READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

腎不全(腎臓がんの疑い)のモフを助けてください。

mofutan_0303

mofutan_0303

腎不全(腎臓がんの疑い)のモフを助けてください。

支援総額

520,500

目標金額 250,000円

支援者
159人
募集終了日
2022年3月19日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

 

 

 

 

 

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

 

 

無事に達成することが出来ました!

 

2月25日に無事、皆様のお力の輪が1つになり

250,000円まで達成することが出来ました。

 

皆様の温かいご支援と応援と

お力添えのおかげです(* ᴗ͈ˬᴗ͈)”

 

これまでSNSで沢山ご支援の御協力して

下さった方やアドバイスをして下さった方

活動を応援して下さった方々には、

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいで

頭が上がりません…!!!

 

確定している250,000円に関しましては

大切に大切にモフの為に使わさせて頂きます!

 

 

ネクストゴール挑戦させて頂きます!

 

突然で申し訳ございません。

ネクストゴールはやるべきなのかたくさん悩みましたが、フォロワー様達から背中を押していただき、恐縮ながら期限最後までご支援を募らせて頂こうと決心致しました。

 

ネクストゴールの資金使途

 

モフの通院・治療について

 

まだ通院治療等(レントゲン検査、超音波検査、血液検査、造血剤、投薬(3種類)、シリンジ、療法食(ウェット、パウチ、カリカリ)、皮下点滴)

 

年間60万〜80万費用がかかってしまいます。

 

(1回の通院に1.5万〜3万円かかります)

 

今後体調が改善されていけば、

腎臓癌の精密検査をし次のステップに進み

また治療内容が増えていきます。

 

保険も効かない為、今後入院になることが

あれば更に費用はかかってしまいます。

 

モフ貯金も約50万円ほどを

入院費、治療費に充て工面していたため

底を尽き現在厳しい状況です。

 

 

ネクストゴール目標金額

 

+250,000円 (第1目標と合わせて500,000円)

 

手数料12%(30,000円)+税10%(3,000円)

 

=33,000円

 

受け取り金額は217,000円になります。

 

 

本来なら自分達で工面しなければならないですが入院費、治療費が高額なためモフ貯金も底を尽きモフは保険も効かないので大変厳しい状況です。

 

まだ発作や体調不良の波があり

不安でいっぱいな毎日ですが、

モフを助けたい、元気になってほしい、

 

まだ…これからも抱きしめたい。

まだまだ…ずーっと一緒にいたい

 

という気持ちは変わりません。

 

モフは大切な大事なかけがえのない家族です。

 

たくさんの病気と戦い、奇跡を起こし強く

生きているモフを救いたいです。

 

恐縮ですが、引き続き皆様のお力を

お貸しいただけないでしょうか。

 

ご支援頂いた資金は全て、モフの

治療費、通院費、投薬、療法食に

大切に大切に使わさせていただきます。

 

 

現在時点でのかかった入院・通院費

367,310円 (11月9日〜2月28日現在)

 

療法食

・ヒルズ k/d腎臓ケア ×3 (1つ1,300円)

3,900円 (2月28日現在)

 

ロイヤルカナン腎臓パウチ ×60 (1つ190円)

11,400円 (2月28日現在)

 

はごろも 無一物 鶏むね肉 ×30 (1つ90円)

2,700円 (2月28日現在)

 

 

私達も引き続きモフと寄り添い

頑張って戦い抜きますので、

今後とも応援をよろしくお願い申し上げます。

 

 

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

 

 

 

 

 

 

▼自己紹介

 

はじめまして、モフの飼い主の

藤生と申します。

 

この度は数ある中からアクセスして頂き、

ありがとうございます。

 

初めてのクラウドファンディングで

色々と至らぬ点があるかと思いますが、

よろしくお願いいたします。

 

また、団体でもなく個人のペットの

ご支援として大変恐縮ですか皆様のご支援と

お力をお貸しいただけますと幸いです。

 

▼モフの自己紹介

 

名前:モフ

性別:女の子

年齢:8歳

種類:ノルウェージャンフォレストキャット

 

生後2ヶ月の時に我が家に来ました。

とても甘えん坊でやんちゃな超絶可愛い女の子です。

 

私にとってモフが初めてのペットです。

 

 

寝顔もキュートなモフ。

家の中のどんな所へも着いてきて

歳をとった今でもお腹を見せ甘えてきます。

それが可愛すぎてなんとも言えません。

 

 

 

✍️プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

8歳まで病気知らずだったモフに

病気が発覚したきっかけ。

 

2021年の後半あたりからモフが痩せたような気がしていました。でもよく食べるしよく遊ぶし

気のせいだろう、とその時は思っていました。

 

私が下の子を出産したのもあり、日に日に重くなっていく子供を抱っこしていたからモフが軽く感じるんだと思っていました。

 

