ハニーちゃん宣言です。
「必ずや学年でトップになります! 大学に行きたいから。サンドロを見習います」


サンドロというのは身体的に障害のある奨学生です。奨学生になるまで家庭内遺棄児童で、未就学だったので、16才ですが、まだ小学校の4年生です。
成績はずっとビリケツ、が、励まし続けたところ、徐々にアップして中位に、そして直近、ついに上位クラスに食いこんできました。
で、サンドロ、「必ずや学年でトップになって見せます」と力強いお言葉を。


顔見知りのハニー、同じ身障者仲間として、サンドロに負けてなるものか、というわけです。祝祝祝祝! 頑張って!

写真は、住まいの墓場で踊るハニーちゃん、そしてサンドロです。

 

 

新着情報一覧へ