READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。

jean1949paul

jean1949paul

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 1,100,000円

0%
支援者
0人
残り
23日

最初の支援者になりませんか?

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
2021年03月07日 08:54

下の抜粋。その11。『陽大の出生』

―俺は爺さんの語りを聞く度に不思議な気分に包まれた。
 爺さんにはルーツを記憶している誇りが在った。
 高祖父の榊長左衛門と俺は血が繋がっていない。
 爺さんとも繋がっていない。
 榊家のルーツは俺のルーツでは無い。
 俺は俺のルーツを知らない。
 知らなくとも今は榊家の長男として大切に育てられている。
 榊家のルーツに接する度に俺のルーツを知りたくなる。
 それは叶わない。
 俺にはルーツと結びついたIdentityが欠落している。
 だからどうだって言うんだ。
 過去よりも今だ。
 今が無ければ未来は無い。
 ルーツを知らなくても生きてゆける。
 けれど何かが欠落している。
 その欠落が妙な不思議感になる。
 こんな感覚を誰にも伝えられない。
 爺さんにも婆ちゃんにも父さんにも母さんにも。
 みんなを不安にさせてしまう。                               
 俺は吉岡園長を訪ねた。
「今日来たことは家族に内緒にして欲しい。俺が捨て子だったと小っちゃい頃
から気づいていた。両親を指導員の先生や職員に尋ねても誰も知らないからだ。園長先生が俺と養子縁組してくれて俺には戸籍ができた。そして今は榊家の長男になった。何ひとつ不自由が無い生活を送っている。大切にされている。時として捨て子だったことを忘れてしまう。でも時折何かの拍子で思い出す。だから今日園長先生に会いに来た。俺は何処でどのようにして捨てられていたのか…。捨てた両親は誰なのか…。それを知りたい。教えて下さい」

 

「家族に内緒は心得た。陽大が何時か訪ねて来ると思っていた。尤もな疑問だ。陽大にとっての過去は小三までとそれ以降でしかない。問題は小三以前だ。それも出生の時だ。両親の存在は本当に誰も知らないんだ。陽大はこの施設の玄関に置かれていたんだ。クリスマスイヴの夜に置かれていた。母親が書き残したと思われるメモが籠の中に在った。『この子をお願いします。生後二週間です。私は会津の生まれです。申し訳ありません』。私は両親を秘かに探した。施設には沢山の大人が居る。陽大をしっかりと育てようと大人たちは誓った。今と違って監視カメラが備えられていなかった時代だ。映像に記録されているものは何ひとつ無い。手掛かりは会津だけ。これだけでは追跡できない。母子手帳の控え。出生届も職権で調べた。会津出身者の戸籍も可能な限り当たった。しかし何も出て来なかった。せめて名前だけでも判明していれば…。実は私も会津出身者の子孫。君のお母さんは私が会津出身者と知っていたと思う。それを頼りにした。私を会津出身者と知っている知人縁者友人を片っ端に当った。その中に出産した女性は居なかった。そして会津の縁が在って榊さんと出会った。私が陽大に伝えられるのはこれがすべてなんだ」

 

「そうですか。クリスマスイヴの夜だったんだ。俺の誕生日は十二月一〇日。
それが不思議だった。それが今日分かった。園長先生。ありがとうございます。来て良かった。爺さんが榊家のルーツを俺に語った意味も分かりました。俺も会津と無縁では無かったんだ。骨を折ってくれたんですね。感謝します」

「榊家とは古い付き合いなんだ。私は山鼻屯田兵の四代目。もう一四〇年以上
の付き合いだ。安心して榊さんにお任せできるから…」

 

「婆ちゃんから…過去を恨んだり、呪ったりしてはイケナイ。恨んだり、呪っ
たりしたなら、それだけの人生しか送れない。前を向けなくなる…と言われて
います。俺はそれを座右の銘に据えています。だから俺は大丈夫」―

 

 これは教科書への書き込みでは無い。陽大の評伝だ。陽大の文は流れが良い。淀みがないから読み易い。読み易いと内容に惹きつけられる。でもこの書き込みは読み手を意識していない。自分だけに自分に向けて書いている。
 書き出しの西南戦争から何と云う展開。

 

…『強烈』を超えてしまった。想定していなかった『圧巻』…

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
下の抜粋。その10。『山鼻屯田兵榊長左衛門の西南戦争』下の抜粋。その12。『美子の決心』
一覧に戻る

リターン

5,000

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

10,000

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』(圧縮ワープロ原稿)を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

15,000

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』をワープロ圧縮原稿を添付メールで送信します。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する

20,000

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。次に『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』『』アンダルシアの木洩れ日』のワープロ圧縮原稿を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送完了予定月
2021年7月
このリターンを購入する
プロジェクトの相談をする