違和感を感じ始めたのは

11月入ったあたりのことでした。

 

飼い主の私たちが出先から帰宅すると、

モフは必ず何年も前からお出迎えしてくれていたのにこの頃は全くお出迎えが無くなっていました。

 

日中も普段隠れないような場所で

寝ていることも増えていました。

 

それでも11月6日あたりまでは、

走り回って遊んだりよくご飯も食べてました。

 

11月6~8日

なぜか玄関の隅っこに1日中座っていて、寂しいのかと思い何回かリビングに連れ戻していました。(心なしか、元気が無いように見えた)

 

11月9日

モフが中々1階に降りてこなかったので

子育てや家事の合間に何回か2階へ行きモフの様子を伺い、その都度撫でたり話しかけたりしてました。

 

夜、主人が帰宅し私が

「モフが、ずっと上にいるから連れてきて」

と言い1階に連れてきてもらいましたが、

ご飯も食べず水も飲まない、チュールも見向きもせず、ふらつきも見られ(無知だった為、骨折かと疑いました)トイレも1回もしていないこと、嘔吐も2~3回していることに気づき、さすがに不審に思い病院へ連れて行くことになりました。

 

▼病院についてから

 

 

(※ページの最後に動画もございます。)

 

 

✍️11月9日(火) 夜

病院に到着すると暴れる様子もなく診察を受けていました。所見からするとかなりの「脱水症状」「虚脱感」 でかなりしんどそうでぐったりしているとのことでした。

 

 

原因を調べるため、血液検査を受け15分程、待合室で待っているとあたふたと先生が小走りで「あとで詳しくお話をしますが、血液検査の結果かなり深刻です。とりあえず取り急ぎもう少し原因を突き止めるため、エコー検査とレントゲンを撮らせていただいてもよろしいですか」と言われお願いしました。

 

 

この時、頭の中が真っ白になりモフを失う恐怖と不安と今までのことを振り返り、「あれのせいかな、これのせいかな」と「もっと早く病院連れて行ってたら…」と色んなことがよぎり涙が止まらなくなりました。

 

 

 

 

検索結果は腎臓の数値が通常30のところ200overという数値になり機械では測れないほどの強い腎不全の症状と診断されました。

結石もあり、結石が原因かと疑われましたがレントゲンでの所見ではそうではないということです。

おそらく元々先天性的に腎臓の構造が変化していたかもしくは腫瘍かという所見でした。

さらに、多臓器不全で肝臓の数値も悪くなっていました。

 

 

診断された病名

「腎不全」「多臓器不全(肝臓)」「膀胱炎」

「尿毒症」「結石」「糖尿病(おそらく)」

「貧血」「腎臓がん(おそらく)」

 

※腎臓がん確定については

貧血や体調が改善されてからではないと

検査出来ないということです。

 

 

この日は注射・点滴で回復の見込みがあるかを確認する為、入院の方向に決まり、不安が募るままモフを先生に託し祈り続け、帰宅しました。

 

 

11月9日の記録

 

 

 

 

 

 

✍️11月10日(水) 夜

病院からお電話がありました。

朝と夕方に血液検査をしたところ通常の猫ちゃんは1日点滴や注射をした場合徐々に数値や見た目の変化で回復する子が多いのですが残念ながらモフの場合、回復の見込みがなく数値も下がらないためモフを連れて帰り最期を看取るか、もしくはもって明日、明後日までの命の可能性が高く病院で息を引き取るかもしれないのでそのまま病院でお別れをするかの選択を迫られました。

 

 

ある、言葉を思い出しました。

 

あなたは、愛猫に1日でも

長く生きて欲しいと願うでしょうか。

 

それとも、苦痛から早く

解放させてあげたいでしょうか。

 

沢山悩みました。

生存確率20%以下といわれた命。

ですが、正直まだ入院初日で諦めたくなかったのが本音です。飼い主のエゴ、都合の良い判断だと思う方がいるかもしれませんがそれは重々承知しております。

 

モフとまだ一緒にいたい。

少しでも気持ち悪いのを

辛いのを取り除きながら

最期を一緒に過ごしたい。

 

もちろん治療もモフ自身に負担があることは

分かっています。

 

それでも奇跡が起きることを信じて。

 

「もう少し入院させてください。」

 

と伝えお願いしました。

 

家族みんなで神様に祈ること

しか出来なかったです。

 

 

✍️11月11日(木)昼

病院からお電話がありました。

病院からの着信が鳴り緊張が走りました。

 

しかし、この日は、幸いにも

改善点がいくつかありました。

 

腎臓の数値はあまり変わらないですが、

自力で立てるようになったのと

自力でお水が飲めるようになったのと

 

たったこれだけでも

ほっとして涙が止まりませんでした。

 

モフすごいなぁ…(>︿<。)

頑張ってるなぁ…(>︿<。)

 

早く会いたくて堪りませんでした。

 

 

✍️11月12日(金)

病院からお電話がありました。

 

血液検査の結果状況的には

変わっていないと仰っていました。

 

ですが、集中治療室の中で

モゴモゴと動いたり起き上がったり

水を飲んだり病院の方々たちに怒る元気(申し訳ないです(--;))が出てきたようでした。

 

さらに、尿毒素の量が少し下がってきて

初日の血液検査で200overだったのが

189まで下がってくれたみたいです…!

 

腎臓の数値も少しずつ下がって来たみたいです。

 

それでもまだまだ油断は出来ない数値ですが

少しずつ希望は見えてきたと仰って頂きました。

 

モフ頑張れ頑張れ‼️

早く会いたい!!

 

 

✍️11月13日(土)昼

病院からお電話がありました。

 

状況自体はそこまで変化がないですが、

本日も昨日より、血液検査の結果数値が

下がってきていて良い傾向と仰っていました。

 

ですが、入院してからご飯は傍に置いてあるものの、1度も食事ができない状況のため経鼻栄養(鼻に管を入れる)に切り替えるとのことでした。

 

 

明日、面会が出来る!

モフにやっと会える!

 

 

✍️11月14日(日)

 

この日はやっとモフに会えました。

 

 

 

(※ページの最後に動画もございます。)

 

 

 

モフの様子

 

モフが集中治療室の外から見えた瞬間は横たわって昼寝中でしたが私たちが「モフっ!」と呼んだ瞬間、筋力が落ちふらつきながらも立ち上がり凄く甘えてきました😭

 

 

ご飯もひと口も食べれない状況だったのですが、カリカリを手に乗せてあげてみると2~3口ほど食べてくれました。

 

入院生活5~6日目にして

初めてのご飯でした。

 

先生も驚き、「これはすごいことですよ✨」と仰ってくださいました。

 

その場でお水を飲んでるのも披露してくれて

奇跡の回復して来ているんだと実感しました。

 

そして今後について話し合いました。

 

少しずつですが、数値の改善傾向が良いので

あと1週間入院をお願いをし、

ご飯を食べられるようになれれば

一時退院という形で話は決まりました。

 

 

11月14日の記録

 

貧血の数値

 

 

 

尿毒素の数値

 

腎臓の数値

 

これまでの見積書

 

✍️11月15日(月) 面会

 

昨日の食事から食欲があがり

面会室に入った時には既にモリモリ食べている最中でした😊

 

こちらをチラチラみながら

お構い無しに食べてました✨

 

沢山食べて満足気なモフ

 

 

 

✍️11月21日 そして退院の日

 

食欲も戻り、ふらつきもあり貧血もあり

まだ本調子ではありませんが、

一時退院ができることに。

 

 

先生から

「正直、入院してきたモフちゃんを見た時と

比べると信じられないです。奇跡と言ってもいいです。あの時、諦めなかったご主人様がいたからですよ😊絶対絶対、神様にお祈りは届いてます。」と仰って頂きました。

 

 

 

今後は自宅で毎日皮下点滴をしていくため、

一通り皮下点滴指導をしてもらいました。

長毛なので皮下点滴が難しいです💦

 

今後の治療・通院内容は週に1~2回通院し、

・血液検査

・超音波

・レントゲン

・ホルモン注射

・点滴

・その他注射

 

をしてもらい、その都度に合わせた

治療で経過を見ていきます。

 

自宅では、

・皮下点滴100mlを1日1回

・腎臓のお薬(サプリメント)

・療法食

 

で経過を見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

✍️11月28日 1週間後の通院

 

 

 

腎臓のサポート食

カリカリ4種類

缶詰1缶

ウェット2袋

 

カリカリの袋に反応して飛んでくるのですが

病院から頂いたカリカリには飽きた様子。

飽きてあまり食べないのでなのでこちらを購入。

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

猫は8歳が歳の節目ということでペット保険に

入ろうと資料をあつめているところでした。

 

しかし、先天性・遺伝性の可能性が強く

保険が適用されないということでした。

 

 

そして今後、治療・緩和をしていくにあたって

年間60~80万と高額な費用がかかってしまいます。

通院、週に1日で1回1.5~3万程かかります。

 

 

※問題の腎臓がんかどうかの検査についてはまずは今の貧血の状況と尿毒素、腎臓の数値を改善してからのCTなどの精密検査となります。

それまで頑張って治療していきます。

また、治療内容が変わってくると思います。

 

 

モフ自信、治療していく中で全く負担が無いわけではありませんがそれでも少しでも身体の中の気持ち悪さを取り除いてあげたいです。

 

 

