なぜ墓場暮らしのハニーちゃんを特別に大事にするのか、という質問への回答です。
フィリピンのような途上国では、身障者は社会的にネグレクトされ、さらに赤貧の生まれとなると、ふつうの職業に就ける可能性はかぎりなくゼロに近いです。このままではハニーちゃん一家、末代まで社会的に浮かび上がること、無理でしょう。唯一、運命を変える方法、それは教育なのです。高等教育さえあれば、すごく優秀であれば、社会の階段を上る可能性、大きいようです。
よって、多重苦をかかえるハニーちゃんのケースは、我がファンデーションにとって試金石なのでしょう。将来に希望も持てない境遇の子供に教育の機会を与え、それに続く子供がどんどん現れてくれることが、我々の願いです。つまりハニーちゃんをえこひいきしているわけではありません。

 

新着情報一覧へ