10月1日・2日に帝国ホテル孔雀の間で行われた朝日地球環境フォーラムにて、2日目朝の枠で『有明をわたる翼』の朗読版を上演しました。

 

この朗読版は、地方巡業もしやすくなるように2014年に作ったもので、上演時間は1時間、読み手は男女1名ずつ、器楽奏者と歌手1名ずつが出演します。

 

読み手:渡辺英雄、野崎美子

演奏:芳賀一之

歌:田中俊太郎

脚本:飯島明子・堀良一・野崎美子

演出・作詞:野崎美子

作曲:芳賀一之

 

朝早くから、また交通機関が止まったりする中で、300名のお客様にご来場いただき、一同深く感謝しております。

終演後、私の近くに座っていたお客様お二人が「良かったわねえ!」と言ってくださっていたこと。

12月19日の福岡公演での歌手、加耒徹さんを紹介してくれた友人が来て「すごかった!これ、広めないとね!」と泣きながらハグしてくれたこと。

10月1日夜のリハーサルで野崎さんの無茶振りにすごいクオリティで応えて下さったスタッフの皆さんのこと。

忘れがたい体験でした。

 

そしてここから、12月19日の福岡公演に向けて「演劇企画フライウェイ」は羽ばたきます。

「さあ、出発だ!」

 

 

新着情報一覧へ