プロジェクト概要

日本人にしか出来ない金属加工の技術があります。それを後世に伝えたい!

 

はじめまして。札幌貴金属工芸組合で「職人力展」実行委員会代表をしています。佐藤俊康と申します。自身でも貴金属加工のお店をやっています。一昨年から職人の高齢化、後継者不足にあたり 少しでもこの仕事に関心をもってもらえるよう この展示会を始めました。

 

衰退していく業界を活気づかせ、その技術をより多くに方に知っていただき、継承されていくことに引退されていった錺職人たちに喜んでいただきたい。

新しくこの業界に入ってくるクリエーターたちにもより多くの刺激をあたえたいと思い北海道で職人の渾身の作品たちを集めた展示会を行います。

 

しかしイベントを行うにあたって15万円が不足しています。多くの方に技術の高さを知っていただき、どうか後世に日本人にしか出来ない技術を残したいんです!

 

(職人たちの作品 こんな素晴らしい技術を日本人は失おうとしています。)

 

日本の技術の賜物「かざり職人」

 

かざり職人とは、鋳造、鍛造、彫金、象嵌、七宝などの金属加工の一方法で金属を芳(かんば)しく細工する職人さんの総称です。ここでは貴金属装身具を中心に制作されている方を指しています。イメージしやすいのはやはり必殺仕事人でしょうか。 実際に江戸期の銀細工に近い作品を作っている方もいらっしゃいます。かなり細かな作業なためこの作業は日本人にしか出来ない貴重な文化です!

 

 

安くていいものが求められる中、高価でものすごいものを作る職人がいる!

 

かざり職人は丁寧に多くの工程をかけ、日本ならではの細部絵のこだわりを保っています。多くの方が指輪は鉄を型に流し込み固めて終りと思っていませんか?職人たちはいくつもいくつも工程を繰り返して上質な作品を作り続けています。

 

 

 

かざり職人の技術を肌で体感!「職人力展 2015」

 

札幌市にある紀伊國屋書店ギャラリーにて10/3(土)より10/8(木)まで行われます。主催は札幌貴金属工芸組合で錺職人の他、彫金教室講師やジュエリー作家、彫金等を学ぶ学生で構成されています。会期中は小中学生を対象とした体験イベントも行います。

 

 

貴重な文化継承を行うのに必要な資金

 

 展示会の作品は貴金属を使用するため、その材料は高価です。錺職人、作家さんの多くは個人事業主で景気低迷もあり地金の用意が必要です。その材料費等に充てることができればと考えております。どうか温かいご支援よろしくお願いたします。

 

日本人にしか出来ないことは残していくべきだ!

 

 衰退していく業界を活気づかせ、その技術をより多くの方に知っていただき、継承されていくことに引退されていった錺職人たちに喜んでいただけるのと、新しくこの業界に入ってくるクリエーターたちにもより多くの刺激をあたえることで「ものづくり」に携わる人達にも良い影響が出てくると思います。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆ 引換券について ◇◆◇◆◇◆◇◆
ご支援いただいた皆様にはお礼に下記引換券をお送りします。

¥3,000円を支援していただいた方対象

 

■サンクスレター

■展示会のフォトブック

 

¥10,000円を支援していただいた方対象(2パターンから選択できます!)

 

■サンクスレター

■展示会のフォトブック

■小中学校対象の体験イベント「特別参加券」

 

■サンクスレター

■展示会のフォトブック

■new!シルバーツチ目リング

(※職人さんの手作り!READYFOR限定モデル!)

 

¥20,000円を支援していただいた方対象(2パターンから選択できます!)

 

■サンクスレター
■展示会のフォトブック
■new!シルバーツチ目ペアリング

※プレゼントやお揃いのリングに最適です!

 

¥15,000円を支援していただいた方対象

 

■サンクスレター

■3連のシルバーリング

 

30,000円を支援していただいた方対象

 

■サンクスレター
■3連のシルバーペアリング

※高級感のあるプレゼントやお揃いのリングに最適です!


最新の新着情報