そしてなによりもまだまだ沢山一緒に

いたいですし沢山抱きしめてあげたいです。

飼い主のエゴとなってしまうかもしれませんが大切な家族であり、心から助けてあげたいです。

 

 

11月10日、

まだ8歳という若さで突然

余命1~2日と言われた命。

 

 

それでも1ヶ月以上経った今も頑張って

生きようとしてくれている立派なモフに

私たち自身も助けられています。

 

でもまだ、本調子ではなくいつ何があるか

分かりません。

 

モフが元気になれるよう、どうか、

皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか。 

 

 

現在時点でかかった入院・通院費

367,310円 

(2/28時点)

 

 

これからかかる治療の費用の見込み(年間)

60~80万円

 

 

 

一旦、目標金額は250,000円です。

クラウドファンディング達成した場合の金額

 

 

 

 

考えたくはありませんが、万が一治療期間中に亡くなってしまった場合、返金は致しかねます。いただいた資金を今までの治療費・検査費用・お薬代にあてさせていただきます。

 

🌸リターンについて🌸

お礼のメール・お気持ちのお品など送付の際のメールアドレス・ご住所はお礼のお知らせ以外では使用いたしませんのでご安心下さい😌

 

 

 

 

 

【動画 】モフの発作動画が含まれています

↑クリック・タッチで閲覧できます。

 

 

 

 

 

皆様、モフへの「希望の光」

御支援をどうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

Twitter、Instagramで

モフのその後の経過や状況などを

毎日投稿しております。

良かったらフォローお願いします!

 

 

Twitter

ID【 yu_mofumofu0303 】

モフのTwitter  ←タッチすれば開けます。

 

Instagram

ID【 mof_utan 】

モフのInstagram ←タッチすれば開けます。

 

 

 

 

ーーーーーーーー
本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:bukaemaman@gmail.com

READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
▶︎ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え(https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/
ーーーーーーーー

プロジェクト実行責任者:
藤生 優花
プロジェクト実施完了日:
2022年2月28日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

皆様から頂いた資金は全てモフの治療費(皮下点滴、お薬、通院費、療法食、など)に充てさせて頂きます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額に差額があった場合は その際、自分たちで工面いたします。

プロフィール

はじめまして。 千葉県在住の藤生と申します。 初めてで至らぬ点があるかとおもいますが よろしくお願いいたします。

リターン

500


✩モフへの希望の光✩ 500円

✩モフへの希望の光✩ 500円

ご支援よろしくお願い致します。

・心からの感謝のメール
 をお送り致します。

支援者
28人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

1,000


✩モフへの希望の光✩ 1000円

✩モフへの希望の光✩ 1000円

ご支援よろしくお願い致します。

・心からの感謝のメール
・モフのとっておきの画像
 をお送り致します。

支援者
60人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

3,000


✩モフへの希望の光✩ 3000円

✩モフへの希望の光✩ 3000円

ご支援よろしくお願い致します。

・心からの感謝のメール
・モフのとっておきの画像(複数枚)
 をお送り致します。

支援者
41人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

5,000


✩モフへの希望の光✩ 5000円

✩モフへの希望の光✩ 5000円

ご支援よろしくお願い致します。

・心からの感謝のメール
・モフのとっておきの画像(複数枚)
・モフのステッカー
・モフのポストカード

をお送り致します。

支援者
21人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

10,000


✩モフへの希望の光✩ 10000円

✩モフへの希望の光✩ 10000円

ご支援よろしくお願い致します。

・心からの感謝のメール(画像付き)
・モフのステッカー
・モフのポストカード
をお送り致します。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

20,000


✩モフへの希望の光✩ 20000円

✩モフへの希望の光✩ 20000円

ご支援よろしくお願い致します。

・心からの感謝のメール(画像付き)
・モフのステッカー(多め)
・モフのポストカード

をお送り致します。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

50,000


✩モフへの希望の光✩ 50000円

✩モフへの希望の光✩ 50000円

ご支援よろしくお願い致します。

・お気持ちのお品(住所教えて頂ける方のみ)
・心からの感謝のメール(画像付き)
・モフのステッカー
・モフのポストカード
・モフグッズ

をお送り致します。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月

プロフィール

はじめまして。 千葉県在住の藤生と申します。 初めてで至らぬ点があるかとおもいますが よろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中! のトップ画像

全国の身体障がい者に介助犬を届けたい|マンスリーサポーター募集中!

社福)日本介助犬福祉協会社福)日本介助犬福祉協会

#医療・福祉

継続寄付
現在
10人
STOP保健所‼︎おうちの様なあたたかいシェルター のトップ画像

STOP保健所‼︎おうちの様なあたたかいシェルター

殺処分ゼロ*虐待防止 No culling&No abuse 殺処分ゼロ*虐待防止 No culling&No abuse

#医療・福祉

8%
現在
105,000円
支援者
14人
残り
37日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする