READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

走る事で日本と台湾の友好を深化させたい

関家良一

関家良一

走る事で日本と台湾の友好を深化させたい

支援総額

210,000

目標金額 200,000円

支援者
21人
募集終了日
2021年2月25日
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
2021年02月01日 21:02

資金が集まらなかったらどうするの?

「今回のクラウド・ファンディングで資金が集まらなかったらどうするの?」と、よく聞かれるのですが、答えは「一人で走ります」という事です。
元々この距離走を思いついた時、最初はリュック1つで、一人でやるつもりでした。
しかしその時に思い出したのが2012年の台湾一周の事です。
実はあの時も初めはリュック1つで走るつもりでした。
しかしその事を台湾の友人数人に伝えたところ「俺たちが全部やるから、身体1つで来てくれ」という返事でした。
実際に現地に行くと、サポートカーとスタッフ4名が13日間ボランティアで同行して下さり、私自身は余計な事は考えずに「感謝の気持ちを伝えるため」の走りに専念できたのです。
その様子をスタッフが撮影し、ネット配信され、新聞やテレビにも取り上げられ、台湾Yahooのトップニュースになるような大イベントにまで発展しました。
そして関心を持ったたくさんの方がTシャツなどを購入して下さり、その売上金やスポンサー企業からの寄付金を合わせて約60万円が集まり、義捐金として日本交流協会を通じて被災地へ寄付する事ができました。

 

もしも最初の発想通り、リュック1つで台湾を走っていたら…

 

もちろんその思いは私の友人を通してある程度は伝えられたかもしれませんが、より多くの人の目に触れて、義捐金が集まるような大事にはならなかったでしょう。
ただ、台湾の方々が全面的に協力してくれたのも、私の思いを汲んで下さったからであり、この時に「ランニングには何かを伝える、何かを変える、何かを動かす力があるのだ」と初めて教えられた気がしました。
今回クラウド・ファンディングで集める資金の大部分はサポートカー(レンタカー代、ガソリン代など)とネット配信、動画、画像の撮影等に掛かる費用に宛てられます。そして、私の思いに賛同してくれた友人がサポートカーに乗り、80時間支援してくれる予定です。
従って、資金が集まらずに一人で走る場合、伝えられる情報はかなり限られてしまいますが、少なくとも気持ちだけは伝えられると信じて臨みます。

 

 

2012年の台湾一周の話を一冊の本にまとめました
 

私と台湾の繋がり②私と台湾の繋がり③
一覧に戻る

リターン

5,000

alt

今回の活動報告DVD

写真や映像を含めて、私自身が活動の内容をお話しするDVDを作成する予定です。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年5月

10,000

alt

今回の活動報告DVD + 2012年台湾一周の活動報告DVD

写真や映像を含めて、私自身が今回の活動の内容をお話しするDVDを作成する予定です。
また東日本大震災に際し多くの支援を下さった台湾へ、感謝の気持ちを伝えるために催した2012年の台湾一周1100kmの活動報告を写真や映像を含めて私自身が語るDVDもお送りします。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年5月

15,000

alt

今回の活動報告DVD + 2012年台湾一周の活報告DVD + 2014年広島-長崎423kmピースランの活動報告DVD

写真や映像を含めて、私自身が今回の活動の内容をお話しするDVDを作成する予定です。
また東日本大震災に際し多くの支援を下さった台湾へ、感謝の気持ちを伝えるために催した2012年の台湾一周1100kmの活動報告を写真や映像を含めて私自身が語るDVDもお送りします。
また、2014年8月6日から9日に掛けて、広島-長崎423kmを完走した時の活動報告を写真や映像を含めて私自身が語るDVDもお送りします。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年5月
プロジェクトの相談をする