READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。

jean1949paul

jean1949paul

小説好きのあなたに未発表の作品を届けたい。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

支援総額

0

目標金額 1,100,000円

0%
支援者
0人
残り
26日

最初の支援者になりませんか?

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は5月10日(月)午後11:00までです。

0お気に入り登録
0人がお気に入りしています
2021年03月23日 06:04

(上)『ホタテと瓢箪』。その7。「トラウマ」

「辞めてどうする…」
「何も決めていない。ひとつだけ在るのはわたしには何も無いかも知れないけれど自分の可能性を掴みたい。教師は自分で選んだ途では無かったから。家族に心配かけたくなかったのとわたしも安心が欲しかったから。父が亡くなった今はもう安心は要らないから…」
「だったら旅だな。数え切れないほどの発見が待っている」
「それも在りだよね。外国を巡ってみよかなとぼんやり想っていた。アメリカにしようかヨーロッパに行こうかと…」
 この時男湯の脱衣場で物音。わたしは急いで岩を上った。
 部屋に戻るとReiはビールを美味しそうに飲んで居た。
 わたしは冷蔵庫から『箱根牛乳』。
「俺が想うにヨーロッパが好きならスペイン。アメリカが好きならキューバだよ」
「えっ。ヨーロッパが好きならスペインは何となく分かる。でもアメリカが好きならキューバは意味不明。なぜ。どうして…」                          
「それは謎にしておきましょう」
 食事が運ばれて来た。
 Reiは『?』に憑りつかれてしまったわたしのグラスにシードルに注いで「どちらも行ってみなければ分からない」とニヤッ。
 こうしてわたしのスペイン行きは決まった。スペインには他にも訳が在った。卒論は『Sketch of Spain』。副題が『スペインの伝統音楽のルーツ』。スペイン語をまったく話せない。スペインにも行ったこと無し。なのに『スペインの伝統音楽のルーツ』と立派な尤もらしい副題の卒論を書こうと決めたのはフラメンコに魅せられていたからだった。情熱の十二拍子は世界の何処にも無い。もちろん日本にも無い。それとカスタネットの連打から始まるマイルスディビスの『Sketch of Spain』に心を奪われていたのも誘因。
 スペインを訪れたマイルスディビス。わたしも訪れスペインの心象を宿すならマイルスディヴスと同じ景色を眺められるに違いない。わたしもマイルスディビスも『アランフェス協奏曲』の下部。同じ一味。勝手にそう想った。何時も勝手がわたしを決めてしまう。
 卒論はまとまりが欠けた想いだけの論文になってしまった。論文としてもまったく成立していない。卒論のリベンジは常に片隅に在った。尤もらしい副題は飾りでは無いのだ。民族音楽を専攻した責任をわたしは果たしていない。わたしの遣り残した宿題のひとつがスペインだった。それが胸に閊えていた。
 ハッキリした。Reiはわたしとの未来を考えていない。ひと欠片も想い描いていない。Reiはその時が楽しければ充分なのだ。Reiの今は逢瀬を楽しむ時では無いのだ。そしてわたしだけでは無くオナゴとの明日もまったく考えていないと。もちろん子供をもうけるなどはもってのほか。歩んできた路に導かれ促されたReiの仮説。それを信じ力を尽くしてきた現在にReiはオトシマエをつけようとしているのだ。悦ばしい結果など在りはしないのに。わたしを抱えられないほどReiは追い込まれている。わたしを遠ざけたReiの挙動がすべてを物語っている。独りでは無いのに…。
 わたしと云えばReiとの浮いた時間を再現したくてそこからReiとの明日を確かめたいと願っていた。立つ位置が違い過ぎた。ようやくReiがわたしから遠のいた。遠のいたと云ってもすっかり離れたのでは無かった。遠のくとはわたしの想いが叶わないと思い知っただけ。離れてくれなかったのが「安定と興奮が欲しいんじゃない」。わたしはわたしでこれからを探し見つけ出し進んで行かなければならない。自分の根拠地を独りで創り上げなければReiへの見返しは意気込みだけの空振りに終わってしまう。そう力んでもわたしには何ひとつ手立てが無い。Reiに捨てられた自覚と先が見えない今にわたし
は途方に暮れた。
 途方に暮れても不可解が渦巻いた。Reiの単独者志向は無茶で無謀。それに気づかないほどReiは愚かでは無い。それでも破綻が決定的になるまで今を続けようとする意志とオナゴを寄せ付けない単独者は如何にして造られたのか…‼…。これは尋常では無い。異常を形成するには訳が在る。それは何か…‼…。これが分かるならReiが分かる。分かるならわたしの傷も少しは癒える。癒えてもわたしに光は差し込まないのに…。
 わたしはわたしで進んで行かなければならないのだ。Reiの存在が小さくなっても、わたしのこれからにReiは無縁、と言い聞かせてもトラウマは消えてくれなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
(上)『ホタテと瓢箪』の抜粋。その6。「決心」(上)『ホタテと瓢箪』。その8。「ジャック白井」
一覧に戻る

リターン

5,000

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

応援してくれた方には直ちに感謝のメールを送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。

支援者
0人
在庫数
200
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

10,000

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

10000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせてもらいます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』(圧縮ワープロ原稿)を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

15,000

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

15000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから』の書籍を郵送します。それと拙著の『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』をワープロ圧縮原稿を添付メールで送信します。

支援者
0人
在庫数
200
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する

20,000

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

20000円の方へ。御礼と感謝のメールを直ちに送らせて頂きます。

『どうせ死ぬなら恋してから(上)(下)』の書籍を郵送します。次に『未来探検隊』『スパニッシュダンス(上)(下)』『』アンダルシアの木洩れ日』のワープロ圧縮原稿を添付メールで送ります。

支援者
0人
在庫数
200
発送予定
2021年7月
このリターンを購入する
プロジェクトの相談をする