READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

子どものいじめを防止するワークショップをもっと広めたい

高橋真佐美

高橋真佐美

子どものいじめを防止するワークショップをもっと広めたい
支援総額
62,000

目標 700,000円

支援者
6人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2015年10月19日 11:18

同日の午後も茨城県の別の小学校で出前授業をしました

プログラムは「CEPいじめをやめようワークショップ」対象は5年生65人でした

以下は参加した子どものアンケート結果の一部です

Q.いじめのないクラスにするにはどうすればいいでしょうか?

A.

・自己中にならないように自分をコントロールしたり、1人1人のいじめについての「いしき」を高める。そうすればいじめのないクラスになると思う

・1人1人が自分に対してきびしくすればいいと思います。あいてにちょっかいをださない。自分がされていやなことを相手にしない

・もう一度自分を見直してもらい、もう二度といじめをしないと心からちかってもらう。もしいじめをしていたら、その人に「自分がやられたらどう」?と聞きわかってもらう

・先生がいじめのこわさをみんなに教える

・みんなでいじめについて考える機会をきちんととる

・注意したり注意されたり、おたがいまなんでいけばいい。もしそれでもだめだったら、先生に相談します

・自分からいじめをしないようにする。自分が自分とたたかえばいいと思う

・自分の気持ちをしっかり言う。そうぞうする(自分はなぜやってるか、やっていいことなのか、自分がやられたらどうなるか)などなど。はんだんする(あそびといじめのくべつをする)

・たとえきらいな人がいてもいじめずに、いやなことを正直に話す。いじめている人や自分がいじめられたら先生や友達など、だれかに相談し、エスカレートしないようにする

・人のいやなことはやらないで、人の役に立つことをする方がいい

・みんながみんなをみとめ合えばいいと思う

・みんなが1人でもいやな人がいても相手のことを認める。悪いことは悪い、良いことは続ける。このようなけじめを持つことだと思います

・おたがいにキズナを深めいじめられている人を助ける

 

 

子どもたちは真剣に授業に参加し、いじめのことをよく考えてくれました。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

◎サンクスレター
◎パンフレット

支援者
3人
在庫数
制限なし

10,000

A592d04b93936e632236b8902038e7f194587e6e

◎サンクスレター
◎パンフレット
◎活動報告書
◎授業で子どもに配るいじめ防止䛾カード 10 種類小学生用・中学生用

支援者
2人
在庫数
制限なし

30,000

◎サンクスレター
◎パンフレット
◎活動報告書
◎授業で子どもに配るいじめ防止䛾カード 10 種類小学生用・中学生用
◎ワークショップに見学できる権利

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする