READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

走る事で日本と台湾の友好を深化させたい

関家良一

関家良一

走る事で日本と台湾の友好を深化させたい

支援総額

210,000

目標金額 200,000円

支援者
21人
募集終了日
2021年2月25日
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
2021年02月02日 21:34

私と台湾の繋がり③

中国時報2003年3月8日付

 

私が台湾に行く際、挨拶のように交わされるのがこの「関家ポーズ」ですが、このポーズの起源となったのが、実は2002年東呉国際ウルトラマラソンでした。
この大会では各選手に一人、周回をカウントするボランティアが付くのですが、選手が通過するのを見逃してしまい、カウントされない事が稀にあるので、私はカウンターを通過する度に、チェックのつもりでこのポーズを繰り返していました。
ところがレースの終盤、私のアジア記録更新に向けて会場全体が盛り上がってくると、私がチェックする前に、逆にカウンターの方がこのポーズを私に送るようになったのです。
この時にこのポーズは、「確認のポーズ」から「挨拶のポーズ」へと変わりました。
結果的に記録も更新できたので、レース後はお祝いムードだったのですが、私が病院に運ばれてしまったので、カウンターの皆さん、そして他にもお世話になったボランティアの方々との交流の時間も無くなり、残念に思っていました。。
多くの皆さんに心配をお掛けしたのが心残りだったので、翌年に参加した際には「関家は元気に帰ってきたぞ」という事をアピールしたくて、大袈裟にこのポーズを繰り返しました。
それがメディアにも取り上げられ、このように新聞にも大きく載った事で、この何でも無いポーズが「関家ポーズ」として認識されるようになったのです。
このポーズには他に「関家良一」の「一」、「一番になるぞ」の「一」の意味、そして「皆の心は一つ」の「一」の意味も含まれており、今後も皆さんとのコミュニケーションの道具として大事にしていきたいと思っています。

 

関家ポーズの起源について、youtubeで語っています
 

資金が集まらなかったらどうするの?私と台湾の繋がり④
一覧に戻る

リターン

5,000

alt

今回の活動報告DVD

写真や映像を含めて、私自身が活動の内容をお話しするDVDを作成する予定です。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

10,000

alt

今回の活動報告DVD + 2012年台湾一周の活動報告DVD

写真や映像を含めて、私自身が今回の活動の内容をお話しするDVDを作成する予定です。
また東日本大震災に際し多くの支援を下さった台湾へ、感謝の気持ちを伝えるために催した2012年の台湾一周1100kmの活動報告を写真や映像を含めて私自身が語るDVDもお送りします。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月

15,000

alt

今回の活動報告DVD + 2012年台湾一周の活報告DVD + 2014年広島-長崎423kmピースランの活動報告DVD

写真や映像を含めて、私自身が今回の活動の内容をお話しするDVDを作成する予定です。
また東日本大震災に際し多くの支援を下さった台湾へ、感謝の気持ちを伝えるために催した2012年の台湾一周1100kmの活動報告を写真や映像を含めて私自身が語るDVDもお送りします。
また、2014年8月6日から9日に掛けて、広島-長崎423kmを完走した時の活動報告を写真や映像を含めて私自身が語るDVDもお送りします。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
プロジェクトの相談をする