READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

子どものいじめを防止するワークショップをもっと広めたい

子どものいじめを防止するワークショップをもっと広めたい

支援総額

62,000

目標金額 700,000円

支援者
6人
募集終了日
2015年11月2日
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年10月18日 10:30

茨城県の小学校で「CEPいじめをやめようワークショップ」

対象は5年生50名でした。いじめについて一緒に考え、ロールプレイでコミュニケーションについて学びました。みんな元気に参加してくれました。

以下はアンケート集計の1部です。

 

Q1.あなたは誰かからいじめられたことはありますか?           A.ある 44%       ない 56%                       

Q2.その時どんな気持ちでしたか?(複数回答)               A.①いやな気持ち 64%  ②やりかえしたい 41% ③悲しい 41%   ④くやしい 36%                            ⑤その他・やめてほしい・いらつく・やだ・うざい・がっこうきたくない

  

Q3.あなたは誰かをいじめたことはありますか?

A.ある 32%       ない  68%

 

Q4.その時どんな気持ちでしたか?(複数回答)

A.①ふざけ半分 50%  ②やらなければよかった 44%          ③すっきりした 13% ④その他・イラついたからやった

 

Q5.あなたは誰かがいじめられているのを見たことはありますか?

A.ある  46%     ない  54%

 

Q6.その時どんな気持ちでしたか?(複数回答)

A.①またやってる 43% ②かわいそう 39% ③助けたい 35%     ④ばかみたい 30%  ⑤やられてる方が悪い 9%

  ⑥その他・少しおもしろいと思ってしまった・ときどきその子も悪い・こわい

  ・助けたいけど助けられない・きもい

 

アンケート結果を見るといじめた子が32%いるのですが、その内の50%はふざけ半分だったと言います。しかし、いじめられた子の約半数がいやな気持ちになり、やりかえしたいと思っていました。軽い気持ちで始めたことが相手には想像以上にダメージを与えることが分かれば、いじめを防ぐことができるのではないでしょうか。全国調査ではいじめが一番多いのは中学1年生で、小学生より深刻化します。学校でもっと予防教育を実施したいのですが、学校側には私たちのような外部講師を呼ぶための予算がありません。無料ならやりたいという中学校もありますので、実施するために皆様のご支援をよろしくお願いします。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

◎サンクスレター
◎パンフレット

支援者
3人
在庫数
制限なし

10,000

A592d04b93936e632236b8902038e7f194587e6e

◎サンクスレター
◎パンフレット
◎活動報告書
◎授業で子どもに配るいじめ防止䛾カード 10 種類小学生用・中学生用

支援者
2人
在庫数
制限なし

30,000

alt

◎サンクスレター
◎パンフレット
◎活動報告書
◎授業で子どもに配るいじめ防止䛾カード 10 種類小学生用・中学生用
◎ワークショップに見学できる権利

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする