫をこらして、よいものができてくるのです。

 

ほとんどコラボレーションがないと、こういうダンスになります。

 

 

パキスタンの山奥の村のダンス…

花いちもんめみたいに組んで、わーっと走り回ってるだけです…

特別な技術は、何もありません…

 

 

極端なちがいがなくても…

音楽や審査基準がまったくちがうと、同じ試合で評価することは困難です。

そのために複数の競技団体ができるのは、しかたないと思います…

 

でも、選手が複数の団体の試合に出られるようにすることは可能なはずです!

 

日程をずらせば、いろんな試合に出られます…

お客さんも、あちこち見に行くことができます!

どっちかだけなんて、悩む必要はなくなるんです…

 

傾向がちがったら全否定ではなく…ちゃんと両立できるように考えてみませんか?

新着情報一覧へ