READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

シリア難民を支援し続ける団体に、車の購入資金を送りたい!

シリア難民を支援し続ける団体に、車の購入資金を送りたい!

支援総額

510,000

目標金額 450,000円

支援者
62人
募集終了日
2016年3月31日
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2016年03月15日 09:53

「東アンマンでの家庭訪問」報告

みなさま、こんにちは!今回は、サダーカが支援している東アンマンの家庭訪問記録を送ります。時点は2015年11月時点ですが、このご家庭は以前もご訪問をさせていただいていて、大変困窮していました。どうしているか、再度訪ねてみました。

 

アブ・ラビーアさん宅

 

前回「毎日何をしているの?」と聞いたら「神様に何かすることをくださいと祈っているのさ」と答えたアブ・ラビーアさん。その皮肉な回答に、心が痛くなった。どうしているか、1年ぶりに訪ねてみた。

 

会った瞬間に、彼の穏やかな顔から、今の生活が前より落ち着いていることが分かった。彼の生活の大変さは前から変わっていないが、今はコーランを家で教える活動をしているという。彼の子どもたちや親せきの子ども、シリア人の子どもだけではなく、近所のヨルダン人の子どもも分け隔てなく教えているという。これによって得られる収入はないが、近所の人たちの助けでなんとかやっているという。コーランを教えて近所と良い関係を築いているから何かと助けてもらえるようになっているのだろうか。一緒に同行してくれたシリア人女性によると「コーランを教えること」はアラブ社会においては大変良いこと(徳のあること?)であると言っていた。仕事は「たまに見つかる程度」らしいが「どうしよう、本当に困ったと思った時には誰かが必ず助けてくれるものさ」と言っていた。

 

子ども一人は今年から小学校に入る予定だったが、登録上の間違いで、いきなり2年生から始めることになってしまったらしい。ヨルダンの学校はすでにヨルダン人とシリア人でいっぱいであり、今年の1年生は入れない生徒もいるらしい、という情報を得ていたので、良かったね、と話をしていた。家でコーランなどをしっかり勉強していたこともあり、2年生からでも問題なく勉強をしているらしい。男の子の子どもの多いこの家庭の為に、子ども服をいくつかおいてきた。

完ぺきではないとしてもアンマンに居場所を見つけて何とか頑張っているアブ・ラビーアさん。1年前に訪れた際にはとても悲壮感が漂っていて家を後にするのが辛かったが、今回は、シリアに帰れる日まで何とか頑張って!と思いながら家を後にした。

一覧に戻る

リターン

3,000

83c6b3298ba18e196dcbbc73ee4861419bdb7718

THANKS LETTER

■心からの感謝の気持ちを、日本語とアラビア語でしたためて、お礼のお手紙を差し上げます。

支援者
37人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

10,000

A2f1b957ad247e73bec92221cddba4d9fa1470e6

スカーフ

3,000円に加えて、
■イスラームの女性がスカーフをまとうのは有名です。感謝の気持ちを込めてスカーフをお送りします。
*デザインなどはお任せください。

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

30,000

39a9ebc6a219d6545467a37b46566ef99205df55

イスラームの国に繋がる小物とお菓子

10,000円に加えて、
■イスラームに繋がる国は世界中にあります。そんな国々の小物とハラールのお菓子やお茶を、感謝の気持ちとともにお届けします。
(種類や内容については、お任せください。)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

50,000

2f1816f1e0996b63a8cb4aa35b26edc0143419f6

マット(約72cm×108cm)

30000円に加えて、
■色とりどりのマットはイスラーム諸国でも有名です。感謝の気持ちを込めて、礼拝マットをお送りします。
*デザインなどはお任せください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年5月

プロジェクトの相談をする