プロジェクト概要

皆様の温かいご支援で目標額を達成することが出来ました!本当に感謝いたします。

(2016年6月6日追記)

 

皆様の応援をエネルギーにし、次の目標設定をさせていただきます。 実際は大会出場に総額300万円以上がかかり、ダンスメンバーもかなりの部分を自費で賄っています。掲載終了の6月30日まで引き続きご支援をお願い出来ればと考えております!

ご支援は以下に使用致します。

 

渡航費:航空チケット、空港諸税、燃油サーチャージ

創作経費:スタジオレンタル費用、音楽制作費、衣装代、通訳・翻訳謝礼など

どうか変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます!!

**************************************

 

622 バルセロナ開催のダンス世界大会へ!
夏に「九州地震復興支援ダンスフェスティバル/DANCE UNLIMITED2016」にて
同作品を披露します!

初めまして、ダンサー振付家の稲吉優流です。振付師として30年以上活動、世界15都市で作品を発表し、2012年〜2015年まで震災復興支援ダンスミュージカル「千の風になって」を振付演出も行ってきました。次に目指すは、6/22にバルセロナで開催される世界ダンス大会です!ここで優勝をし、夏に東京で開催する「九州地震復興支援ダンスフェスティバル/DANCE UNLIMITED2016」でバルセロナ上演作品を披露します。バルセロナで、海外のダンサーから、熊本・大分へのメッセージを100枚以上集め、復興支援ダンスフェスティバルにて展示し、その後、義援金とともに九州の被災者へお渡ししたいと思っています。

まずは、バルセロナダンス世界大会への挑戦です。日本ではスポンサーもつきませんので遠征費はダンサーが自費で参加しています。そのため、大会出場にかかる総額約360万円の内、エントリー費として97万円が不足しております。

バルセロナダンス世界大会へ挑戦をし、九州の被災者へ復興のエネルギーを送りたい!どうか皆さまのご支援を宜しくお願い致します。

 

2015年バルセロナダンスアワード

 


単なる技術の競い合いではない
ダンスグランプリヨーロッパシリーズ

今回出場するダンスグランプリヨーロッパシリーズ * に、2012年(イタリア・ボローニャ)、2015年(スペイン・バルセロナ)と参加してきました。それ以前にも海外の様々なフェスティバルやコンペティションで作品を発表してきましたが、ダンスグランプリヨーロッパシリーズは、他のコンペティションのような技術を競い合うスポーツ競技ではないと感じています。この大会は、ジャンルも多岐にわたる上、作品の芸術性や総合力を認められるコンペティションです。人種差別も無く、これまでにシンガポールなどアジア系のダンスグループの入賞も多く、運営がとても公平と感じています。

私がこの大会にチャレンジする意味は、指導者として若いダンサーをどれだけ伸ばせるかの挑戦なのです。日本人は、本来凄くポテンシャルが高いのです。しかし、世界に出るとその良さを発揮しきれない人もいます。日本人は白人にも黒人にもなれません。日本人らしさが私達の武器なのです。人種差別が感じられない大会に、決して全員がエリートでない若い日本人ダンサーを鍛えて挑戦することが、彼らの次の世代に確実に繋がるダンス文化の継承になると信じています。

 

* イタリアのボローニャとスペインのバルセロナで毎年行われる、ダンスの世界大会


 

個性豊かな若いダンサーが集まる

 


厳しい練習を積み重ね
個の能力を最大限に発揮させる

初挑戦であった2012年は、ほとんどが20代前半のわずか7名のダンサーでの挑戦、2015年は、高校生や専門学校生がほとんどの若チームで総勢21名のダンサーで挑みました。世界中から優秀なダンサーが集う上、舞台環境も日本と違う中での挑戦。若いダンサーが本番で練習以上のパワーを発揮するには、練習で本番以上の厳しさを乗り越える必要があります。カラダに恵まれた欧米人には無い、私達の良さを出すには、とにかく個の能力を最大限に発揮し、チーム全体が生き物の様に機能すること。その為に連日、自分に向き合い、もがきながらも笑顔を忘れずに練習しました。

その結果、2012年ダンスグランプリイタリアで振付作品が2部門で第1位獲得。2015年バルセロナダンスアワードでは振付作品が3部門で第1位を獲得するという大会史上初となる記録も打ち出しました。そして、何よりも日本の若いダンサーが世界で活躍することが嬉しいです! 若いダンサーが世界の舞台を体験し成長して欲しいとの想いで今年も6月22日 に、バルセロナで開催されるダンス世界大会に挑みます。
 

