資金使途についてのご報告

つながりの勝又です。

皆様、温かい応援本当にありがとうございます。

 

本日御船町からも公式に発表*されました通り、震災発生当日より我々が担って参りました御船町でのボランティア受け入れの役割について、当初の混乱が落ち着き、行政が主導できる状況になってきたため、4月21日より運営を通常通り社会福祉協議会に引き継ぐこととなりました。

(* 御船町役場「御船町を応援してくださっている皆様へ」2016年4月21日

 

 

震災当日に緊急で御船町よりご依頼を受け、我々の団体が仮のボランティアセンターを立ち上げてからこれまで、混乱を極める中、これまで約300名のボランティアの方々にご協力いただきました。深く感謝申し上げます。

 

そういった状況下で、READYFORを通じて皆様からいただいたご支援について、当初想定していたよりも多くの資金を頂いたこと、また、想定よりも早く機能を行政下に戻せる状況になったことを踏まえ、つながりのスタッフたちとも話をして、我々の活動費として頂くのではなく、全額、我々がお手伝いをしております御船町へ、寄付させていただくことと致しました。

 

震災当日から、被災地の皆様を全力で守ろうと共に歩んできた御船町の町長に、皆様からいただいた貴重な支援金をお渡しし、御船町の今後の復興・復旧に充てていただく事が、現場にいる我々が判断させていただいた最も良い支援の形だと考えたためです。

 

寄付の詳細につきましては、現在、御船町と協議をしております。寄付が完了次第、明細等は公表させていただく所存でございます。


また、被災地支援のために使用するという点に変わりはないものの、厳密には資金の使用用途が変更になっておりますので、このような場合にはREADYFORのサービス上のルールに則り、支援金のキャンセルを受け付けて頂けるとのことです。


詳しくは支援者の皆様向けに、READYFORの事務局よりご連絡をして頂けると伺っております。ご希望の方は、そのご案内に従いお手続きを進めて頂ければ幸いです。

 


重ねて申し上げますが、このたびは、我々の活動を応援いただき、そして、被災地の復旧のために、ご支援頂き、誠にありがとうございました。


我々は今後も被災地にて、役割を変えて活動をして行く予定でございますので、引き続き応援頂けると幸いです。

 

 

一般社団法人震災復興支援協会 つながり 代表理事 勝又三成