こんにちは、浅川透です。

 

 

「『難病初心者の教科書』を全国の病院に送るプロジェクト」、どうなっているかという事で進捗をお伝えします。

 

 

電子書籍で書いていた時には、患者をサポートする方の一部の方々にお話しを聞いていました。というのも全部に聞くのは難しいと思っていたので。

 

 

今回は医療関係の方を含めて、幾つかの団体や繋がっている方を通じて多くの方に取材させていただくことが決まりました!

 

 

看護関係、医療ソーシャルワーカー、ケースワーカーなど。病院内の相談役にあたる人からもお話を伺います。

 

 

今回のプロジェクトは病院に本を寄贈するので、病院に係る団体様から協力いただけるのは本当に助かります。

 

 

患者と医療関係の方にこの本を利用していただければと思っています。

 

 

 

 

そして就労についても、知っているようで知らない難病患者の就職検討のステップをお伝えできます。

 

 

また就労関係や経済面の話でも各所で話を聞かせていただいているので、就職、仕事を継続したい方やライフプランを向上させたい方の役に立つ本になるでしょう。

 

 

あとはお話しを聞けないのは保健所の保健師さんくらいです。

(難病患者をサポートする保健所の保健士の活動に詳しい方がいたらご紹介ください)

 

 

 

 

 

難病宣告を受けたばかりの方だけでなく、難病持ちで困っている全ての方に役立つ本になりそうです。

 

出版までしばらくお待ちくださいね。

新着情報一覧へ