                                              (2015年バルセロナダンス世界大会での作品)

 


2016年の大会に向けて
出演ダンサーを公募中に発生した熊本大地震

バルセロナダンス世界大会2016の参加メンバーを募集している時、熊本で震度7の地震が発生しました。ダンスを行う一人の人間として、何かできることはないか。そう考え、15年前から毎年開催しているNEXTREAM21というダンスイベントでのご縁で、品川の六行会ホールにて「九州地震復興支援ダンスフェスティバル  DANCE  UNLIMITED 2016」の開催が決定致しました。

 

今年開催したNEXTREAM21のポスター

 

今年開催のNEXTREAM21 参加者のダンス


 

バルセロナダンス世界大会への挑戦は、
私たちの夢だけではなくなった

今年6月22日のバルセロナダンス世界大会に向けて、個性豊かな若いダンサーが集い、選抜メンバー10名で、日々練習を積み重ねています。今回のバルセロナダンス世界大会を成功させたのち、夏には「九州地震復興支援ダンスフェスティバル/DANCE UNLIMITED2016」を行い、そこでバルセロナ上演作品を上演することになっています。また、バルセロナで、海外のダンサーに100枚のレターを書いてもらい、お礼として折り鶴をプレゼントすることを企画しています。そして、そのメッセージを復興支援ダンスフェスティバルにて展示し、その後、義援金とともに九州の被災者へお渡ししたいと思っています。

 

このイベントでダンスを通して、被災地へ復興のエネルギーを送ることが出来れば、私たちのバルセロナ大会への挑戦は、私たち自身の夢に留まらず、他の誰かのエネルギーとなることも出来るのです。

ダンスを通して、世界と日本をつなげたい。そして世界に挑んだダンスのエネルギーを熊本・大分の方に届けさせてください!そのために、日本の若いダンサーを世界の舞台へ、共にバルセロナへ送り出して頂けませんか!!
 

バルセロナダンス世界大会2015の表彰

 


◆◇振付作品の受賞歴◇◆

バルセロナダンス世界大会2016についてもこちらのページでお知らせしていきます。

http://masaru1744.jimdo.com/

 


◆◇大会概要◇◆
ダンスグランプリバルセロナ2016
(正式名称:インターナショナルダンスコンペティション・ダンスグランプリバルセロナ2016)

毎年、春にスペインのバルセロナ、初夏にイタリアのボローニャで開催されています。
今年のコンペティションは、例年のイタリア大会開催時期に、イタリアでなくスペイン(バルセロナ)で開催されることになりました。

世界から厳選された25のダンスカンパニーによる、200作品のダンス振付、600名のダンサーによって競われるダンスの世界大会。ジャズダンス、コンテンポラリーダンス、モダンダンス、ヒップホップ、バレエ、民族舞踊など…様々なステージダンスが3日間の間、1日12時間近く上演されます。その中で様々な部門で優れたダンス作品への表彰が行われます。ヨーロッパの不景気のあおりで、この大会は7、8年前から賞金などはありません。純粋に名誉と国際交流のためのイベントです。

 

バルセロナダンス世界大会2016のポスター

 


◆◇ご支援金の使途について◇◆
・エントリー費 *エントリー費にホテル代、食費、送迎バス代含む。
・リターン費
・その他諸経費 など

 


◆◇リターン◇◆
【3,000円】 Thank you letter

【10,000円】DVDとThank you letter
【10,000円】スペインのTシャツやお土産
【10,000円】美姿勢ストレッチグループレッスン@東京都内(1回無料参加券)

【30,000円】
・稲吉優流ダンスDVD
・8月のダンス公演(もしくは10月のダンス公演)@東京都内にご招待。
【30,000円】
・美姿勢 O脚矯正個人レッスン@東京都内(1回/2016年8月まで有効)
・プラス美姿勢ストレッチグループレッスン@東京都内(2回/2016年8月まで有効)に無料参加。

【100,000円】
・美姿勢 O脚矯正個人レッスン@東京都内(5回/2016年内有効)
・8月、10月に行われる公演@東京都内に招待

 

 


最新の新着情報